ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。

本シナリオは、ドイツ公式Pegasus Press社の無料公開シナリオです

2017年 秋のケイオシアム祭り企画 

ケイオシアム祭りって?
皆さんが楽しんでおられるクトゥルフ神話TRPGの販売元「Chaosium Inc.」
折角CoCを遊んでいるのですから、ケイオシアムという名前の知名度を知って貰いたい!という想いで企画され、GWと秋の年2回に開催されています
出版元であるケイオシアムを始め、その他国外のサプリから有志の方々が翻訳した(或いは絶版の和訳物)シナリオが揃っております。
普段から本国産のシナリオを慣れ親しんでいる方は勿論、普段は現代日本等で公開や同人シナリオを楽しんでいる方々に、一度本国産のシナリオを楽しんで頂ければと思っております。
お品書きは此方

募集要項

シナリオ名:Nachtexpressー深夜特急ー(作:クリストフ・マザー 訳:SUZUKI様)
キーパー:うしこ
PL人数:4名
開催日程:9/10/14/18 2130
募集締切:締切
開催部屋:
卓難易度:☆(難易度は高くないです、ですがゴリ押しすると全滅の危険あり)
シナリオ傾向:ラヴクラフト・クラシック
クラシック・クトゥルフをプレイする
シナリオ概要:初冬のドイツ ハイクラスの深夜特急での旅情を楽しむ・・・たのしむ?たのしめればいいですね( ˘ω˘)

スケジュール

第十回組 

回 数日付時間備考
初 回11/302130-25001Hの中断の可能性あり
2回目12/011000-2500昼休憩1H・夜休憩2H・その他適宜/終了時間相談応

舞台設定

1925年冬 フランクフルト・ベルリンの深夜特急「リヒャルド・ヴァーグナー」


その町の地図を丹念に調べたが、オーゼイユ街を再び見つけることはできなかった。
名前というのは変わるものだと知っているので、現代の地図以外にも当たってみたのだが。
そればかりか、その地の古い建物全てを調べ上げ、オーゼイユ街として知っていた街に該当しうる全ての地区を、どんな名前であっても、実際に足を踏み入れ探ってもみた。
不面目なことに、これらの調査にも関わらず、結局、その家も、その街路も、どの辺であったのかすら見つけだすことができない。
哲学科の貧乏学生としての最後の数ヶ月を送り、エーリッヒ・ツァンの音楽を聞いたその場所について。

エーリッヒ・ツァンの音楽(H. P. ラヴクラフト著 The Creative CAT訳)


探索者達は、ビジネス・トラベルそれぞれの理由でこのフランクフルト−ベルリンをつなぐ特急車両「リヒャルト・ヴァーグナー」に乗り込んだ。
列車は夜間に運行され、出発は21時、そしてベルリンへの到着は翌日の9時00分である。
あいにく車窓は闇に閉ざされ、景色は楽しめないかもしれない。
だが、ご安心あれ。この列車は、寝台車両とサロンカーの特別車両を最後尾に備えている。
最新の車両ではないが、良く手入れが行き届いており、高級木材と、塗装された鋼鉄が壁と天井を繋ぎ、調度は革張りのソファー、黒檀のテーブル、一瞥に値する絵画が車内を彩っている。
更に、サロンの車両には、一台のピアノが置いてあり、乗客は選び抜かれた美味の夕食を味わった後、ピアノの音色に耳を傾けながら、グラスを傾け心地よい列車の揺れを楽しむことができる。
機関士たちには「ヴァーンフリート」(バイロイトのヴァーグナーの邸宅)と渾名される、この高級車両で、探索者達は一夜の夢のような時間を過ごすだろう。
特急車両「リヒャルト・ヴァーグナー」に探索者が導かれるのは、Zeitgeist Metropolis(時代潮流の中心地)ベルリンか?
それとも、エーリッヒ・ツァンがヴィオルを奏でるオーゼイユ街か?

1910-30年代のドイツの出来事

1918 ドイツ降伏、第一次世界大戦終結。
1919 パリ講和会議開催、ベルサイユ条約調印。(ドイツ、アルザス・ロレーヌをフランスに返還。多額の賠償金を負う)
1921 ヒトラー、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)結成。
1923 フランス=ベルギー、ルール地方へ進駐。
(支払いが停滞していた賠償金の代わりルールを占領。これにより産業が停止状態になり、ドイツ経済は大混乱に陥り、ハイパーインフレが起こる)
1924 ロンドン会議でドーズ案承認。(賠償軽減案)
1925 ヒンデンブルク大統領就任。ロカルノ条約締結。
1926 ドイツ国際連盟加入。(外相シュトレーゼマン)
1930 世界恐慌
1933 ナチス党総統アドルフ・ヒトラーがドイツ首相就任
1939 イギリスとフランスはドイツに宣戦布告 第二次世界大戦が勃発

1925年
フランス=ベルギーによるルール地方侵攻をきっかけに、ドイツを見舞ったハイパーインフレは、土地を担保にしたレンテンマルクの出現で収まりを見せた。(レイテンマルクの奇跡)
1925年外相グスタフ・シュトレーゼマンの尽力によりロカルノ条約が締結。ドイツ・フランス・ベルギーの相互不可侵が規定されたこの条約により、ヨーロッパは一時的はあるが相対的安定期を迎えることになる。
第一次世界大戦による賠償負担など、未だ経済は混迷しているものの、ドイツ国内もようやく落ち着きを取り戻し、人々にも余暇を楽しむ余裕が産まれてきた。

笑うしかないドイツのハイパーインフレ

マルクの対ドル為替レート
1922年7月:493.2
1923年1月:17,972(ルール占領)
1923年7月:353,412
1923年8月:4,620,455
1923年9月:98,860,000
1923年10月:25,260,280,000
1923年11月:4,200,000,000,000(レンテンマルク発行)※レンテンマルクは、土地など不動産を担保にした紙幣
1923年11月の物価
 ジャガイモ1Kg:900億マルク
 卵1個    :3,200億マルク
 ミルク1L  :3,600億マルク
 バター1ポンド:2兆8,000億マルク

例えばこんなエピソード
・紙幣は額面ではなく重さで取引された
・銀行券は1枚ほぼ1グラムなので、紙幣4000枚持ってレストランに行くとすると約4kgの紙幣を運ぶことが必要だった
・喫茶店でコーヒーを飲むのにトランク一杯分の紙幣が必要であったのが、飲んでいる間にインフレの進行で価格がトランク二杯分になった
・紙幣の印刷が間に合わず片面しか印刷しなかった
・買い物の不便から100兆マルクが発行される事態になった

探索者の作成について

PCの可・不可、条件など

基本ルルブのみ
犯罪者・狂信者は本シナリオのクリアの妨げとなるような場合はお断りします。
(COCは基本的に協力型システムです、個人的な嗜好による対立を招くPCは進行の妨げになります。職業ベースとする分には構いません)

クリアのヒント

クリアに必須となる技能はありません。
戦闘は場合によっては発生しますが、戦闘によるクリアは難しいでしょう。
列車内のため大型の武器はおそらく正当な理由がなければ持ち込みは難しく、保管用ボックスに収納され、クロークに預けることになります。
生還への鍵は、探索や状況の観察力を元にしたPLのちょっとした思いつきや閃きです。
このシナリオは、ケイオシアムシナリオと異なり、探索者達が神話的恐怖に立ち向かい、命をかけてその野望を阻止すると言うよりは、
旅行やビジネスでたまたま乗り合わせた列車で、神話的脅威に巻き込まれ、それから生還するという内容になります。
もちろん、好奇心のままに真実を追求することも選択肢としてはありますが、それが生還につながるかどうかは分かりません。
生き延びるには、知らない方が良い場合だってあるのです。

セッションをより楽しむためにオススメする技能:音楽系芸術技能・心理学・精神分析・跳躍・乗馬・ラテン語
※生還を目的とするならない方がいい場合もございます。

ハウスルール

戦闘一部変更しました。

基本的にルルブ準拠。まぁいっかの発動有り


初心者の方へ

こちらに目を通しておいていただけるとスムーズに進みますので
よろしくお願いします
参加方法・諸注意(※必読)
探索者の心得
未経験者・初心者の方へ
どどんとふ指南 for PL?
wiki編集練習ページ
また、分からない事があればページ下部のコメント欄にどうぞ!

KPより

初めまして、お久しぶりです。
今回、KPを務めさせていただきますうしこと申します。
ケイオシアムシナリオを愛するあまり、英語版シナリオの翻訳に手を出した物好きですが、最近、翻訳はガッツリサボっております。
秋のケイオシアム祭り、色んな国の公式シナリオを楽しんでみよう!ということで、
クトゥルフ神話TRPGドイツ公式Pegasus Press社が無料で公開している「Nachtexpress(翻訳:SUZUKI様)」をお送りします。

今回、題材になっているのはエーリッヒ・ツァンの音楽という、ラヴクラフトの短編小説です。
こちらの作品は、実は、初めて日本語訳されたラヴクラフト作品らしいです。
基本ルルブにも「クトゥルーの呼び声」が掲載されておりますが、ラヴクラフトの文章は非常に癖があり読みにくいですよね。私も正直、御大の文章は苦手です(苦笑)
リンクを貼らせていただいたThe Creative CAT様訳の「エーリッヒ・ツァンの音楽」は、比較的読みやすく、そんなに長くないので、ご興味のある方は是非読んでみてください。
セッション前に読んでいただいても、問題ありません。むしろラヴクラフトのファンゲームとしては原作を読んでから参加いただいた方が楽しかもしれませんね!
こちらのシナリオ、私も遊ばせていただきましたが、ラヴクラフトのクトゥルフ神話のファンゲームとしては実によくできています。
COCを生み出したアメリカのケイオシアム社が、銃やダイナマイトで神話的脅威に立ち向かう、アクションゲームなら、
ドイツ公式のこちらのシナリオは、神話に関わりのない普通の人間が神話に関わったことで破滅していくラヴクラフト作品の恐怖を見事に描いております。
同じCOCというゲームの公式でも国の特徴が出て、本当に面白いですよ!興味があったら是非参加してください。お待ちしております。

最後に、翻訳したシナリオを快く提供して下さった、SUZUKI様。本当に有難うございます。
ドイツ公式Pegasus Pressのシナリオの楽しさを伝えられるようなセッションができるよう、頑張ります。

ATTENTION!!
本シナリオは、小説「エーリッヒ・ツァンの音楽」のネタバレが含まれておりますので、小説のネタバレが気になる方は、お読みになってから参加ください。

参加者

キャラシの書式は見本と同じものでお願いします。

見本

探索者テンプレート

第9回

柊さん

探索者テンプレート

ゴリチュウさん

探索者テンプレート

ドリトスさん

探索者テンプレート

浅科さん

探索者テンプレート

過去の探索者

第一回(秋のケイオシアム祭り)1名ロスト

第二回(ボイセ卓)1名ロスト

第三回(夜卓 1/28,29 2130-2500)全員生還

第四回 (休日卓 2/4 1000-2500)1名ロスト

第五回(休日卓 4/15 1000-2300) 全員生還

第六回(夜卓 5/8,9 2130-2600)全員生還

第七回(夜卓 5/22,23,25 2130-2600)1名ロスト

第八回(夜卓 6/11,18,19 2130-2600)3名ロスト

第九回(夜卓 9/10,14 2130-2600)1名ロスト

このページへのコメント

興味をお持ちいただきありがとうございます。
本シナリオは今回が初セッションのためエンドを指定しておりませんでたが、オフセで約3Hでしたので8ー9Hを見込んでおります。昼休憩1H(12ー13)夜休憩2H(19ー21予定、進行で前後延長あり)込みで長く見積もっても24時前には終わる予定です。行動次第では夕方に終わるかもしれません。
最大セッション可能時刻を募集時に記載いただければ、可能な限り対応します。

0
Posted by KPうしこ 2017年10月23日(月) 12:23:26 返信

KP様へ
質問なのですが、大体何時間くらいのセッションになるのでしょうか?
参加希望ではあるのですが、終わりの時間が夜中になると参加が難しいので、参考までに教えていただきたいです。

0
Posted by 参加希望のPL 2017年10月23日(月) 07:19:39 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

Wiki参加者情報

どなたでも編集できます