創造論とインテリジェントデザイン論

反進化論州法動向

2001年以降の反進化論州法案集


順次、州法案本体を掲載予定。

インテリジェントデザイン等時間授業・論争を教えろ・強いところと弱いところ・批判的分析・学問の自由など表現の変遷がある。どのタイプの州法案も成立したとしても、創造論を理科の授業に持ち込めない。また,2006年以降は、インテリジェントデザインも理科の授業に持ち込めなくなっている。

アラバマ州

アリゾナ州

アーカンソー州

コロラド州

ジョージア州

インディアナ州

カンザス州

ルイジアナ州

メリーランド州

ミシガン州

モンタナ州

ニューハンプシャー州

ニューメキシコ州

ニューヨーク州

オハイオ州

ペンシルヴァニア州

サウスカロライナ州

テネシー州

  • 2011年 テネシー州反進化論州法案 SB893
  • 2011年 テネシー州反進化論州法案 HB368 2012年に成立
  • 2007年 テネシー州創造論州決議案 SR17

ヴァージニア州





以下の州では反進化論州法と呼べる州法案は提案されたことはない。
  • アラスカ州
  • カリフォルニア州
  • コネチカット州
  • デラウェア州
  • ハワイ州
  • イリノイ州
  • メイン州
  • マサチューセッツ州
  • ミネソタ州
  • ネブラスカ州
  • ネヴァダ州
  • ニュージャージー州
  • ノースカロライナ州
  • ノースダコタ州
  • オレゴン州
  • ロードアイランド州
  • ヴァーモント州
  • ウィスコンシン州
  • ワイオミング州





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます