ここは、クトゥルフ神話TRPGのオンラインセッションに関する各種情報がまとめられているWikiです。


「真実は慈悲深く隠されている。そうあるべきなのだ、彼らも我らも」

秘すれば花    序 【昏い森】 

シナリオ名:特殊卓シナリオ群『秘すれば花』 序 【昏い森】
キーパー:タカミ
募集人数:1〜3人 
開催日程:スケジュール参照
募集締切:身内なのでなし
開催部屋:身内部屋
卓難易度:☆☆〜☆☆☆☆ (運の良し悪し次第)
シナリオ傾向:戦闘 ローファンタジー 普段しないRPで遊んでみよう
シナリオ概要:それは、隠されるべき物語
卓の雰囲気:身内のみでわきあいあいと

※るるいえ様の[Ten Little Fanatic]のシステム、世界観をお借りしています。
 あちらのIF世界線の別の地域のイメージです。

スケジュール

回数日付時間備考
14回目8/2609:00〜19:00
予備日00/00
予備日00/00
多少の時間は参加者相談

舞台設定

現代 日本

あらすじ

世界各国には御伽噺というものがある。
人に害するもの人に益するもの。それは様々だ。
西洋で人の営みに寄り添う妖精であったり。
摩天楼の間を飛び交う都市伝説であったり。
仄暗い郷愁を思わせる妖怪であったり。
あるいは人をただただ脅かすだけの、口にするのも憚られる悍ましいなにかであったりする。
そんなものが身近に居たとして、心穏やかで居られないのが人というものだろう。
余人が知るべきではない真実は、暴かれるべきではないのだ。
自身も半ば以上を御伽噺に身を落とし、現世に害を及ぼすものらを祓う『マヨヒガ』に住まうものたち。
古くから国防、政府、経済、メディアの4つの世界に影響を与えながら悍ましいものらと戦い続けてきた『黒蜥蜴』。
世界の各地で活動する宗教家、カトリック教会の教会奉仕者、またの名を怪異を屠る『エクソシスト』。
秘されるべきを秘す為に、今日も彼らは怪異を狩る。彼らの行く末は誰も知らない。彼ら自身にさえも。

HOについて

HO1 あなたは『マヨヒガ』に所属する魔女(鬼)だ

鬼というと角をつけた化け物をイメージするだろうか。
元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであることを意味する。貴方はまさにそれなのだ。
マヨヒガは貴方のような「人ならざるもの」が身を寄せ合う一つの集まりである。
拠点は住人か、許可のあるもの以外はたどり着けない不可思議な場所に、ひっそりと存在する。
そこには、例えば猫と人二つの姿を使い分ける女性であったり、片目で幽玄を覘く世捨て人のような男が住んでいる。
貴方は日常生活を普通に行っていて血に目覚めた不幸な人間かもしれないし、人ならざる本能に従ってきた者かもしれない。
ただ貴方は人の世では生きる事ができなくなるのに十分な異常を抱えていたのだろう。
そうして人間社会で生きることができなくなり、その迷い家の主人である女性に貴方は拾われて、『マヨヒガ』に所属しているのだ。
異形を抱えた者たちの最後の寄る辺に。

※魔女=鬼:『神話存在との混血』『魔術を習得した人』を人ならざるものという意味を込めて、魔女、あるいは鬼という言葉で定義している。基本的には元人間or人間由来のナニカである。

HO2 あなたは『黒蜥蜴』に所属する戦闘のスペシャリストだ

黒蜥蜴は日本における神話的事件の解決を目指している抗神組織だ。
表向きは福沢諭吉協会という学術団体であり、フサン謎の七書などの魔術書をかなりの数保有している。
この組織は古くからあり、戦国時代にはすでに原型となる組織が存在していた。
天皇をトップとする非公的組織で、政治界、経済界、裏社会にコネクションを持つ。
構成員は様々だが、神話的事件に巻き込まれた経験をきっかけに所属した者も珍しくない。
貴方はもしかしたら、この組織に雇われているだけの傭兵かもしれない。
あるいは国家の為に尽力する事を誓っているのかもしれないし、組織を家族と見做して組織のために行動しているかもしれない。
ただ、貴方には組織が相手にする『怪異』やそれを信奉するものたちと戦うだけの理由がある。
それは前述したような使命感や人情であったり、或いは怪異らに対する何らかの過去が貴方にはあるのかもしれない。
それはきっと貴方だけが知る事なのだろう。

HO3あなたはキリスト教会カトリック、『マルタの騎士団』に所属する教会奉仕者だ

 教会奉仕者というのは「魔祓師(エクソシスト)」の名前が近年廃止された際にその職務を引き継ぐ形でできた部署である。一昔前までは悪魔(怪異,神話生物)絡みの事件が多発していたのが、
先達の努力によってその也を潜め、仕事が減ったことによる影響である。その歴史は『異端審問会』や『魔女裁判』といった血の粛清によって成り立つものであるが、その結果、現在の平和ができたことも事実である。
今の仕事は主に神の祝詞を赤子に送ったり、死人の道案内に祝詞をささげたりといった神事が主な仕事である。
しかし、『悪魔』やその信奉者を見つけたとき、貴方達は狩人に変わり、聖典に従い、それらを滅ぼす。
貴方は酷く悪魔やその力を持つ『魔女』を毛嫌いしている。その理由は家族を殺されたかもしれなければ、知人がその被害にあったからかもしれない。詳しい理由は貴方のみが知るだろう。
 所属する国はマルタの騎士団と呼ばれる特殊な国である。領土を持たない国であり、国民全員が騎士団員だ。
奉仕者は主にこの国に所属しており、さまざまな国と国交を持っているため、世界各地に散らばる悪魔信奉者や悪魔を相手に日々戦っている。
そうして現在の貴方はHO2の組織『黒蜥蜴』へ幾人かの同胞と出向している身の上だ。なお、マルタ騎士団は日本に支部を置いていない。
その為日本国内では黒蜥蜴から提供された拠点を用いて活動する。黒蜥蜴は騎士団との関係性を重視している為、手厚い配慮がなされている。

NPCについて

HO1マヨヒガ関係者

鬼部(もののべ)

お雪

HO2黒蜥蜴関係者

後藤

世田谷

HO3マルタ騎士団関係者

大友

メドラウト

PC達が所属する部署について

後藤が立ち上げた『零部隊』という名称の超人達(PC達のことである)で構成された小隊。
神話事件を可及的速やかに、暴力的手段を持って解決する事を期待されて組織されている。
PC達はそれぞれの母体組織から出向してきて所属している。扱いとしては黒蜥蜴の1遊撃部隊である。
なお名称は後藤が実在する部隊(の通称)をテキトーにパクってもじって決めたものである。
如月市の中心からやや外れたビルに拠点を構えている。

探索者の作成について

〜澗凌兇蠶召3回。
↓,3回から好きなの選んで部分振り直し可能、3回まで。(この時、元の値と振りなおした値の好きなほうを選んでよい)
F吋瀬ぅ垢瞭れ替え自由。 ※EDUの 3d6+3 の3d6部分も他の3d6算出のステと入れ替え可能
せ暗整榮1回(上限21)
テ団Г鷲嬪燭任る。(3回振って1つ選べる)
λ召爐覆藺萋麁団垢盖可するがD特徴から1d10で決定する事。(3回振って1つ選べる)※HO1は「暗黒の祖先」を第二特長として強制取得
У伺従絽造錬坑垢箸垢襦
┃Г両紊如好きな技能にふれる技能値を5点配布(これで上限をこえて技能100%にして、特技を取得してもよい)
初期作成でHO1,HO3は資金20、HO2は資金50が配布される。

さらに下記の、HO毎に特殊ルールを採用する
HO1

HO1

HO2

HO2

HO3

HO3

推奨技能

推 奨:戦闘技能(HO2は銃器技能含む) 回避 
準推奨:三大技能 交渉技能

使用可能なサプリメントなど

2010 2015

CSテンプレート

テンプレート

継続PCの可・不可、条件など

不可。こちらのシリーズは特殊卓ですので、PCも専用のPCになります。

ハウスルール

全般

戦闘について

参加者について

このハウスルールを使用したシナリオ群では、基本的にキャンペーンではないためメンバーを固定しません。
またHOが被っていても問題はありません。足りないHOはNPCが埋めます。
その為、例えばHO3が3名でも特に不都合はありません。好きなHOをお選びください。

参加希望者

14回目

アヤクラムサシ
初・TLF卓。参加させていただきます。

新規HO1 情報屋の鴉魔女

小梅
よろしくおねがいします。初心者なので優しくしてください。

ナンパ騎士

ユキ
参加希望です。新規で埋まるようなら辞退しておきますヾ(:3ノシヾ)ノシ

継続HO3



過去回

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

Wiki参加者情報

どなたでも編集できます