Subnauticaの日本語攻略wikiです

画像設備名説明必要素材
ソーラーパネル(Solar Panel)屋外にのみ設置可能です。
太陽光を使った発電を行います。
基地や送電装置に接続出来る範囲は20mまでです。
最大蓄電量は1基につき昼は250、夜は125 75です。
太陽からの日射量、及び、深度によって発電量は変化します。(-100Mでは1電力/2.0s程度)
・チタニウムx2
・石英x2
・銅鉱石
バイオリアクター(Bioreactor)多目的室にのみ設置可能です。
生物や生体素材を中に入れると、それを燃料にして発電します。
最大蓄電量は1基につき1000 500です。
12秒につき1エネルギー ソーラーパネルと同じ速度でエネルギーを生産し、配置した生体素材によってエネルギーの生産量は変化します。(ex. アシッドマッシュルーム:215sec、ピーパー:420sec)
・チタニウムx3
・配線キット
・潤滑油
(要設計図)
地熱発電機(Thermal Plant)温度が15度以上ある場所に設置可能です。
温かい場所限定ですが、昼夜関係なく発電出来ます。
基地や送電装置に接続出来る範囲は20mまでです。
最大蓄電量は1基につき250です。
海底火山や熱水噴出孔など、温度の高い場所では発電効率が上昇します。
・チタニウムx5
・磁鉄鉱x2
・エアロゲル
(要設計図)
原子炉(Nuclear Reactor)多目的室にのみ設置可能です。
燃料棒から発電します。(4つの燃料棒を装着可能)
1つの燃料棒から1000ものエネルギーを生成する事が可能です
最大蓄電量は1基につき2500です。
使い終わった燃料棒は廃棄できないので注意。放射性廃棄物処理装置(Nuclear Waste Disposal)に入れれば廃棄可能です。
・プラスチールインゴット
・高度配線キット
・鉛x3
(要設計図)
送電装置(Power Transmitter)基地から遠くに設置した電力装置から電力の供給を受ける際に使用します。
1本で100m圏内の距離まで送電することが可能です
複数建てればどこまでも繋げる事が出来ます。
遠く離れた基地同士の電力供給は出来ないので、電力装置は単体で設置するようにしてください(土台の上に設置すると独立した基地と見なされます)。(2018/02 verified)
・金
・チタニウム

このページへのコメント

電力は最初に建てた発電機から順番に消費される。つまりソーラーパネルを先に取り付けてからバイオリアクターを建てると、ソーラーパネル内の電力が0になってからバイオリアクターの電力が消費され始める。
なので仮に全ての発電機を使うとして、ソーラーパネル or 熱発電→バイオリアクター→原子炉の順に建てればリアクターや原子炉の燃料消費を最小限に抑えられる。

Posted by 名無し(ID:DBhbCCfAJg) 2018年04月15日(日) 15:44:47

Power Transmitter を素材を持たずに設置しようとすると
光る電柱が設置出来る。(現仕様の段階では

グリッチじみたややズルい手だが、
迷子防止の目印には最適。夜でもよく目立つ

Posted by 迷子の餓死者 2017年03月16日(木) 16:31:13

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

アマゾンアソシエイト

スポンサードリンク



どなたでも編集できます