昭和大学病院への入院中の知らない間に 希望していない薬を投薬され寝たきりとなった。  病院側は対応に問題は無かったと言う。 そこで、病院側の対応を記載し公で問いたい。  かつこの様な理不尽な対応が許される 医療業界の問題を考えるきっかけのにしたいと思いまとめた。

このページへのコメント

 1  2  次の2件

ko(大橋孝次)さん、分かりにくいかも知れませんが、
悪性症候群は、外泊から戻って後です

10月1日 病院を出る
入院中に飲まされていたリーマスの副作用で、自宅で記憶が途切れる等の意識障害
10月3日 再入院
強い意識障害(せん妄状態)の中、セレネース投与後に発熱が続く
(悪性症候群)
発熱が治まり、医師との疎通が取れるようになったが、脳障害が残る。

>その後の脳障害は悪性症候群の後遺症であると考えています。

と病院側は言っていますが・・・

先日も書きましたが、脳障害の原因はセレネースではなく、
過剰投与のリーマスであると言う医師がいます。
リーマスが原因となれば、使い方に問題が有り責任の回避が難しいが
通常の用い方をしたセレネースにすれば、回避出来るのでそう回答した。

と見ることが出来ます。

Posted by 管理人 → ko(大橋孝次)さん 2017年03月14日(火) 22:06:19

私が始めて読んだ時に疑問に感じたのも、悪性症候群が出たのに外泊をしていると。
これはずっと引っ掛かってました。

病院側の4回目の回答にて全て打ち明けています。
特にひどい部分。↓ これも病院側は認めている訳です。
---------------------
「E) 2012年10月の再入院時の長期発熱と、脳障害との関係
2012年10月3日に外泊から戻られた後の発熱は、悪性症候群の症状の一つである発熱でした。
その悪性症候群は、鎮静のために投与したセレネースの副作用で発症しています。
そして、その後の脳障害は悪性症候群の後遺症であると考えています。
---------------------

Posted by ko(大橋孝次) 2017年03月14日(火) 20:34:10
http://ameblo.jp/ko-amb/

某医療職 さん

薬を中止しても脳がダメージを受けたら改善しませんよ。
改善するなら遅発性パーキンソニズムなんて発生しないことになるじゃないですか。そもそも精神薬が脳にどのような影響を与えるか機序も解明されていないのに製薬会社や、無知な医師の受け売りを流さないでください

Posted by 経験者 2017年03月04日(土) 13:39:11

某医療職さんへ

病院の回答等から次の様に理解しています

躁鬱病と診断し、リーマスを飲ませ迷妄状態に
15年11月4日 2回目の回答に
原因としてりーマスの影響を考えております。
の記載

そこで、セレネースの副作用で小脳がダメージを受け
寝たきりに
16年2月1日 4回目の回答の E)に記載


私は、うつ病の治療経験から、精神薬の使用を望まなかった
私ではなく家内と話しをし、躁鬱病と診断し
知らせることなく抗精神薬を用いています

患者を診ないでの診断は医師法違反でしょうし、
躁鬱病は誤診です

不穏の原因をリーマスと考えたなら、新しい薬を用いるのではなく
その成分が抜けるまで待つのが、安全確実な気がします

いずれにしろ、
病院を出た後、手紙のやり取り等で精神科医の介入を知り驚きました

普通に説明、合意を得れば誤診もなく、抗精神薬の使用もなかったので、避けられた被害でした

Posted by 管理人 2017年01月24日(火) 19:58:57

病院で働いているものです。
入院患者には医師が異常時指示というものを入力しています。
血圧が下がったら、酸素化が悪くなったら、不穏になったらなど、一般的な指示はほぼ全ての患者に対して出します。
そして、不穏時セレネースというのはものすごくありふれた指示です。
セレネースは強い薬ですが、不穏患者が暴れ医者や看護師が怪我をする事例が後を絶たないため、日本では頻用されています。
そして、その副作用にパーキンソニズムがありますが、一般的には使用を中止すれば改善します。
何が言いたいかというと、躁鬱病と診断されたこととセレネースを使ったことはあまり関係がないのではないか、本当にセレネースの使用によって小脳に不可逆的なダメージが残ったのか、ということです。
いかがでしょうか?

Posted by 某医療職 2017年01月24日(火) 09:28:52

主さん。
ご意向の程留意しました。
主さんの仰るよう、どう考えても躁状態は有り得ないですし、リーマスが必要が無かった事については、今までの説明で十分かと存じます。


>中野さん

攻撃的な言葉は、逆に不利にどころか脅迫罪にもなりますから。
善意の履き違えをしないよう、発言に配慮をしてくださいね(・∀・)

Posted by ko 大橋孝次 2016年12月11日(日) 17:24:33
http://ameblo.jp/ko-amb/

こんにちは心中お察しします。マスコミなどにリークすることは不可能なのでしょうか?
関わった古山医師、地獄に突き落としましょう。

Posted by 中野 2016年12月08日(木) 10:59:57

それは大変な思いをしましたね。友人が拡張型心筋症?を患っておりましたが、特に精神病の治療薬は使用してませんでしたが、主さんと同じ症状に苦しんでいました。闘病2年程度でしたが、最後の半年はほぼ寝たきりのまま早逝しましたが大変な病気だと思います。主さんと友人が似たような症状なので薬の副作用かは良く分かりませんが、信頼できる病院をしっかり見つけて進行する病状を少しでも食い止めてくれる事を願います。友人は最後は病状の先行きに塞ぎ込んでしまっていて、力になり切れず後悔もあります。主さんは、どうか前向きに。

Posted by 筒香 2016年12月07日(水) 03:01:09

koさん

病院側が、認めていることは承知しています

でもそれは

「正しい使い方をしたにも関わらず、不幸にも生じた副作用によるもの」

と言う立場です

それ以前に、意識障害を生じさせたリーマスを、あえて私を問診せず、知らせず用いた事を問題視しています
私を問診、診断名と投薬の説明、の手順を踏めば、明らかに防げる被害でした

何故なら、サイトにも書きましたが、抗精神薬は飲まない積りでしたから

たがらこそ、私に邪魔されたくなかったから、問診なしで診断、治療という、医師法違反までして、密かに投薬したのだろうかと考えたりします

Posted by 管理人 2016年12月03日(土) 14:32:12

-------------

2015年12月08日 昭和大学病院へ4回目の質問

E) 2012年10月の再入院時の長期発熱と、脳障害との関係
2012年10月3日に外泊から戻られた後の発熱は、悪性症候群の症状の一つである発熱でした。
その悪性症候群は、鎮静のために投与したセレネースの副作用で発症しています。
そして、その後の脳障害は悪性症候群の後遺症であると考えています。
---------

病院側は「悪性症候群」を認めてますよ。
まずは上手く話は進んでいると考えて問題ありません。
ただ、やはりこれは国が認可した薬の選択の理由と量について、過失が有ったのかを質問してみては?

病院の回答は文字だけだとどうしても冷やかに感じてしまいますが、冷静に読むと深刻な副作用が出た事をはっきりと認めています。

病院は保険に入っているでしょうし、損害賠償の支払いについては、ミスを指摘すればやぶさかではないと考えられます。

Posted by ko 2016年12月03日(土) 12:06:17
http://ameblo.jp/ko-amb/


ちょここさん、コメントありがとうございます。

寝たきりの状態はあまり良くありません。
動画をアップしているのでそちらを見ていただければ、
私の病状が分かるでしょうが、あの時より悪化しています。

寄付を募り募金を集めて裁判で戦うことも考えたことはあります。
しかし、寝たきりの私にはどうして良いか分かりません。
また、裁判で闘う時間と体力が残っている自信もありません。
裁判で勝つことも大切でしょうが、私のような不幸が繰り返されない事が最も大事だと考えています。
その為には、この理不尽な現実が広く知られるのが有効だと思うのです。

だからこそ、後に残るように、拡散されやすいように、このサイトや動画を作ってアップしています。

Posted by 管理人 2016年11月21日(月) 17:47:18

質問書も全部読ませていただきました。
辛いですね。病院側の対応はひどいと思います。弁護士を雇って戦うために資金集めの寄付を募ったらどうでしょうか?最初はお金がかかっても、勝てば何らかの賠償はしてくれると思うのですが...
あと、寝たきりとはどれくらいの状態か気になりました。

Posted by ちょここ 2016年11月21日(月) 16:08:35

とある地方医師ですさんにお尋ねしたいのですが、

>セレネースは不穏に用いることは多々ありますし、その際患者に説明して投与するということは一般にないと思います。

どういう意味でしょう?
セレネースを処方する程の症状がある患者には、説明しても無駄という言う意味でしょうか?

このケースは説明できるケースでありと考えられます。

何の薬かも説明せず処方して、実際に飲む人などちょっと想像が付きません。そんな人が居たら、ちょっとどころかかなりの重症患者かと。

また、セレネース5mgはそんなに多い量ですか?

Posted by ko 2016年11月20日(日) 19:10:04
http://ameblo.jp/ko-amb/

コメントありがとうございます。
そこも気になってはいますが、根本は多くの治療が患者の意志に反して行われた点です。
精神科医の介入を知りませんでした。
知ったなら、断ります。うつ治療の長い経験で効果に疑問がありましたから、

本人を診ないでの診断は医師法違反でしょうし、診断名は患者に知らせるべきです。
精神科医の薬を飲ませていることも伝えるべきでしょう。
リーマスが原因での意識障害なら、その成分を抜くのが先ではないでしょうか?
2012年9月末に病院を出した理由もよく分かりません。
・・・・
とにかく、根本的な疑問が残されたまま、一方的に回答を拒否するのがのは
どこか歪んでいると思わざる得ません。

Posted by 管理人 2016年11月20日(日) 15:24:15

セレネースは不穏に用いることは多々ありますし、その際患者に説明して投与するということは一般にないと思います。

Posted by とある地方医師です 2016年11月20日(日) 11:45:41

名古屋分子生命科学研究所の遠山です。
すみませんが、SMSにて非公開メールアドレスを送っていただいたのですが、スマートフォンの故障により初期化してしまいましたので、恐れ入りますが、下記に連絡先を記述いたしますので、空メールでも結構ですので、お送りいただければ幸いに存じます。

現状の症状は、好転しますので希望を持って、研究所としても全面支援してまいります

※非営利機関ですのでご安心ください

Posted by 分子学:遠山英幸 2016年10月23日(日) 14:41:05
http://npo-shien-kikou.main.jp

彩香様、コメントありがとうございます。
公益通報制度について、知らなかったので調べました。

医療法人の場合は都庁が連絡先で、電話での連絡となっています。
ttp://www.caa.go.jp/planning/koueki/kensaku-sys/view.cgi?index=54

9/10 のふじくろさんのコメントの返事に書きましたが、
私は障害でろれつが回らず、電話で訴える事は出来ません。
誰かに、電話連絡を頼める機会があれば、活用したいと思います。

また、何か情報がありましたら教えてください。

Posted by 管理人 2016年10月01日(土) 17:30:43

政府がやっている公益通報制度にメールしてはどうですか。無能の
安倍晋太郎が始めた無能制度ですが高い給料を無能官僚に支払われ
てますから。医療訴訟は難しいし出来の悪い弁護士は断ります、
六法全書を死ぬ気で暗記した程度しかいませんから。官僚も同じ
程度ですから期待は出来ません。

Posted by 彩香 2016年09月29日(木) 17:29:19

ふじくろ様
コメント有り難うございます。
話し合いは、残念ながら向こうが回答を拒否したままで進展していません。。

それから、センターの紹介有り難うございます。
せっかくの情報ですが、私は障害のためろれつが回らず、
込み入った会話は出来ないので、電話での相談は困難です。

ですが、他の人に頼める機会があるかも知れません。
その時に、活用したいと思います。

また、参考になる情報がありましたら宜しくお願いします。

Posted by 管理人 2016年09月10日(土) 20:36:38

大変な状況、お察しいたします。
その後の話し合いの進展はいかがでしょうか、下記のような団体に電話で相談できるようです。ご参考までに。

認定特定非営利活動法人 ささえあい医療人権センターCOML (コムル)
www.coml.gr.jp/index.html

Posted by ふじくろ 2016年09月10日(土) 12:07:09
 1  2  次の2件

このページにコメントする


ログインする

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます