デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


鉄華繚乱5弾(TKR5弾)

TKR5-016Pタイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 2200スピード 4500
必殺技ポータル・スターリー7200コスト8MSアビリティ決戦
適性宇宙★地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットソル・リューネ・ランジュ&セレーネ・マクグリフ
ソル・リューネ・ランジュ(NEWSPパック02〜)
備考黒き刺客と対になる白き星が参戦。ステータス合計値は9700。
スピード特化の決戦持ちと言えば繚乱1弾Mグフカスがあるが、あちらのアタックをHPと入れ替え、レアリティ分のステはアタックにつぎ込んであるのだが、決戦持ちでは殆どテンプレと化している配分なので、見慣れている人も多いだろう。いつもの通り、決戦でアタックがアップするといっても上昇量的には心もとない為、ややアタックに秀でたパイロットを乗せて初手で勢いを付けてやりたいところ。
必殺は7200・8コスと取り回しが悪い(が、約1年4カ月前は9コスだったので多少はマシではあるが)ので、コストダウンパーツを用意したいところだが、ビルドアクションやパイロットスキルを使うという手もあるので、好みの方法をとりたい。
適正は宇宙探査機体という設定を汲んで宇宙★だがそれ以外は宇宙が上がった分水中を下げた標準のガンダム型のような感じとなっている。前述の必殺のコストを気にするなら適正★で汎用スピードアップパーツとして付けやすい全適正+パーツをつける必要が無くなってコストダウンパーツを付けやすくなる宇宙でのみ運用すると無駄がなくなるだろう。とはいえ、本当に宇宙以外の適正が低いデンドロビウムや、ミーティア装備、ネオングよりは高い適性を持ち、適正が▲以下の場所でのスピードダウンも高いスピードである程度ごまかせるので、そこまで神経質になる必要も無いかもしれない。よく見てみると、宇宙適正を★にした一部のシャア専用機と同じなのだが。
その他、新系統であるD.S.S.Dかつ、その構成機がこの機体しかないため、機体Lv上げがしにくいという問題点も存在するが、コレばかりは個人の財政事情と運によりけり(最悪ショップでシングル買い)なので、ここでは取り上げない。入手できれば、アビリティが基礎火力向上の決戦かつ、スピードが高いステ配分である事から、使い勝手はそれなりで、赤無双一枚で参戦した誰かさんの系統よりは育成難易度は優しいといえる。
パイロットだが、専用パイロットのソル&セレーネは長所に尖りスキルによって先攻が取りやすくなるが、短所のアタックの低さは決戦+アタックバースト+クリティカルスキル頼りとなるし、Pレアなので運が良くないと引き当てられないという欠点が存在する。それ以外だと、アタックとスピードの互いの短所を補い合い、ソル&セレーネ以上の火力を引き出せるB5弾Mマフティーが存在する。古いカードではあるものの、ハイスコアでは定番のカードなので何とか探し出して手に入れてもらいたい。さらに次弾Mクリスはさらに使いやすくなっているのでお勧めである。
アタックの強化はほどほどでしかないが、他に受けに強い定番のBG6弾CPティエリア繚乱1弾M石動もありだろうか。

VS IGNITION 04(VS4弾)

VS4-026Mタイプガンナー
ステータスHP 1000アタック 4000スピード 4300
必殺技ポータル・スターリー6600コスト7MSアビリティ突撃
適性宇宙★地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットソル・リューネ・ランジュ&セレーネ・マクグリフ
ソル・リューネ・ランジュ
備考SEED特集弾もあり、星の扉M落ち。ステータス合計値は9300。
ステータスは同弾M青枠と同じ速攻型配分の青凸機。ある意味、イメージにピッタリな振り分けとなっており、非常に「わかりやすい」使い道を示しているが、VS1弾PザクIII改と同様先の2機に比べて成長傾向が足を引っ張っており、レアリティ差があるとはいえクリティカル時の総火力に今一歩劣ることも。弱点は1ラウンド限りではあるが必殺強襲IGNでカバーしてやろう。
同弾Rソルセレだと、スピードバーストで突撃を活かしやすくクリティカル無効スキルで撃ちもらしでも対処できるものの、もう一つのスキルがアシストスキルなので相性はイマイチ。初出の繚乱5弾P版だとスピードにとがった性能になり、火力面は先攻クリ確+アタックバーストで補えるので相性はそれなりに良いが、過去弾かつPなので構築難易度が高いのが難点か。
同弾内だと、スピードバーストは高レアに多く、唯一まともに使える低レアはCデルマしかない。

プロモーションカード

VPR-027プロモタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 3600スピード 2600
必殺技ポータル・スターリー5500コスト6MSアビリティ反撃
適性宇宙★地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットソル・リューネ・ランジュ&セレーネ・マクグリフ
ソル・リューネ・ランジュ(NEWSPパック02〜)
備考NEWSPカードパックに収録。ステータス合計値は9200。
HPとアタックが高いステータスでアビリティは反撃。いわゆる受けに適したステータスとなっている。

機体解説


※商標上の理由でガンダムと銘打っているが、作中ではカード名に倣いあくまで「スターゲイザー」である。
登場作品機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
開発系統D.S.S.D(成長傾向:防御力重視型)
その他特殊系統ガンダム系
専用OS(この機体の場合は自立運用用のAI)の頭文字を繋げてガンダムと読めるなどの
種系ガンダムタイプ共通設定は用意されている。
格闘武器鉄拳打撃
射撃武器ビームガン KSM71/J
本編で携帯していた。
シビリアンアストレイDSSD機の得物
ビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
ビルドMS鉄華繚乱5弾
特記事項

D.S.S.D(深宇宙探査開発機構)が開発した宇宙探査用MS。
劇中では当初、型式番号から「401(ヨンマルイチ)」と呼ばれていたが、
劇中2話のラストでヴォワチュール・リュミエールの起動試験に立ち会ったソル・リューネ・ランジュにより「星を見る者」の意でスターゲイザーと命名された。
また、SEEDシリーズお約束のG.U.N.D.A.MOSは「Guider UNmanned Deployment Autonomic Manipulation(無人・自律運用展開教導機)」という意味が込められている。
有人では困難な火星軌道以遠の太陽系宙域の探査・開発を目的とした機体のため、
ナノマシンによる長期間のメンテナンスフリーを実現搭載。
同様の理由で、無人運用のため専用の高性能AIによる高度な自律性を備えている。
例えは乱暴になるが、(目的はともかく)『鉄血』に登場したモビルアーマー・ハシュマルを非武装化して世のため人のために宇宙の彼方へ飛ばすようなものである。こちらにはプルーマの様な付帯となる子機はいないが。

が、そのAIには操縦データをフィードバックさせて経験値を積む必要がある…
つまり、有人操縦をやってみせる事で機体の動かし方をAIに教えてやる必要があるため、
AIを内蔵する胸部ブロックはメインパイロット及びオペレーター用の複座シートを
内蔵するコクピットユニットへと換装することで、有人での運用も可能。

劇中では自立運用に必要なデータの蓄積に必要な時間が最低10000時間とセレーネから言及されている。
(1年と2ヶ月=本ゲームで例えるならば7弾分ほど)

背部には、巨大なリング状の惑星間推進システムヴォワチュール・リュミエール(VL)を装備している。
フランス語で「光り輝ける運び手」を意味するこの惑星間スラスターは他のシステムで言えばソーラーセイルとほぼ同様のもので、
太陽より高速で放出される太陽風をリング周囲に展開した微細な量子の膜で受け止め、
特殊なエネルギー変換を経て推進力とし、広大な太陽系の航行を可能とする。
これを起動すると機体各部の黒いスリットが繚乱5弾Pのカードイラストよろしく金色に輝く。
本ゲームでも射撃攻撃時に加速→射撃となるのだが、加速のときのみ金色となり攻撃時はスリットが黒くなるという芸コマな点も。
リングは左右の多重関節アームによって支持され、自在なコントロールが可能。
基本的に円形だが、通常のスラスター噴射を行う場合はリングを2つに分解して行う。
本ゲーム中では出撃時(アムロの「行きまぁーす!」の所)のみ見られる。
理論上は推進剤を消費することなく無限に加速を得られるシステムである。
システム稼働時には機体周囲に複数発生する光輪のような発光現象を伴う。
この光輪は周囲空間へのエネルギー干渉の際発生し、接触した物体にダメージを与える機能を持つ。
この発光現象は副産物ではあるものの有事のときの機体の保険としてD.S.S.Dに認知されている。

VLは本機だけではなく、ザフトとファクトリーがそれぞれ開発した
デスティニーガンダムストライクフリーダムガンダムにも同名の近縁種的システムの存在がある。

携帯武装はシビリアンアストレイから拝借したビームガンKSM71/Jのみ。
元々が非戦闘用MSなので止む無しである。
武装の少なさを補完する・ゲーム的妙味を出すためなのか、
連合VSZAFT僑丕味妝咾鮖呂瓩箸垢訛焦淆里遼楜‖里参戦しているゲームでは
前述のVLのビームの形に指向性を持たせたボール・ド・リューヌ(球状・前者のみ)と
オラージュ・ド・リューヌ(楕円の輪)の技が追加されたほか、
オリジナル武装として遠隔操作式の機雷フラッシュマイン(連ザ内では核爆発と同等の威力・演出が発生)や
ビームシールドが設定されている。
また、他作品のとある機体は作業時に隕石等といった
デブリから身を守るためにビームシールドを装備しているので本機が普通に装備していてもおかしくはない。

第3話では地球連合軍の特殊部隊・ファントムペインが本機の接収を目論んだ(本機のAIが目的であり最終的には機械による無作為な殺戮を行おうとしていた模様)が、D.S.S.D側がこれを拒否、
武力による襲撃を受けたため、緊急出撃。
パワーセルが動力になっているほか(本編での、「Nジャマーキャンセラーが効いているわ。パワーセルしか使えないわよ」と核エンジンが使える状況下なのにパワーセルしか使えないと、セリフがおかしなことになっている)、基本スペックが高いだけでなく、
ボール・ド・リューヌで多数のスローターダガーを輪切りにしており
皮肉にも兵器としての完成度も高かったことを証明している。

最終的には敵の生き残りのエリート機を掴んで地球と近世の挟間に飛んで行き、ステーションは危機を回避した。
宇宙の彼方あった本機と残ったセレーネは敵パイロットと交流後共に生き延びるために、残されたストライクノワールのエネルギーを取って地球圏へと帰還した。



BFの世界では若いころのレディ・カワグチ(本人は否定)が本機を使用し
ホシノ・フミナをガンプラバトルにのめり込ませる一因になっている。
また、レディ自身はデルタ系列機とのミキシングで
ルナゲイザーガンダムを製作している。


上位演出技:ポータル・スターリー
VLを最大出力で稼働させて(この時、劇中でもあったように逆光で機体が陰になる)加速し
ボール・ド・リューヌを複数展開・射出。
それぞれを敵機へ衝突させた際に少しだけリューヌを貫通させて
リューヌの内側へ相手を閉じ込め、
敵機の周囲でリューヌをフラフープのように高速回転させる。
リューヌの内側の刃で何重にも切り刻んだ後、再度リューヌを貫通させて敵機を爆散させる。
トドメ演出なし。

技名の由来は入口・門の意味をもつ「ポータル」と、星空の意味をもつ「スターリー」から、エンディングテーマである「星の扉」からとられていると思われる。

編集にはIDが必要です