デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

シャア・アズナブルの、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」における姿。
※同一人物のシャア・アズナブルキャスバル・レム・ダイクンクワトロ・バジーナシャア・アズナブル(ORIGIN)とも同時出撃可能


6弾

06-056バーストカットインイラスト
ステータスHP+700アタック+1000スピード+1400
バーストスピード行け、アクシズ!忌まわしき記憶と共に!!バーストLv3
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル赤に秘めた復讐赤いMSに搭乗すると、アタック、必殺技+500
備考5弾シークレットミッションで先んじて披露したバースト台詞を引っさげ、ネオ・ジオン総帥参戦。シャアでスピードバーストの高レアはこのカードが初である。
ステータス補正は3100と5Mアッシュに続く3000超え補正。スキルは赤いMSに乗せれば無条件でアタック・必殺を上昇させるという今までに類をみないもの。必殺+500は専用機に乗せれば合わせて+1000になり常時覚醒しているのと変わらない状態になるうえ、Z1弾での覚醒効果弱体化で大きく価値が向上した。赤いシャア専用機のみならず赤い機体(パーツページ参照)…イージスゼイドラなど、様々な機体に対応するので使い分けしていきたい。昨今は弾がかさみ、大幅に対象機体も増加しているので、色々乗せ変えてみるとよいだろう。
そしてこのカードの最大の魅力といえば、シークレットミッションと同様、さらに0弾から待ちに待ったスピードバーストという点。当時スピード補正+1400で覚醒持ちとこれまで最速の地位を守り続けてきた4Mバナージを抜きつつ、アタックと必殺の強化スキルで火力もある、と革新的なカードであった。覚醒することで圧倒的速度を誇り(機体にもよるが)まさしく異名「赤い彗星」を体現出来る性能を持つ。愛機たちもMやCPで色々と排出されているので乗せる機体にも困りにくく、まだまだ活躍出切るカードだろう。
搭乗機体はやはりファンネル持ちのサザビーが色々と都合がいいが、スピードバーストなのでバーストバトルの仕様を利用され、ファンネルを擬似的に無効化されてしまうこともままある為、Z1弾P・BG4弾Mシャアゲルググや、B5弾M・CPの武闘・双撃サザビーなども用意しておくとより活躍の場が増えるだろう。またBG3弾MアメイジングレッドウォーリアやB3弾Mザクアメイジングあたりの高速突撃機体も候補に上がる。
06-057
ステータスHP+800アタック+800スピード+700
バーストディフェンス似過ぎた者同士は憎み合うという事さ。バーストLv1
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル長としてのカリスマラウンド2からずっと仲間全員のアタック+400
備考シャアの4つ目の姿、Cではディフェンスでの登場。当然覚醒完備。
3Mウルフ・5Rクワトロが所持したラウンド2指定全体アタック補正スキルをCで持つのはさすが総帥といった所か。ディフェンスバーストとSPパック2版・4Mクワトロを踏襲した火力偏重型。

ジオンの興亡1弾(Z1弾)

Z1-053C
ステータスHP+1000アタック+900スピード+500
バーストディフェンス地球が持たん時が来ているのだ!バーストLv1
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル熟練の指揮ラウンド2からずっと仲間全員のアタック+400
備考ディフェンスバースト・Cで続投。
前弾の平坦配分から、HP・アタックに偏向気味になり、名称は違うが効果は前弾Cと同様のスキルを所持する…と前弾Cよりファンネル持ちとのかみ合わせがよい。
それ以外でもZ1弾Rシャアザク・シャアゲルググあたりに乗せるとかみ合いがよくなるはず。

ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-055C
ステータスHP+700アタック+700スピード+1100
バーストディフェンスこれでは道化だよ・・・バーストLv1
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキルテクニカルな一撃アシストをした時、敵の防御力をずっとダウンさせる 【毎回】
備考またディフェンスバーストのCで登場。アシストスキルを持っておりスピード補正があるので援護役か。

BUILD MS1弾(B1弾)

B1-052R
ステータスHP+1000アタック+1600スピード+300
バーストディフェンスそれでこそ私のライバルだ!バーストLv2
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル純粋な情熱アタッカータイプのMSに搭乗すると、ずっとアタック+800
備考アムロと同様Rでの排出となり、双方とも補正総合値は仲良く?2900、しかしこちらは例外なしのレベル2バースト。
スキルは、本弾で復活したバトルタイプ無条件…アタッカー限定での能力向上により、アタックを+2400と基礎能力をP並みに引き上げる。ただし、落されると効果が無くなるのでその点は留意しよう。
アタッカー無条件の能力上昇+ディフェンスバーストというと無印2弾Rフロンタルが真っ先に思い出されるか。あちらは向上分も含めスピード重視だったが、こちらはスピード補正が最低クラスである。
その他、専用機であるサザビーに乗せたいところなのだが、レア以上のサザビーでアタッカーは唯一P版のみ・・・とB1弾の時点では選択肢が少なかったがB8弾でCPも排出され、CPボーナスによるアタック強化とファンネルの火力向上に活用したいところ。
B2弾では双撃持ちアタッカーのMレアとして排出。低いスピードをディフェンスバーストで補いつつ高いアタックをさらに伸ばすことができるが、SPライバルバナージ・リンクス(階級:総司令)の僚機として出現した際、突撃+バースト封じか追加ダメージで簡単に撃破できることから、あまりおすすめできない。使うなら、突撃封印は必要。またB5弾CP1が上位互換として存在する。
また、ディフェバ持ちの全シャア(ファースト・CCA含む)中でも屈指のアタック補正を持つので、B弾までで台頭してきた高火力ファンネル持ちの同業者達に釘もさせる、(逆にそちらに乗せるのもあり。代表としてはZ4弾CPクシャトリヤなどか?)あと低いスピードはファンネルで補え、機体の成長傾向からくる耐久力の不安をLv2ながらバーストでカバーし、上手く覚醒に持ち込めれば最終ラウンドで超高威力のアシスト必殺という流れが思いつく。
あとはスピードはあきらめ、Z1弾Rジオングで耐久型に、Z4弾Rパーフェクトジオングならば電刃の威力アップなどで、スキルを活かしつつ耐久力を上げる方が吉か。バースト封じや先攻系に対抗するならB3弾Cサザビーが先制持ちの赤(アタッカー)なので考えてもいいだろう。
専用機にこだわらず、アタッカーにどんどん乗せて攻防を両立させたい。赤色つながりで、イージスガンダムや同弾Mアストレイ・レッドフレームなどもよい。
また、高いアタックとHPを活かして逆襲や烈破等に乗せるのもアリ。サザビーはB4弾Rが赤の逆襲持ちだし、ディガンマ・アジールはビルドMSが赤の逆襲持ちで使いやすい。烈破は専用補正こそ入らないがBG4弾Rアメイジングレッド等はイメージに合いそうだ。また、BG5弾Rでいよいよサザビーが登場した。
SPライバルでの登場時で見せたディガンマ・アジールとの組み合わせは苦戦を強いられた人も居るはずなので、アタックダウンBAやスキルを入れておいて使うと言うのもありだろう。

BUILD MS2弾(B2弾)

B2-051C
ステータスHP+800アタック+900スピード+800
バーストスピード近くにいるのならこの私を感じてみろ!バーストLv1
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル熟練の指揮ラウンド2からずっと仲間全員のアタック+400
備考3度同能力の指揮スキル持ちで登場。今までとは違いバーストはスピード、穴のないステータスを持つ。

BUILD MS4弾(B4弾)

B4-046C
ステータスHP+600アタック+1300スピード+700
バーストディフェンス行け、 アクシズ !忌まわしき記憶と共に ! !バーストLv1
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル孤独なる、その決意単機でロックオンした時、そのラウンドのみ必殺技+800 【毎回】
備考赤い仮面の後輩が持っていた必殺技強化スキル持ちでの登場。
専用機補正と覚醒を合わせれば必殺技+2300にまで達する。

BUILD MS5弾(B5弾)

B5-054M
ステータスHP+600アタック+2000スピード+1000
バーストアタック貴様がいなければ!!バーストLv3
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
スキル粛清への決意ラウンド1にGパワー+2、ずっとアタック+500
備考シャアとしては久しぶりの高レア化はM、アタックバースト。補正値3600という高い値が時代の経過を感じさせる。
スキルはZ4弾Pバナージの下位互換ではあるがGパワーゲインには変わりなく、1ターンからアタック上昇…という全機体無条件スキルであるため、本来ステータス合計は4100となり、なんと同弾P2人をも上回る。重視するステータスも違うので使い分けはできる。「ラウンド1のGパワーゲイン+α」のスキルを持つパイロットとしてはようやく登場した3枚目(5弾Pキオ&ジジット、先述のバナージ)のパイロットでもあり、専用機でありながら赤い機体ではないジオングパオングディガンマに心置きなく乗せることができる高レアシャア、というのも密かな利点である。
次弾ではGパワー+3を持ち、スピードと必殺向上で短期決戦向けのイオリ・セイ&レイジも登場したが、こちらは専用機補正の多さなど、違った魅力があるので、早々に切り捨てるのは早計だろう。
また、鉄1弾より覚醒こそないが単機で加速するスキルを持つ異世界の自分が新たなライバルといえそうだ。

BUILD G2弾(BG2弾)

BG2-048C
ステータスHP+1000アタック+800スピード+800
バーストディフェンス似すぎた者同士は憎み合うという事さ。バーストLv2
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル逆襲の牙HPが半分以下になると、ずっとアタック・必殺技+500【1回限り】
備考CCAアムロと揃ってB5弾以来の排出。
例外バーストにピンチをチャンスに変える火力向上スキル持ち。ディフェンスバーストなのでHP調整もやりやすいが、ディフェンスバーストゆえに最後はアシストに回すのが一番だろうか。メインで使いたいならスピードの高い機体を用意しよう。サザビーならB5弾CPの2枚がどちらもフットワークがよいのでお勧め。

鉄血の1弾(TK1弾)

TK1-051P
ステータスHP+1500アタック+2200スピード+800
バーストディフェンスしかし・・・これはナンセンスだ!バーストLv3
パイロットアビリティニュータイプHPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキルネオ・ジオン総帥ステージが宇宙の時、相手全員のディフェンスバーストを封じる。
背景鉄1弾Mサザビー
備考稼働に先行して開示、SEC機体に合わせてCCAシャアが初のPで登場、本弾はシャアが2人高レア排出となった。ステータス合計4500。
Pではシン以来3枚目のディフェンスバーストにしてこれでCCAシャアにも高レアで3種のバーストが揃った。これはライバルも達成していないことである。またバージョン別を含めることで全てP以上かつバースト別で3枚同時出撃が出来るのはシャアのみであり、まさに偉業と言えるだろう。
ステはこれまでのCCAシャアに見られたアタック重視のステ様相で目新しさは無いが、そうなると当然目玉となるのはパイロットスキルで、その効果はなんと、戦場指定のディフェンスバースト永続封印。場所が固定のミッションならともかくディフェンス主体の対戦ルールでは相手の計略を崩せる強力なスキルではあるが、PとしてはB8弾Pシーブック以上に場を選ぶ。他の戦場に出して「パイロットスキルが死ぬ! 何ィ!?」にならないように。その為、宇宙以外の戦場に出すこと自体(宇宙スタートのステージチェンジの移動先を除く)ナンセンスであると言わざるを得ない。それでもディフェバのCCAシャアを使いたいというなら素直にB1弾のR(ただし赤指定という条件があるが)などを頼るのがよいだろう。
スキルの発動方式はビルドアクションと同じ1回判定での永久封印。その為一度封じれば地形変更が行われても封印されたままだが、対戦やネットワークモードでは封じた相手を撃破すると封印解除されるので使用の際は注意したい所である。
本ゲームに於いて、このバースト台詞はU.C.ミッション(ジオンサイド)でプレイヤー側のMSが追加攻撃で瀕死にされたり、敵の攻撃でHPを0にされたときにも言われているセリフ(アムロの場合は「もう持たない!」)でもあったりするのは古参や「SP」経験者でも思い当たるものがあるのではないだろうか。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(小説版)
池田秀一
本ゲームではU.C.ミッションB5弾のミッション(一部)のナビゲーターを担当している。
年齢33歳
階級大佐/総帥
専用機サザビー
ナイチンゲール
ザクII(シャア専用機)
ズゴック(シャア専用機)
ゲルググ(シャア専用機)
ジオング
パーフェクト・ジオング
シャア専用ザクII(ORIGIN)
ディガンマ・アジール
百式には専用補正が入らない。
特記事項別バージョンパイロットあり
1stキャスバルORIGIN
クワトロとは専用機は別

宇宙世紀0092年12月、新生ネオ・ジオンの総帥シャア・アズナブル(小説ではシャア・ダイクンとも名乗っている)として再び姿を現し、幾度にも渡る戦争を経験しながら、旧態依然としてスペースノイドに弾圧を続ける地球人類の粛正を決意する。ジオン・ダイクンの遺児にして旧ジオンのエース「赤い彗星」でもあった名声を利用し、旧ネオ・ジオン軍の残党や、ナナイ・ミゲル、ギュネイ・ガス等の優秀な士官を糾合、小規模であるが精鋭ともいえる戦力を保持する。そして、しばらく戦火から遠ざかっていた連邦政府に対し、自らの艦艇をもって地球圏にスウィート・ウォーターの占拠を宣言する。
宇宙世紀0093年2月末、テレビのインタビューで連邦政府に事実上の宣戦布告をする。

同年3月、艦隊を率いてスウィート・ウォーターを出発。アムロ・レイやブライト・ノアが所属する連邦軍・外郭新興部隊「ロンド・ベル」の抵抗に遭うものの、自らモビルスーツ・サザビーで出撃し、小惑星5thルナを連邦軍本部所在地であるチベットのラサに落下させることに成功する。
その後、サイド1のロンデニオンにて連邦軍高官アデナウアー・パラヤと、武装解除を条件にアクシズを譲り受けるという偽の和平交渉を行うと、直ちにルナツーを強襲し配備されていた核兵器を奪取。そして、地球に核の冬をもたらすべく、地球へのアクシズ落としを決行する。アクシズを守るため、自分を慕うクェス・パラヤも戦わせるなどロンド・ベルと必死の激戦を繰り広げる。

宇宙世紀0093年3月12日、νガンダムを駆るアムロと最後の決着をつけるべくサザビーで戦うが敗れる。その際、脱出ポッドを捕まえられ、アクシズの落下を抑えるアムロと共にサイコフレームの光の中に消えていく。そしてアクシズは軌道を変え、作戦は失敗に終わる。その後の二人の行方は一切不明とされている。

(余談だが本編でのこの人のセリフの所為でロリコン疑惑が浮上してしまい、それ以降多くの二次作品(ガンダム系ゲームのアンソロ集とかハイブリとか)などでロリコンとして書かれるようになってしまった。風評被害ともとれるが、あながち間違いでもないところが困りどころである。)

後、シャア・アズナブル役の池田秀一さんはガンダムSEED DESTINYで ギルバート・デュランダル役を演じている。中の人が中の人だけに最終決戦では赤くて3倍早いMSに乗って戦うに違いない、と噂されたが結局彼は最後までMSとかに乗って戦う事は無かった。

どなたでも編集できます