【町田猫105匹+犬2頭多頭飼育崩壊・静岡預かり多頭飼育虐待崩壊・よし氏案件一部崩壊】についてのまとめサイトです。レスキューされた動物たち、そして愛護活動を巡り関係者に何があったのか、起こった出来事を記録し注意を促す資料庫兼注意喚起の場所です。

ここは町田猫105匹+犬2頭多頭飼育崩壊を発端に発覚した静岡預かり多頭飼育虐待崩壊・よし氏案件一部崩壊 についてのまとめサイトです。
この出来事は、大変複雑で面倒な事態となっております。

どうか初めに【こちらをお読みください】。



2016年2月16日
長らく更新できずすみません。
昨日2月15日で静岡猫17匹レスキューから3年が経過しました。
その虐待飼育崩壊の一因である@YosieMiyauti
https://www.facebook.com/yosie.miyauti
多頭飼育崩壊の責任を問われると音信を絶って逃亡し、
義援金を募っていながら最低限の医療費すら支払いを拒み、
約二年もの間話し合いの呼びかけを無視し続け、
裁判沙汰の挙句「やめろと言われる筋合いはない」と今なお積極的にブログやFacebookなどSNSを用いて、
動物愛護保護活動に関わろうとあちこちに接触と介入をくりかえしています。

預かりボランティア宅に飼育費用の支払いを約束して
犬4頭猫20匹以上を送り込んでおきながら、仲違いすると犬猫をその家に置き去りにし、
あろうことかそのボランティアが猫の共食いを起こす(遺体を餌として放置した)ような
ネグレクトを行っていたことが発覚しても、その崩壊現場に必要不可欠な餌や毛布を送ることもせず、
レスキューした猫たちの最低限の初期医療費すら支払うことを嫌がりました。

惨たらしい虐待ボランティアについて立件できないか有料相談も使い弁護士4名に相談しましたが、
証拠不十分で不起訴になる可能性高く、依頼するにも予算30万では足りないとのこと…
複数の静岡のボランティアさんや動物愛護センターに事情を説明し注意していただく連絡はしましたが
虐待者にはお咎めないままです。心底悔しいです。
センターにうかがったところ、虐待者は以降動物を増やさず担当者が何度か訪問して
犬たちを診て健康状態も良かったそうです。でも家の中まではわからないそうです。
もし虐待現場を見たら、必ず通報し、警察や保健所を入れて状況の記録を残すようにしていただきたいです。

『搬送も預かりも人任せ、「仲介者は責任がないものとする」との記載の入った契約書を提示し、
都合が悪くなると無視して逃げる、無責任極まりないネット愛護仲介活動』
このような人物が今なお出没することに、一連の行動を見てきた者として強い憤りを感じています。
裁判所に同行してきた彼女のご主人は、妻の愛護活動を以降させないことを言っていたのですが、
全く機能していないようです。
今後また大きな問題を起こしかねないこの人物ですが、残念ながら自己防衛するしか手立てはありません。
関わったものとして、保護を必要とする動物と愛護活動の現場で奮闘する方々が被害を被らぬよう
注意喚起することしかできません。
(5年ほど昔にも ぺこちゃん姉ちゃん さんという方が大きな被害を受けた件について確認中です)

よしさんは拡散力はあっても愛護活動をする上で不可欠な知識と配慮、コーディネーターとしての仲介力、
社会人としてのマナーや対応に致命的な問題があります。
愛護活動の理解とご支援はとても重要です、だからこそ保護後の動物たちが本当に幸せになってるかどうか、
今もよしさんを信じ応援している方は彼女が支援に値する情報発信者かどうか御勘案願いたく存じます。


12月26日
今週初め、被告より原告へ和解金11万円が入金されたことが確認できましたのでご報告致します。
(先々週頃、原告が指定した口座に入金ができないとの連絡があり、改めて口座を伝え振込が行われた様です)
被告からは入金の連絡も、また結局最後まで原告及びレスキューに携わった方々への謝罪はありませんでした。
散々逃げまわり裁判起こされても半額で済んで金払ったら終わり、相も変わらずコピペ愛誤ブログを熱心に更新してます。
尤も『よし氏のブログの記事にされて迷惑を被った』という話を、この三連崩壊ブログ共催者さんが
FB通して情報いただいており、相手のことを思わぬ狒碓佞粒隼境瓩糧鏗欧ちらほらと…
三年前のぺこちゃん姉ちゃんさんの件といい、良かれと思っての暴挙を繰り返しています。
当wikiで取り上げている三連崩壊も、裁判まで起こされても全然反省も原因の理解も出来でないようで、
ご主人も全く抑止力になってないため、十中八九同様のこと繰り返すでしょう。至極恐ろしく残念です。

被告資料の解析まとめを更新したいのですが、家庭の事情(年末行事、小旅行、帰省等)が立てこんでおり、
じっくりPCに向かい作業することが叶いません。
…正直、とても不愉快極まりないそれらを読んで文章を起こすことはかなりの負担になっています。
裁判はやっと終わりましたが、くたびれてしまい気力のチャージ中であります。
年明け落ち着きましたら、裁判所へ提出された資料について記事をあげたいと考えています。
それでは、良いお年を✿


11月26日
24日にUPしたご報告をもとにページを作りました
【 事件番号 平成27年(少コ)第21号―静岡猫レスキュー医療費をめぐる裁判 - 動物愛護活動【三連崩壊】町田・静岡レスキューについて


11月24日11時より相模原簡易裁判所にて審議された

事件番号 平成27年(少コ)第21号

原告:たんぽぽの里代表 石丸雅代さん
言葉を話せない動物たちからのSOS

被告 @yosie miyauti さん
犬猫(その他生き物)迷子・里親捜し&園芸

色々ありましたが結論から言うと原告の勝訴です。
しかし…
【 事件番号 平成27年(少コ)第21号―静岡猫レスキュー医療費をめぐる裁判 - 動物愛護活動【三連崩壊】町田・静岡レスキューについて

被告は裁判の翌々日から早速ブログ更新。
ご主人も止められないようです。

被告から出された証拠資料を読みました。
自身のブログ、応援隊のブログ、原告のブログ、私のwikiをカラーで印刷してます。そして元協力者との大量のメールのやりとり。
被告が自分に責任ない証拠であるとする箇所に赤鉛筆で線や囲いがされてるのですが、読んでて涙が出ます。
そのメールは被告の活動を応援していた差出人の人が、心から被告を心配し応援し励ましながらちゃんと問題に向き合うよう説得し続けてる言葉が綴られているものなんです…
助けるために一緒にがんばろう協力するよ!
よしさんはどうしたいの?よしさんの送った猫達なんだよ?
誰だって間違いはある、義捐金足りなかったら相談してよ、一緒に呼びかけて協力仰ごうよ…
原告からの呼びかけ、返事待ち、提案、相談…
他の方からの沢山の言葉も、無関心じゃないから寄せられた被告へのメッセージ
そんな深い信頼と協力を踏みにじって全部捨てて逃げて…
自分は悪くないという証明のために、文章の一部の都合いい箇所をピックアップしていく作業、一体どんな気持ちでそれしたの?
こんなにあたたかい言葉と信じがたいほど好意に満ちた協力をたくさんあなたは向けられ受け取ってきたであろうに、他人事ながら改めて心底悲しくなりました。
裁判終えて請求金額の半分払ってハイ終わり?
動物救いたくて愛護してるでしょうに、他人に被害与え不幸に陥れて平然としていられるその心って一体…
どうして今も人様の書いた記事をコピペしてブログし続けることできるの?
わからない…





【お知らせ 10月15日更新】
先日13日に執り行われるはずであった少額訴訟は白紙となりましたが、
二階第四法廷には裁判官と書記官長の三名と
こちらの代理人の司法書士が集いました。
(被告、裁判所にも大変なご迷惑おかけしてますよ)
結論として、被告の答弁書にて要求されたことにより
この件は今後通常訴訟となり、
神奈川でなく兵庫に移送の申し立ては却下され、
11月24日11時より相模原簡易裁判所にて審議される運びとなりました。
※時間帯を13時から11時に訂正しました

被告、悪足搔きするにしたってあの答弁書は無いですよ…
近日中に通達いきますから、ちゃんと日程や期日守って判決を受けに来て、
返済と担当した105猫のうち46匹の行方、答えてください。
あなたにできることは不誠実で非常識な態度で逃げ回り
バーチャル空間で顔もお金も労力も出さずに他者の慈愛を利用するコピペ愛誤だけですか?
きちんとした手続きの上で要請しているのです。
法廷でお会いしましょう、傍聴席から見届けますから。


【お知らせ 10月12日更新】
10月13日に行われるはずであった少額訴訟ですが、
10月になって被告より答弁書が裁判所へ送付され、
それが我々に知らされたのは9日金曜日…
連休前で、手続きやら何やらもう本当大変な目に遭いました!
こちらでのご報告が遅くなってすみません。

よって、10月13日の少額訴訟裁判は中止となり、この件は今後通常訴訟の運びとました。

この日のために、今までどれだけの用意と行動をしてきたか…
何故こうなったのか、何故逃げたのか、どこに落とし所つけるのか…
せめて被告の言い分を聞きたいと呼びかけ、平等に審議をと場を設けた挙句、
答弁書には異議ありにチェックをいれているにもかかわらず、
肝心の異議内容は未記入、白紙でした。
さらに、肝心なことは書いていないのに
被告の地元、兵庫県での通常裁判を要求。
理由は、精神的苦痛であり忙しいから。
20匹もの犬猫を虐待者に送りつけた張本人が、
そのレスキューの医療費を払うと言いながら踏み倒し続け、
請求されたら精神的苦痛?
ほぼ毎日コピペ愛誤ブログ更新してるから忙しいの?
…相模原までの交通費が惜しいのかとおもいましたが、
何故に少額から通常訴訟に格上げ希望?
(司法書士から電話で聞いたのでまだ実物見れていませんが、
どっからかフォーマットコピーペーストしたようで、
形式には合ってるけど全く内容が無く唯一自分の要求だけ記載という代物。)

…明日、相模原簡易裁判所へ行き、実際答弁書見てきます。




2015年8月5日更新【お知らせ】
長らくご無沙汰しておりました。動いている間は情報発信することは出来ず、ようやく公表できる時期になったのでお伝え致します。

平成27年10月13日火曜日 13時30分より
相模原簡易裁判所にて
よしこと宮●さんへの少額訴訟が審議される運びとなりました。
私も傍聴しに行きます。

この日程は7月29日に決定しました。
2013年2月15日の静岡レスキューより今日で901日が経過しました。
こんなにもかかるとは心底予想外でしたが、ようやく公に審議できます。
裁判は傍聴できますのでご興味ある方は是非。
よしさん、必ず出廷してくださいね。
念のため…義援金で交通費出しちゃダメですよ、ちゃんとご自分で払ってくださいね。

※以前のTOP掲載分は【更新履歴】へ移動しました。



【静岡預かり多頭飼育・虐待崩壊主N と 無責任なレスキュー仲介者Yについて】http://news.prana-japan.com/article/70815207.html
(経緯のあらましについて「動物・自然保護」啓発団体)プ ラ ー ナ様に取り上げていただいています。

静岡虐待崩壊主と無責任仲介者について
静岡崩壊現場の写真
静岡預かり多頭飼育崩壊 及び よし氏案件一部崩壊に至るまでの時系列
遠隔操作で愛誤活動のよし氏
よしさんのブログ【静岡2次多頭飼育崩壊関連・・Wikiについて】への回答【よしさんからの回答、指摘・修正内容の覚書



【重要】
8月18日:【小さくても命〜静岡発!預かり飼育崩壊現場応援隊】が8月5日に『Seesaa Wikiについて』を更新されていました
これまで私は、現場を見た応援隊が崩壊主を追求しないのは何故ですか、崩壊主への今後の対応について何もしないのですかと疑問を呈してきましたが、
応援隊は『崩壊現場の犬猫たちの移動先を探すことを目的として集まった有志』であり、元は関係なかったけれどたまたまそこに居合わせレスキューを行った立場でらっしゃいました。
なのに、応援隊が崩壊主を通報しなければならないのではと一方的に思い込んで、憶測で崩壊主を見逃しているような書き方をしたことを、深くお詫び申し上げます。
内容の訂正や経緯は静岡応援隊からの指摘・修正内容の覚書にまとめています。
動物を助けるために発足しレスキューを終えたから解散した、ただそれだけであることを今は理解しました。

なお、よしさんから猫22匹犬4頭を預かり他にも自身のペットや保護動物たちを多数ネグレクトしていた
静岡在住の飼育崩壊ボランティアN山について、私が崩壊主を告発することも可能ではないかと計画してたのですが、
それには現場で全てを見た方に法廷で証言していただくこととなるため、長期に渡り多大なご負担を強いることになります。
さらに私にはその方を守る力はなく、何かあっても責任を取ることが出来ません。
崩壊発覚当初の『証拠』が不十分なことを弁護士・司法書士に指摘され、
多額の費用をかけ訴え起こすことは出来ても、証拠不十分で被告は不起訴処分され断罪の望みはとても薄いとのこと。
とてもとても歯がゆいですが、誰とも連携できない現状では無理であると2014年4月に告発を断念しました。
ずっと何か他に方法はないかと考えてきましたが、結局『確証ある口コミ』でこの出来事を広め残す方法しかないと思いました。
提訴可能なよしさんの件をまず責任の所在に結論をつけて、勝訴後に裁判に至った経緯を拡散し注意喚起する際に、
ネット仲介者の危険行為及びボランティアを名乗る飼育崩壊ネグレクト者の存在についてセットで伝えていきたいと強く考えています。

名前を出すことをご本人方が望まれず掲載すること出来ませんが、地獄の崩壊現場に遭遇しそこから犬猫たちを救い出してくださった方、
遠方よりかけつけ汚物や瓦礫を片付けたり犬猫への支援をされた方々、そういう方々がいてこのN山宅は片付き多くの犬猫たちが救われました。
現場に行ってもいない私が言うのは大変おこがましいですが、本当にすごいレスキューであったこと忘れません。
関わられた皆々様、本当にありがとうございました。



このwikiの管理人は宮部ですwikiの作成・編集の責任は管理人にあります
たんぽぽの里代表ちょこママさん・証言をしてくださった方・wellcat 大阪まる猫会代表まるさん・多くの預かり被害者の方々のご協力を頂き、
個人的な関心からこのまとめを作成しました

動物を預かり虐待するエセボランティア静岡崩壊主N山と、自分本位で無責任な愛護活動を続ける兵庫県のよしさんについて、
注意喚起することを重視しています。【静岡虐待崩壊主と無責任仲介者について

『虐待犯N山』についてはまるさんが、『無責任仲介よしさん』についてはたんぽぽサイドが中心となり、しかるべき処罰をと強く望み準備をはじめています。
※現在まるさんがどうお考えになってるかは不明です。
追求するためには事実確認と共通認識が必要不可欠であり、ここはその活動の資料庫を兼ねています。
二度と動物たちをこのような崩壊に巻き込み不幸にしたくない思いから、関係者の言動及び一連の経緯を集め資料作成しています。
はじめにお読みください】 【このサイトの主旨】 【連絡先

当wikiは、多頭飼育崩壊レスキューをめぐり愛護活動関係者に何があったのか時系列を追った記録を掲示しています。
動物の命、関わった方々の信用問題が深刻であり、時間が経つと記憶や証拠が消え事実確認が出来なくなることから、出来事を正確に残すべきだと思いまとめを作りました。
被害にあった動物たち・善意の有志者の方々への仕打ち、一連の出来事・態度・対応…愛護活動の名のもとに、このようなことが野放しのままであってはならないと思います。
崩壊主及び仲介者達が今後また不幸を増やさぬよう警戒していただきたく存じます。


×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます