デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-078M
ステータスHP+1100アタック+1300スピード+2000
バーストスピードそんなダセェ真似ができるか!バーストLv3
スキルガンダムへの復讐心ガンダム系MSを攻撃すると、そのラウンドのみアタック、必殺技+2000。【毎回】
※本カードの関わるバトル中のみ適用され、バトル終了後は元に戻る
背景繚乱1弾Mアスタロト
備考TK弾後半で機体だけ登場していたアスタロトのパイロットがついに参戦。
ステータス合計値は4400。「鉄血」的には鉄ギャラモード鉄華団サイドラストのガリガリの「秘めた覚悟」で、全体的にはプルトゥエルブの「偽りの憎悪」でおなじみ、攻撃相手ガンダム指定の能力アップを持つ。アタックと必殺技ゲイン、かつスピード補正2000のスピバなのを考えると突撃や闘気のような先攻時アビリティの機体がいいだろうか。もしくは変身やFXバースト・合体換装・RGシステムなどの連続必殺アビリティでもよいだろう。連続必殺アビの場合はBG5弾Pウィルフリッドや鉄血2弾Mミナ様などを隣に置く事で最低ダメージの底上げを狙うなどしたい。(アビリティによる追撃必殺中はスキルは発動しない)その他、使うにはやや頭を捻る必要があるのでお勧めしにくいが「強襲」や「滅」、追加攻撃でもスキルは発動することは覚えておきたい。
ちなみに注意点としてスキルの仕様があり、「そのラウンドのみ」と書かれているが、厳密には「このカードが搭乗した機体が関わった戦闘時のみ」で、アップしたステはのような必殺二倍組(BG3弾Pセカイ鉄2弾Pカミーユ鉄4弾PEWヒイロは除く)、BG6弾CPティエリア同弾M石動のスキルのように戦闘終了後に元に戻るため、同一ラウンド上で強襲の連続発動、電刃・狙撃系が発動した後の攻撃…という手を使っても蓄積しないという仕様が存在しているので注意したい。とはいえ、敵によってアタックや必殺が下げられても+2000の補正で打ち消しして攻撃できるのはかなりの利点といえる。最後に総括して「ガンダム系を攻撃」という条件は忘れないように。(特にミッション時)
愛機のアスタロトに乗せる場合、重量型配分の鉄5弾Pとの相性はあまりよくない(HPはPアスタロトのお陰で並み以上にあるが防御手段がボタンガードのみなのでダメージ調整が難しい)ので、本弾M版の電刃持ちか、ガンダムエースプロモの突撃持ちやVS4弾Cの速烈持ち、もしくはマルチフレームシステムで先攻系アビリティチップをセットしたアスタロトのいずれかになる。それ以外なら火力を補いながらバーストを封じるという点で戦迅持ち機体も相性が良い。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼
なし
年齢16歳(月鋼1期の第1話で5年前のシャトル事故時に11歳だったと明記)
階級なし
肩書はサーシェスのような傭兵
専用機ガンダム・アスタロト
マルチフレームシステムのガンダム・アスタロト
特記事項『月鋼』がまだ映像化されておらず、本作以外のゲームにも参戦していない
(同じく映像化されていない『センチネル』『クロスボーン』はゲームに出たことで担当声優が決まった経緯がある)ため、
今のところそもそも担当声優が決まっていない。
立場としてはウィービックブレイアザザなどに近いか。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼」の主人公。
月鋼第1期より5年前に起きたガンダム・フレーム機によるシャトル襲撃事件で、アルジと同乗していた家族が死亡し、
アルジ自身も右腕を失う深手を負った。以後は右腕を機械式の義手に変えて家族を殺したガンダムを追う。
あるとき月のアバランチコロニーでタントテンポの首領テッド・モルガトンの暗殺を引き受けるが、
それは依頼者による罠であり、アルジもテッド共々殺されそうになる。
その際にテッドの捨て身の行動で命を助けられ、テッドに仕えるヴォルコ・ウォーレンの手引きにより
ガンダム・アスタロトに搭乗し襲撃者を撃退する。
以後はテッドの娘リアリナ・モルガトンのボディーガード兼、アスタロトのパイロットとしてタントテンポに雇われの身となる。

Menu

メニュー(5/28更新・OA01)

編集にはIDが必要です