盗聴器の発見に役立つ方法や道具など様々な物を比較します。

盗聴器の発見に使える情報


「盗聴なんてされるわけない」そう思っている方は、認識を改める必要があると思います。
現在日本では、年間に数十万個の盗聴器が市場で販売されていると聞きます。そして、実際にこの市場にある盗聴器の中で購入されて盗聴行為に使われるのは数万個と言われています。

万を超える盗聴器が年間で仕掛けられているとしたら、自分の家や仕事先のオフィスにも仕掛けられているのではないか。そう不安を感じて当然でしょう。

盗聴は、個人情報または企業の機密情報を盗み聞く卑劣な行為です。
防犯の観点から言っても、盗聴を防ぐことは情報を守り、身の周りの安全を確保するためにも必要なことです。
ここでは、盗聴器を発見するための方法について、どのような方法があり、また効果がどれだけ望めるのかを比較して、防犯対策に役立つ盗聴器発見の仕方についてご紹介したいと思います。

盗聴されていると感じる瞬間


「私の部屋は盗聴されているかもしれない」と思っていても誰にも相談することなく、不安な毎日を過ごしている方もいらっしゃると思います。
なぜ誰にも相談しないのか?それは「盗聴なんて大げさな」と思われることを嫌ったり、「変な人」という不名誉な印象を周囲に持たれたくないという人が多いからです。

なぜこのようなことになっているのか、その理由も盗聴に対して正しい知識を持った人が少ないからです。

盗聴はあなたが思っている以上に身近にある危険なのです。

もしも旅行先のホテルに宿泊したとき、その部屋に盗聴器が仕掛けられているなんてまず考えません。
しかし、ホテルなどの宿泊施設は盗聴器が発見される場所として上位に入るということを知っていましたか?

不特定多数の人間が出入りする場所では特に盗聴に注意を払う必要があります。

そして、盗聴の被害に遭わないためには、盗聴行為について正しい認識と知識を持っておくことが重要なのです。

盗聴器発見のために必要な準備


盗聴被害に遭わないためには、まず盗聴器についての情報を集めることが大切です。

・盗聴器がどういった場所で発見されるのか?
・盗聴器を見つけるにはどんな道具が必要か?
・盗聴は誰がするのか?
・盗聴器を発見したらどうしたらいいのか?
など、ここにあげた集めたほうが良い盗聴の情報はほんの一部です。
もっと細分化すれば、盗聴器発見に使われる発見機はどういった性能があり、発見には専門業者に頼むべきか、自分で調査をすることができるのかなどの問題もあります。

これらの情報をまずはまとめておき、そして順番に解決していくしかありません。
そのためにも、それぞれの方法や道具を比較して、もっとも効率のいいやり方で盗聴器を発見しなければなりません。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます