創造論とインテリジェントデザイン論

関連ネタ>保守的イエス・保守的聖書

宗教右翼系新聞WNDによれば、キリスト教は政府による福祉を神に叛く行為とみなす宗教


宗教右翼系新聞World Net Dailyがオバマ政権の医療保険に反対する理由として、聖書の記述を掲げた:
Worse, some self-described conservatives and Republicans, including President George Bush and presidential candidate John McCain, still believe in using taxpayer money to help the poor. They even endorse such measures!

Apparently, these people never read Jesus Christ's comment in John 12:8 that "the poor will always be with you." ... God presents us with three general ways in the Bible to take care of the poor and needy: 1) through the family, 2) through the church, and 3) through individual charity. The applicable passages for these three ways are Deut. 14:28, 29, Numbers 18:24, Matthew 6:1-4 and 1 Timothy 5:3-16.

Now, the first two ways are pretty clear. People's first obligation is to the needy, poor, widowed and orphaned in their own families. Then, they have an obligation to the needy, poor, widowed and orphaned in their local church organization.

Despite what Barack Obama, John McCain or George Bush and their supporters think, in none of the Bible passages just cited does God cite the government as the means by which the poor, needy, widowed and orphaned are housed, clothed and fed!

さらに悪いことに、ジョージ・ブッシュ大統領やジョン・マケイン大統領候補のような一部の自称保守や共和党員も、納税者のお金を使って貧者を助けようと考えている。彼らはそのような手段を支持してさえいる。

明らかに、これらの人々はヨハネによる福音書12章8節「貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいる」と読んでいない。... 神は貧者と貧窮者を助ける方法を聖書で3つ提示している。1) 家族 2)教会 3)個人の慈善だ。これらの3つ方法は以下の節にある。申命記14章28-29節と民数記18章24節とマタイによる福音書6章1-4節およびテモテへの手紙一 5章 3-16節である。

最初の2つの方法は明確だ。人々の最初の義務は、家族の中で、貧窮者・貧者・未亡人・孤児に対するものだ。そして、次に地域の教会区の貧窮者・貧者・未亡人・孤児たちだ。

バラク・オバマやジョン・マケインやジョージ・ブッシュや彼らの支持者が考えるころに反して、いま挙げた聖書の節には、貧窮者・貧者・未亡人・孤児に住む場所と着るものと食べ物を政府の名のもとに施すような手段を神は手段として挙げていない。

[ Tom Snyder: "Government welfare? Not in my Bible" (2010/04/06) on WorldNetDaily ]
World Net Dailyによれば、聖書は政府による貧窮者・貧者・未亡人・孤児の救援を認めていないそうである。

で、見てみると...
民数記 18章 24節
わたしは、イスラエルの人々が主にささげる献納物の十分の一をレビ人に彼らの嗣業として与えるからである。それゆえ、わたしは彼らに、イスラエルの人々の間では嗣業の土地を持ってはならない、と言ったのである。」

For the tithe of the sons of Israel, which they offer as an offering to the LORD, I have given to the Levites for an inheritance; therefore I have said concerning them, 'They shall have no inheritance among the sons of Israel.

(日本語は日本聖書協会、英語はNEW AMERICAN STANDARD BIBLE)
教会の存在に言及はないが、「人々が主にささげる献納物」は教会のものと見ていいだろう。

で、次は...
申命記 14章 28-29節
三年目ごとに、その年の収穫物の十分の一を取り分け、町の中に蓄えておき、あなたのうちに嗣業の割り当てのないレビ人や、町の中にいる寄留者、孤児、寡婦がそれを食べて満ち足りることができるようにしなさい。そうすれば、あなたの行うすべての手の業について、あなたの神、主はあなたを祝福するであろう。...

At the end of every third year you shall bring out all the tithe of your produce in that year, and shall deposit it in your town. The Levite, because he has no portion or inheritance among you, and the alien, the orphan and the widow who are in your town, shall come and eat and be satisfied, in order that the LORD your God may bless you in all the work of your hand which you do.
これは教会とは読めない。町政府でもよさそうだが。

そして、こっちは手段を問うてはいない:
マタイによる福音書 6章 1-5節
「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。」
最後に、「家族-->教会」という義務の順位がある:
テモテへの手紙一 5章 3-16節

身寄りのないやもめを大事にしてあげなさい。
やもめに子や孫がいるならば、これらの者に、まず自分の家族を大切にし、親に恩返しをすることを学ばせるべきです。それは神に喜ばれることだからです。
身寄りがなく独り暮らしのやもめは、神に希望を置き、昼も夜も願いと祈りを続けますが、放縦な生活をしているやもめは、生きていても死んでいるのと同然です。
やもめたちが非難されたりしないように、次のことも命じなさい。
自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています。
やもめとして登録するのは、六十歳未満の者ではなく、一人の夫の妻であった人、善い行いで評判の良い人でなければなりません。子供を育て上げたとか、旅人を親切にもてなしたとか、聖なる者たちの足を洗ったとか、苦しんでいる人々を助けたとか、あらゆる善い業に励んだ者でなければなりません。
年若いやもめは登録してはなりません。というのは、彼女たちは、情欲にかられてキリストから離れると、結婚したがるようになり、前にした約束を破ったという非難を受けることになるからです。
その上、彼女たちは家から家へと回り歩くうちに怠け癖がつき、更に、ただ怠けるだけでなく、おしゃべりで詮索好きになり、話してはならないことまで話しだします。
だから、わたしが望むのは、若いやもめは再婚し、子供を産み、家事を取りしきり、反対者に悪口の機会を一切与えないことです。
既に道を踏み外し、サタンについて行ったやもめもいるからです。
信者の婦人で身内にやもめがいれば、その世話をすべきであり、教会に負担をかけてはなりません。そうすれば教会は身寄りのないやもめの世話をすることができます。
これらの節から、World Net Dailyは次のように結論する:
Thus, a simple, straightforward reading of the Bible, God's Word, including the words of Jesus Christ, the Son of God, clearly shows that the American government's welfare state is unbiblical, if not immoral. In other words, Christians and their church leaders have an absolute duty to verbally rebuke, discipline or shun any Christian who advocates such a government welfare system.
...
We must stop the ungodly, immoral stealing from American citizens by the welfare state! We must establish a proper and godly system of family, church and private charity. All Americans should follow God's clear guidance in this matter; He will reward them mightily for their obedience. May God have mercy on those evildoers who don't obey these holy commands!

したがって、単純に素直に神の言葉たる、そして神の子イエス・キリストの言葉たる聖書を読めば、米国政府の社会福祉制度は、不道徳でないとしても非聖書的だ。言い換えるなら、キリスト教徒と教会指導者あちは、そのような政府の社会福祉制度を支持するキリスト教徒を非難し、罰し、避ける絶対的義務がある。
...
社会福祉制度による、米国市民からの、不信心で不道徳な盗みをやめさせなければならない。我々は適切かつ神を敬う家族と教会と個人的慈善の制度を確立しなければならない。この問題について、全米国人は神の明確な導きに従うべきだ。神は従う者に報酬を与える。そして、神は神の命令に従わない悪人たちに免罪を。

[ Tom Snyder: "Government welfare? Not in my Bible" (2010/04/06) on WorldNetDaily ]
World Net Dailyによれば、キリスト教は政府による福祉を神に対する反逆とみなす宗教らしい。
 




コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます