ルール

Bomb

マップ概要

プレイヤーが寄与したCall of Duty再現マップ。開けた場所とCQCになる場所がはっきり分かれている。


攻略

クリーパーチームの作戦
実は一旦守りに徹されると切り返しが非常に苦しいBサイトに開幕ラッシュを仕掛けるのが定石。基本開幕Bサイトに走ればクリーパー側がそのままBサイトを落とせるパターンが殆ど。一部の慣れた古参プレイヤーがムーシュ側で開幕B防衛を展開している事があるがそのような光景を見かけたらすぐチームチャットでBサイトに増援を要請しよう。そのままBサイトを守り続けられると非常に苦しい。

残るAサイトだがムーシュ側スポーンから少し歩いた時点で射線が通ってしまう上、意を決して単独で設置に走っても蜂の巣になるのが関の山。基本は味方がAを見通せる狙撃スポットを抑え、右手側建物内をCQC部隊が制圧し、ある程度の防衛を排除して初めて設置可能になる。逆にAサイトは設置さえしてしまえば、その設置が単独で行った強引なものでなければ仲間の狙撃によってそのまま爆破まで持っていける事が多い。そのためAサイトの攻略は焦って単独で突撃せず、エリアを制圧していき、仲間がきちんと展開できている状態で行いたい。
ムーシュチームの作戦
腕に自信があるプレイヤーなら是非とも開幕はBサイトに向かって欲しいところ。理由は開幕のBラッシュを乗り切ってしまうとその時点で相手は無駄な戦力をBサイトに割かなければならなくなってしまう上、このマップに限っては本気でBサイトを守ってしまうと両チームとも非常に狭い範囲で総力戦にもつれこまざるを得ないため、クリーパー側はムーシュチームの全滅を狙わなければBサイトがそもそも落とせなくなるので非常に強力だからだ。

Bサイトが落とされてしまった場合は、スポーン左手ルートの建物と橋に繋がるルートが安全かどうか確認したい。ここ一帯を制圧されてしまうとクリーパーチームの展開を阻止する手段がほとんど無くなってしまうためと、このルートから行くことの出来る橋自体が割とスナイパーにとって好ポジションとなるためだ。こちらが安全なら中央の墜落した飛行機あたりのクリアリング、それも終わっているならどんどん前線を上げ、クリーパーチームを岩場あたりで足止めしたい。クリーパーチームのリスポーン付近はカバーらしいカバーが殆ど存在せず、一度パターンに嵌ってしまえばAサイトはおろかリスポーンから出る事自体が困難となり大量に時間を消費してしまう。こうなればクリーパー側の勝利は絶望的になるだろう。

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!