特徴

  • 高精度、高威力の銃。射程がほぼ無限であり、遠距離からの狙撃を得意とする。
  • 連射性能は一部を除いて低めだが、低い連射力を補うだけの威力がある。
  • また、弾道がかなり目立ちづらいという特徴を持つため、倒した相手に場所がバレづらい。
  • 高い所、遠い所にいる敵など、他の武器で倒しにくい相手がいる時はSRの出番。味方のサポートを心がけて攻めやすい状況を作ろう。
  • 威力が距離に関係なく一定のものは、やろうと思えば突撃して戦うことも可能。

  • DMRと呼ばれる、ARに近い性質のライフルもこのカテゴリに分けられる。SRとはなかなか性質が違ってくるため注意。
    • 突撃向けの狙撃銃で、柔軟な戦い方が可能。
    • DMR共通の特徴として、弾速が速く、弾丸が落下せず、クリック連打で連射力が上がる。

カスタマイズ方針

  • 相手からかなり離れて戦うのがメインなので、RaiderやSentinelなどの、足が遅くなるデメリット持ちの改造を付けても問題が少ない。
    • ただし凸砂、SRで突撃をしたいという強い意志があるならばこの改造方針は当てはまらなくなる。
    • 1番良いものはWarloadであるが、凸砂をするのならばEmperor Modでもよい。特別な仕様により、EmperorでもWarloadと同じ装弾数になる。
    • 距離によりダメージが増加するSRより、そうでないSRの方がWarlord採用時のリロード速度が高速になる傾向がある。
  • もともとの威力がかなり高いため、威力を上げる改造やエンチャントは効果が薄い。
    • エンチャントは防御系を付けて狙撃し返された時の保険や、Night Stalkerを付けてGlow対策をするのがよいだろう。

  • DMRはHS強化系の改造を付けるならHSで確殺狙い、ダメージアップや装填数を上げるカスタムなら胴抜き2確を狙っていくと良い。

武器性能

Sniper Rifle

画像武器名装弾数リロード
[ブロック]
レート威力目安
(HS威力)
スコープ
Mellowwood65普通12(20)
Rabbit Silencerより若干弾速が早い代わりに装填数がデフォルトで1少ない。どちらが良いかはプレイヤーの好みになってくるだろう。腰だめ撃ちでもそれなりの精度を発揮するため、凸砂によく使われるSRである。当たり前だが普通に狙撃に使うぶんにも強い。弾の落下が存在しないのもポイント。これとRabbit Silencerは、クリック長押しで最速レートになるため連打する必要がない。
Moon Night115速い7≦19(13≦25)
初速7ダメージだが最大で19(要検証)ダメージまで伸び、HSも合わされば1確を狙える…と言いたい所だがENTやIronbarkなどのほかの距離によって威力が増加するSRに比べて弾速が低く、さらに弾の落下も多いため実際の運用はそれらのものと全く違うものになってくるだろう。地味にフルオート機構なのでMonarch Modのレートアップ効果が受けられるため、SRの中では珍しく効果が活かせる。(Stalkerでは効果はない模様)。およそ10m離れるごとに2ダメージ追加される。
Barnett the Deathbringer56普通即死
相手を一撃で倒せるすさまじい威力を持ちながら連射もそれなり効く。ただしSR中最低の弾速と弾の落下のため極めるのは大変。遠すぎても当てにくい上に弾道がバレバレ、偏差射撃をしっかり行おう。比較的連射が早く、うまくAIMが合わせれない場合は薙ぎ払うように射撃したり、敵が密集している場所に打ち込めば大量キルを狙うこともできる。一発でも当たれば即死のため、接近戦に持ち込まれた時に腰だめで乱射すると意外と返り討ちに出来る事も多い。
ENT Sniper Rifle44普通11≦(20≦)
飛距離での威力上昇を持つスナイパーライフル。Moon Nightと違い、この武器とIronbarkは近距離HSでも20ダメージが保証されバフ無しの相手は1確を取れる。とはいえやはり凸砂にはあまり向いておらず、堅実なスナイパーらしい立ち回りを使用者に求められる。同じような性能を持つIronbarkと比べるとリロード速度、腰だめ精度、初速ダメージで劣るが、弾速と飛距離によるダメージ増加率が高いため、遠距離での狙撃を得意とする。およそ10m離れるごとに5ダメージ追加。
Shadowvein46遅い20(28)
UDEDと全く同ダメージにも関わらず、こちらはズームをせずともかなりの精度で真っ直ぐに飛んで行くため相当な遠距離でなければズームの必要性もない(というかむしろズームするならUDEDの下位互換)。発射間隔はUDEDに一歩劣り肝心の弾速は体感できるほどUDEDより遅くなっているので、遠距離運用するだけならUDEDの方が性能が上となり、総じて上級者用のSRと言える。発射レートは若干UDEDの方が上のため、ズームを多様するならUDEDを選ぶべき。
Endseeker65速い7≦(13≦)
3点バーストの奇抜なSR。飛距離に応じで威力が上がるため、近〜中距離ではその真価を発揮できず、キルするには何発も当てる必要がある。遠距離でも胴撃ちでは一撃死を狙うのは難しくHSを狙って行く必要がある。殲滅力を上げるために、ぜひ装填数増加系の改造を付けたいところ。
Knightfall55普通12(20)
特別性能が目立つわけではないが、逆を言えば尖った部分がなく誰でも扱いやすいSRといえる。連射力も高く、クリティカル確率も少し高めな35%となっているので、胴撃ちでも十分キルを狙うことができる。その代わり非ズーム時の精度は非常に悪い。ズームを使いこなせばRabbit SilencerやMellowwoodの完全上位互換だが、それを活かすには丁寧な立ち回りが必要。Warlordを付けると脅威のリロード時間0秒を達成出来るためレジェンダリーを付けるなら改造はほぼWarlord一択。
Ironbark Sniper Rifle43普通12≦(20≦)
ENTより弾速、ダメージ増加率では劣るが、リロード速度、初速ダメージが高い。また、腰だめでも弾がほぼまっすぐ飛んでいくのでズーム無しでも戦える。さらにリロードが短いので、ENTより近中距離での取り回しがよくなっている。SRの中ではリロードが短いため、Warlordを用意できない初〜中級者にもお勧め。およそ10m離れるごとに3ダメージ追加。
Minerva Anti-Matter Rifle73非常に早い8≦(9≦)
フルオート機構のスナイパーライフル。リロードがかなり早い。弾の飛距離に応じて威力が上昇するタイプであるがフルチャージ状態では近距離の敵を強引にねじ伏せる事も可能。ズーム時にも若干弾がバラけるが、超高速レートで発射するため逆に利点になっている。ピーキーな性能に見えるが、基本的に装填数を増やす改造以外はゴミと呼ばれるスナイパーライフルの中では改造の幅が広いという意外な一面も。およそ20m離れるごとに2ダメージ追加。
UDED Rail Rifle36遅い20(80)
弾速が激烈に早く弾道落下も殆ど存在しない上にバフ無しの相手ならば胴抜きで確殺を狙える正に芋の中の芋のためのスナイパーライフル。HSが決まればいくらバフを積もうが問答無用で即死。但しこのサーバーで芋るということ事体が自殺行為なのでかなり上級者向け。連射性能・装弾数共にSR中最低なので装弾数増加系の改造を付ける事が現在の環境ではほぼ必須になることも上級者向けスナイパーライフルの一因。
Rabbit Silencer75普通12(20)
連射能力が高く腰だめ精度が非常に良いスナイパーライフル。弾速が速め。凸砂プレイヤーはこの銃かMellowwoodをよく好んで使う事が多い。これとMellowwoodのみ弾の落下が存在しないことも特筆。しつこいようだが狙撃に使っても強い。こちらも遠距離は無理にHSを狙わず胴抜き2発で殺し切る意識を持つと勝率が高まる。
EFX Photon Compressor36非常に遅い即死
UDED同様弾速が異常に速く、もはや弾道が見えない程な上、威力はBarnettと同じく当れば問答無用で即死(但しLast Stand等で無効化された場合を除く)。だが全スナイパーライフル中最も遅い連射速度と低い装弾数と非常にピーキーな性能の武器。
Flying Serpent65普通7≦19(20≦39 要検証)
初速7ダメージで最大19ダメージまで伸び、HSなら近距離でもバフを積んでいない敵を一撃で倒せる。弾速は比較的遅め。この武器最大の特徴は間隔の短い2点バーストで、これにより本来スナイパーライフルが苦手とするLast Stand等を持つ相手を楽に対処できる。ただ2点バーストであるため実質的な装弾数は3とかなり低い事には注意。約10m離れるごとに3ダメージ追加される。
Colubrid .75 CAL36遅い即死x3
超威力、超弾速のスナイパーライフル。発砲音すらかなりの迫力。
3発同時発射というえげつない特徴を持ち、Last Standをあっさりと貫通する。
また、その凄まじい反動で撃った際に後ろに下がってしまう。スコープ時は反動が少し緩和される。
非スコープ時は非常に低精度、連射は効かない、リロードも速くはない。狙撃に徹しよう。

DMR

アイテム画像武器名装弾数リロード
[ブロック]
連射威力目安
(HS威力)
距離減衰
スコープ
Third Eye DMR156遅い13(17)
20%の確率で+6ダメージのクリティカルが存在する。
HS威力を強化するMODをつけると、HSで相手を一撃で倒せるようになる。
凸砂の要領で突撃に使えなくもないだろうが、突撃には向かない点が多いので狙撃に徹しよう。
追加ダメージを積めば胴抜き即死も狙えないこともないが、そういったカスタムを行うならColdfangに軍配が上がるだろう。
Graveless DMR207遅い12(17)
弾数が"Third Eye DMR"より多いが、威力は少し下がっている。
リロードも少し長く腰だめの精度もこちらが若干低い。
25%の確率でで+6ダメージのクリティカルが存在する。。
Coldfang DMR126遅い14(19)
威力がかなり高く、弾速も非常に高速で遠距離戦向け。
15%の確率で+4ダメージのクリティカルが存在する。
HS強化MODでHS一撃なのは他のDMRと同じだがMonarch ModやDeath's Ruin等をつけると胴撃ちでも一撃死が狙える事が最大の特徴。
逆に言えばDPS特化ビルドを組まないと、他のDMRの下位互換になりかねない。
少ない装弾数から他2つ以上に突撃用としては使いづらいため、近距離に対応できるセカンダリを持ち込みたい所。
Helheim DMR227遅い13(19)
第二回の公式配信で設計図が配布されていた。弾道が黒い特別仕様。
装弾数がDMR中最も多い。クリティカルダメージが存在する?(編集中)
リロード時間は1ブロックにつき約10tickです
武器の調整などによりWikiの情報と実際の性能が異なる場合があります、ご了承ください

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!