デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

本ページでは第2期の新たな姿・ルプスを記載しています。
第1形態第2形態第3形態第4形態クタン第5形態第5形態地上第6形態レクスは各ページ参照。


鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-041Pタイプアタッカー
ステータスHP 1500アタック 4300スピード 3800
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ5700コスト6MSアビリティ闘気
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考新たなバルバトスはPで登場。
ステータス合計値は9600。前々弾CPの第6と同じ速攻型配分の赤闘気と実に清々しく分かり易い使い方ができるようになっている。さらにレアリティ分のステ向上は全てアタック・必殺に費やされているため、破壊力は申し分ない。
勿論、一撃必殺が前提なので撃ち漏らさないような運用を心掛けたいところ。その点では同弾のPではなくCPの三日月を乗せる事でまさに鬼のような戦果を上げる事が出来るだろう。スピードが必要なら前弾のRでもよいか。どちらにも共通する点として開幕覚醒という点があるが、耐久性能が最悪なので先制やファンネルなどは天敵となり、うっかり撃破されてしまうとスキルが失われてしまうという点には注意したい。
それ以外のパイロットは候補に困るほど居るが、やはりスピード特化した鉄血2弾Mリディや、アシストにまわしてもクリティカルの鉄血1弾MCCAアムロ、B8弾Mキンケドゥなどが候補になってくるだろう。
TKR1-042Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2800アタック 1900スピード 1800
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ4300コスト5
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃専用パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考低レアもCで完備。
鉄1弾CP第1と同じく緑無双で登場。
ステータスもおおむねそれと同じくHP重視の振り分けをそのままCに落とし込んだものとなっている。ディフェンスバーストのパイロットを乗せてHPを半分以上残して無双を出し易くしてやろう。
TKR1-079CPタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 2300スピード 3000
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ5900コスト7MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考排出カードはCPから。
ステータス合計値は8300。下記プロモと同じ青(ガンナー)・速烈だが、こちらはきちんとしたCPである為、その分性能が一回り向上している。分かりやすい性能のほぼ上位互換P(闘気・アタックスピード共に負けている)がある為、影が薄くなりがちだが、始めたばかりの人はHPが高いこちらで撃ちもらしに備えた方がうまく戦えるはず。慣れてきたら集団攻撃にも使えるこちら、単機の火力を追求したP版、と使い分けするとよいだろう。専用機補正はないが同弾CP2期シノだとCPボーナス向上などから相性が良い。
証言者は代表的な強化人間であるフォウ・ムラサメ。アラヤシキという名前だけでシステムの恐ろしさを感じ取っており、忌々しい機械と重ねている。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-033Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2600アタック 2700スピード 1200
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ3700コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考通常排出分はCで続投。
スピードを思いっきり削った重量型配分で回避受けに特化した機体となっている。
TKR2-070CPタイプディフェンダー
ステータスHP 2900アタック 3000スピード 2800
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ5300コスト6MSアビリティ急襲+1
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考最強の三傑キャンペーンの1枚。ステータス合計値は8700。
新アビリティを引っさげて続投。ステはほぼフラットのバランスを取ったものだが、アビリティは急襲なので、あまり良くない適正も相まってスピードを高く保ちにくく、他の急襲持ちCPと違って中途半端な印象は否めないか。一応、急襲は必殺では発動しない事を利用して、適正アップパーツを付けて加速すれば少しはマシになるだろうか。しかし同じ事は同CPのストフリでも出来る為、やはり採用率は下がる。
専用パイロットのミカを乗せる場合は味方の支援が主になる前弾Pやアビリティをいかんなく発揮でき、ガンダム系搭乗条件で攻撃する時にアタック+2000するスキルを持つスピバの鉄血4弾P、阿頼耶識覚醒とコンボする覚醒時確クリスキル持ちの鉄血6弾Rなどがいるため、そちらで他の急襲持ちと違ってより総合火力重視な急襲として活躍は可能。

プロモーションカード

TPR-034C扱いプロモタイプガンナー
ステータスHP 2100アタック 1800スピード 2500
必殺技鉄血の6弾では「滑空砲」
鉄華繚乱1弾以降は「200mm砲」
4000コスト5MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃(推定)パイロット三日月・オーガス
三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考2016年8月27日・28日よりC3TOKYO2016入場者に配布され、「鉄血2期ワールドプレミア上映会」参加者に無料配布および一般配布(「鉄血」内CMで告知)。
新たなバルバトスが一足先にプロモーションカードで登場。C性能の青速烈。阿頼耶識覚醒に対応。
絵柄はメインアート(キービジュアル)であり、今までは打ち上げで使用されてきたものである。
また、バルバトスとしては初となる下位技を持ったカードでもある。
TPR-035プロモタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 2500スピード 3200
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ4600コスト5MSアビリティ決戦
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考1/144HGIBOガンダム・バルバトスルプスの初回特典として封入されるカード。鉄血弾以降のRと同様の加工がされている。
去年の第1&ミカ同様、欲しい人は早々に入手しよう。
ステータス合計値8700。決戦は発動タイミングから何も考えずに使えるのが売りであり、初心者用エントリーカードとしても十分な性能。Mレア相当のカードで一番低いアタックも決戦でカバー出来るため状況を選ばずに活躍が見込めそうだ。とはいえ初動を考えると少しアタックの高いパイロットを乗せておいたほうが勢いを付けやすいはず。
また、期間は不明だが、本カードを使用するとフレームに毎回経験値★+100ボーナスが貰える(鉄1〜2弾のフレームシステム搭載機を使用すると貰えるボーナスと同一)。鉄華繚乱1弾稼働当時に始まった経験値アップ期間で本機を使用し系統:フレームを存分に鍛えよう。なおVS弾でも変わらずボーナスは継続中。イージーミッションでも出撃させておくことでフレームMSと共に使いやすくなっていくことだろう。
TPR-045プロモタイプディフェンダー
ステータスHP 2600アタック 2800スピード 3200
必殺技ソードメイス5200コスト6MSアビリティ装甲
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考ガンダムエース2016年12月号に付属するカード。カード表面の加工は全編ホロとM相当の物となっている。
ステータス合計値は8600とM相当であるが初となる貴重な下位技を持ったバルバトスでもある(上記の先行使用可能ルプスを除く)。
スピード重視の装甲持ちではあるが、クリ型の緑装甲とプロモルシファーと同じく成長傾向とアビリティが噛み合わない機体なのでメインで起用するにはやや苦しいか。
だが、これも上記のガンプラ付録ルプス同様期間は不明だが、本カードを使用するとフレームに経験値★+100ボーナスが貰える(鉄1〜2弾のフレームシステム搭載機を使用すると貰えるボーナスと同一)。鉄華繚乱1弾稼働当時に始まった経験値アップ期間で本機を使用し系統:フレームを存分に鍛えよう
そのため、ガンプラ付属ルプスと一緒に出してやればボーナス★×200と同日ボーナスよりも遙かに多くの★が貰えるので弾稼働時のスタートダッシュキャンペーンやボーナスメダル所持時にはみっちり鍛えてやろう。そういう点では繚乱1弾CP2期昭弘を乗せるのが良いか。
このボーナスは前述のガンプラ付録プロモ決戦ルプスと同じくVS弾でも引き続き利用できるので出撃枠が空いていたら是非活用しよう。

鉄血のオルフェンズ ブースターパック

TP-001プロモタイプアタッカー
ステータスHP 3000アタック 2600スピード 2400
必殺技鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ5500コスト6
MSアビリティ不沈
無双
無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット三日月・オーガス(2期)
三日月・オーガス
三日月・オーガス&オルガ・イツカ(TKR5弾〜)
備考鉄血のオルフェンズ ブースターパック(セット1)封入。
Wアビリティ持ちのアニバーサリーレア相当カードでステータス合計値も他のANと同じく8000。
性能としては鉄6弾AN第6と似たり寄ったりのステ配分だが、アビリティ部分が闘気→不沈に変更された。コレにより、ダメージ量にもよるが、不沈が発動しても全体or単体(この機体に搭乗させる)HP回復手段を用意する事で、より確実な無双発動にこぎつけられるようになっており、劇中の「悪魔」を髣髴とさせる活躍も可能となっている。
そうでなくとも、やや高めのHPから、B5弾PアムロやBG1弾Rシーブック、さらには繚乱1弾CP昭弘のような耐久に優れたパイロットを乗せ、BAやパイロットスキルをあわせることで自前で耐久、保険にHP回復手段…という万全の体制を敷く事も出来、対人ルール戦では使い方次第だがかなりの脅威となる可能性を秘めたカードである。
無双を打ち切った後も中コスト必殺や、ほどほどのスピードから足手まといになりにくいのもポイント。とはいえ闘気が不沈に変わったことで爆発力はなく、自衛が出来る程度の戦力しか持たないのでそこをどうするかがポイントになってくるが、あまり単機の火力を追求しようとすると、無双の方がおまけになってこのカードを使う意味があまりなくなるなど、Wアビリティ持ち特有のジレンマも健在なので、そこは色々と考えてみたいところ。
弱点としては不沈も無双も封じBAがありつつ、どちらかが封じられると途端に不安定になるし、耐久できるといっても耐久性能は実HP的には並み(現在のR並み)…など、器用貧乏さは健在なため、前述の通り、乗せるパイロットはよく考えたいところである。

機体解説



※平手、腕部200mm砲、ツインメイスはこちらに付属
登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)
開発系統フレーム(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系・鉄華団系
格闘武器ソードメイス打撃
射撃武器腕部200mm砲
※通常攻撃では両手の物を同時発射
 TK6弾の間は第1〜クタンの滑空砲を使用(特記事項参照)
実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMS鉄華繚乱1弾
マルチフレームシステムで登場
特記事項阿頼耶識対応機体
C3TOKYOで配布されたカードを鉄血の6弾で使うと
今までのバルバトス(第1〜クタン)が使っている滑空砲のモーションになる。
しかし9月11日に行われたトライエイジ5周年祭での声優ステージで
サンライズの谷口廣次朗氏(鉄血スタッフの一人で企画担当)が使用した際には腕部200mm砲のモーションへと切り替わった。
恐らく鉄華繚乱1弾以降の攻撃モーション切り替えになるものと思われる。
鉄華繚乱3弾より配備ポーズが変更されており、OPなどで三日月がオルガと拳を重ね合わせるシーンを元とした左手を上げた状態に。右手役はいないが・・・

鉄華団のフラグシップ機。
エドモントンでの戦いののち
火星に帰還した鉄華団がテイワズの本拠地「歳星」にて新技術をバルバトスに施した新たな姿。
実質的にガンダム・バルバトス(第7形態)といえる。
阿頼耶識システムの再調整、腕部フレームの延長と共に、前線での戦闘を主体とする三日月用に機動性・突撃力重視の換装がなされた。

武装は一新され今まで使っていた鉄血メイス太刀の機能を統合したソードメイスが主武装。
腹の部分で「打撃」機能を持ち、刃の部分で「斬撃」と複数の攻撃方法を持ったマルチウェポンである。
※尤も作中では「切り裂く(ぶった斬る/かっ捌く)」描写はなく「叩きつける」場面が多かった
射撃武器には腕部に装備された200mm砲が外付けで装備されており、必要に応じてパージ出来るようだ。
他の武装としてはいつものメイス小型化させた代わりに2個同時に持てることが可能になったツインメイス(双撃で登場するかも)を装備している。
また、バルバトス本体の改良と同時に手首(※ガンプラ用語。人間でいう「拳」部分)自体も改良されていて
指先が爪になっており、貫手で敵機のフレームを破壊するといった非武装時でも攻撃手段を得ている
その他、旧来のバルバトスの武装も使用可能の模様。

ルプスはラテン語での意。あの機体群の得物の名と同一。
フルシティ3代目流星号と共に多数の獅電を率いて
鉄華団の戦力の中枢となり明日へ向かって歩んでゆく。

エドモントンの戦いから2年後、ハーフメタル採掘現場を襲撃した宇宙海賊「夜明けの地平線団」相手に苦戦を余儀なくされる鉄華団。
そこへ歳星から発った雪之丞のおやっさんが乗るシャトルが宇宙より降下、そこから出撃した。
前と異なり、今度は天から降りて来てサクッと賊のガルム・ロディを血祭りに上げ、鮮烈なデビューを飾った。

この頃からは鉄華団も知名度も高くメジャーな存在になっているので自然と本機にもあだ名が付けられており
鉄華団の悪魔」と言われている(初代に付けられた白い悪魔がモデルなのは言うまでもないだろう。またパイロットの三日月の方は不明ではあるが、身内からは鬼神と呼ばれている)。
後に繚乱4弾P三日月のスキル名として採用された。

ハシュマル起動騒動の際にはその対応に出撃したが、ガンダム・フレームの本能(要約するとMA絶対潰すマシーンが発動し、フルパワーになったがパイロット側の安全装置と衝突したためフルシティともども機能が停止してしまう。
しかし、あくまでも我が身を顧みない三日月の覚悟と殺る気満々のバルバトスによってハシュマルは討伐されることとなった。

その様は凄まじいとしか言いようがなく
再びハシュマルの前に立った際に三日月が再度パイロット側のリミッターを外してカメラアイが赤く発光し機体から炎を纏っていた
限界以上の力を発揮し熟練兵のジュリエッタをして目で追えない程のスピード石動が操るヘルムヴィーゲ・リンカールプス自体の丈よりも大きなヴァルキュリアバスターソードを左手一本で小枝のように軽く振り回すパワーを発揮し、機体の右腕を失うほどの損害(ちなみに作中でバルバトスが部位破損を起こしたのはこの時が最初)を出すもののなりふり構わぬ猛攻でハシュマルを撃破した。

ハシュマルは撃破したものの機体の損傷は激しく、パイロットの三日月も代償として右半身をバルバトスなしには動かせなくなる。
食事などはバルバトスにつないだ状態で行うことになり、三日月とバルバトスの一体化は確実に進んでいた。
三日月の欲する「力」にさらに対応すべく、
再度歳星に引き取られ、改修され、「王」となった。


上位演出技:鉄華戦闘機動・ウルヴスドライブ
一歩二歩と歩きからダッシュに移行した後ジャンプし上空に飛び上がり、
落下の勢いも乗せたソードメイスの一撃で相手の動きを止める。
よろめいた相手の顔面をすかさずソードメイスで相手の横っ面を引っ叩き、
トドメに大きく右回転して振り回したソードメイスで相手を殴り飛ばす。
打ち上げられた敵機は放物線を描きながら吹き飛び、爆散する。
トドメ演出では爆炎に照らされながらゆっくりとポーズを取る。
爆炎で照らすと言っても敵機の爆発ではなく
足元に出る演出の爆炎で光るので、
若干不自然な光り方となっている。

編集にはIDが必要です