基本情報


略歴

出身地が不明ながら、地方の反乱や賊の鎮圧で大きな功績を挙げ続け、ラコルニア帝国の主力将軍にまで名を上げた。
1524年のカッチェの戦いにおいては、奇襲を受けて混乱する中、ノイエの部隊が白峰翠を食い止めたことによってレアルーシの後退を成功させる。
その後、カッチェ奪還を考えるラコルニア帝国軍であったが、彼女の部隊はラスケートの依頼によって別働隊を率いることとなり、その後しばらく主力部隊とは別行動をとる。
カッチェ・ドルムウントの戦いにおいて、この別働隊を率いて帝都ドルムウントを完全包囲していたクレアクライシス軍に奇襲を仕掛け、帝都を陥落の危機より救った。
ロイカーンの戦いでは、クレアクライシスの主力部隊を西部戦線において釘付けし、この戦いで戦死したラスケートと並び勝利の立役者となる。

戦乱の時代が終わると、シチル事変においてウァールと共に暗殺団を退けるが、その後自身の結婚により将軍職を引退。
それ以後は直接剣を握ることはなかったが、息子を優秀な将軍に育てることとなる。

人物

  • レアルーシの信頼もあつい良将で、攻勢、防衛、どちらにも長けた高いバランス能力を誇る。

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます