創造論とインテリジェントデザイン論

関連ネタ, 誤謬・詭弁

ガリレオ詭弁(Galileo Fallacy, Galileo Gambit)


疑似科学や創造論でよく使われる詭弁にGalileo FallacyあるいはGalileo Gambitと呼ばれるものがある。
RationalWiki: Galileo Fallacy

They made fun of Galileo, and he was right.
They make fun of me, therefore I am right.

ガリレオは笑われたが、正しかった。
私は笑われたので、私は正しい。

The Galileo gambit, or Galileo fallacy, is the notion that if you are vilified for your ideas, you must be right. It refers to Galileo Galilei's famous persecution at the hands of the Roman Catholic Church for his defence of heliocentrism in the face of the orthodox Biblical literalism of the day (though some alternative medicine proponents use Ignaz Semmelweis instead of Galileo). People use this argument repeatedly in response to serious criticisms that more often than not they just don't understand. It is freakishly common among creationists and global warming denialists alike against the evil scientific consensus.
ガリレオ詭弁とは自分の考えがフルボッコにされたら、それ故に自分の考えが正しいはずだというものである。これは、当時の正統な聖書字義解釈に対抗して太陽中心説を擁護したためにローマカトリックによるガリレオ・ガリレイ迫害に言及する。代替医療支持者の中にはガリレオではなくイグナーツ・ゼンメルワイスに言及する者もいる。ただ理解されないときより、重大な批判を受けたときに、人々はこの詭弁を用いる。悪しき科学的コンセンサスに対抗する創造論者や同様に地球温暖化否定論者にありがちである。
産褥熱のゼンメルワイスの他に、大陸移動のアルフレート・ウェゲナーやペラグラのジョゼフ・ゴールドバーガーを挙げる場合もある。たとえば...
Think of Semmelweiss and puerperal fever. Think of Goldberger and pellagra. Even Gore’s favorite example of continental drift highlights the folly of the scientific consensus that mocked Alfred Wegener’s theory of Pangaea for half a century.

イグナーツ・ゼンメルワイスと産褥熱を考えてみよう。そして、ジョゼフ・ゴールドバーガーとペラグラを考えてみよう。Goreが好んで使う大陸移動の例は、科学的コンセンサスがアルフレート・ウェゲナーのパンゲアの理論を半世紀にわたって放置したことを示している。

[ Mary Ellen Tiffany Gilder: "The Gospel according to Gore", Copy on Discovery Institute ]


このガリレオ詭弁が詭弁たる理由は...
Galileo wasn't Galileo because he pissed a lot of people off. And he wasn't Galileo because he had a new idea that nobody agreed with and that the establishment violently opposed. Galileo was Galileo because... well, among other things, because he was right. He didn't just have a new idea that tried to upend everything we thought we knew about the world. He had a new idea that successfully upended everything we thought we knew about the world -- because it was right. He had the evidence, he did the work, he crunched the numbers, and he was right. And being right is a lot harder, and means a lot more, than just disagreeing with the establishment and pissing people off.

多くの人々を苛立たせたから、ガリレオがガリレオだったわけではない。誰も同意しない、学界が激しく反対した、新しい考えを持っていたから、ガリレオがガリレオだったわけではない。ガリレオがガリレオだったのは、何をおいても、彼が正しかったからである。ガリレオは、我々が世界について知っていると思っていたことをひっくり返す新しい考えを、ただ持っていたのではない。我々が世界について知っていると思っていたことを、うまく、ひっくり返す新しい考えを持っていて、それが正しかったから、ガリレオがガリレオだったのである。彼には証拠があった。彼は研究した。彼は計算した。そして彼は正しかった。正しいことは、学界が同意しないとか、人々が苛立つとかよりも、はるかに困難なことである。

[ Greta Christina: "The Galileo Fallacy, and the Gadfly Corollary" (2007/09/23) on Greta Christina's Blog ]







コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます