デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。



鉄血の6弾(TK6弾)

TK6-027Pタイプディフェンダー
ステータスHP 3800アタック 3600スピード 2000
必殺技月光蝶である!!6800コスト8MSアビリティ分離
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットギム・ギンガナム
備考∀のお兄さんは当然のPで堂々出撃。ただしこちらは非ガンダム系である。
本機の分離はかつて視聴者の度肝を抜いた全身分割によるオールレンジ攻撃であり、必見。
ステータス合計値は9400。性能としては緑Pの分離持ちということで、ステ配分からも同業者であるB8弾Pヴィクトリーと運用方法が被ってくるが、得意な地形が異なる+必殺のコスト帯が異なると、微妙に使い勝手が違うため、使い分けが出来るようになっている。とはいえ、アタックがさほど変わらずに必殺コストが増大しているため、中程度の必殺コストで小回りの効くVガンダムの方が使い勝手がいい場合の方が多そうなのが玉に瑕ではある。うまく使うには細かな違いである限界突破ボーナス(こちらはHP+)や成長傾向などをフル活用する必要があるだろう。
ちなみにスピードもVガンダムと一緒で程々にあるが、天敵である共鳴アタックにはこのカードの2倍のスピードを持つBG6弾Mデスコーンがいるため、そちらが出て来る事を予想できるならスピードバースト持ち(補正値+2000以上推奨)を載せて一矢報いる事が出来るかもしれない。
パイロット候補としてはまず専用パイロットのギンガナム…と行きたいが、スピード補正が低すぎるため、闘気や突撃は勿論、果ては共鳴アタックで分離を封じられて何も出来ずに封殺…という可能性があるが、ソレは対人ルール戦に限った話なので、ミッションで思う存分暴れさせてやろう。その際はやはり高い必殺コストを下げて必殺を撃ちやすくしてやると活躍の幅が広がるはず。スキルは敵にディフェバがいないと空振りに終わるが、近頃は超高スピードのディフェバの隊長機(例:「オルフェンズの涙」のグレイズ・アイン)というのも珍しくないため、それらへの一撃目を補助出来るのは評価できる。
他のパイロットなら壁アムロのようなHP補正の高いスピバを使って耐久性を高めながらも機動性を持たせるか、壁シーブックなどで固めてしまうかなど、方向性にあわせたパイロットをチョイスしたい。

鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-028Mタイプガンナー
ステータスHP 4300アタック 2800スピード 1600
必殺技月光蝶である!!5500コスト6MSアビリティ烈破
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロットギム・ギンガナム
備考新シリーズでは順当にM落ち。
昨今ではライバル機体のレア落ちは先送りにされやすい中では中々の高待遇と言える。(MどころかRやCが出るのも2弾以上先だったりする機体も多々)
ステータス合計値は8700。アビリティは烈破で、アビリティ運用を意識した高HP低スピードとなっていて、HPはまたしても最大値を更新。同業者で似たステ配分の前弾MEWエピオンと比較すると、HPは勝るが、アタックとスピードで劣る(烈破持ちはスピードは高い方が不利)ものの、数値上の必殺威力はこちらの方が高い為、総合的にはどっこいどっこいといったところだろうか。しかし成長傾向まで含めると火力のエピオン、耐久性のこちら…と住み分けが出来、多少高いスピードはGオーダーの防御フィールド展開などでわざと下げるなどして対応したい。
その他、ガンナーで初めて重量型配分の烈破持ちのため、アビリティを存分に有効活用できるカードとなった(他の青烈破は無駄にスピードが高いのでアシストカットからの発動が主となっていたため)。
乗り手は「その手のパイロット」が数多いるが、HPが高く、アビリティ不発でもスキルで確実にダメージアップの取れるBG4弾Mディアッカがお薦め。能力操作などで敵の攻撃能力を弄ってから仕掛ければ生存性を取りつつ戦果が挙げられそうだ。

鉄華繚乱4弾(TKR4弾)

TKR4-011Cタイプアタッカー
ステータスHP 1500アタック 3000スピード 2000
必殺技月光蝶である!!4600コスト6MSアビリティ分離
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットギム・ギンガナム
備考∀のお兄さん、月光蝶諸共Rを飛ばしてC落ち。
分離持ちとしてはHPが低いので、保険程度にしておくのが無難か。

VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-024Cタイプアタッカー
ステータスHP 2200アタック 2300スピード 2300
必殺技月光蝶である!!5000コスト6
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットギム・ギンガナム
備考無双持ちで再登場。

機体解説


登場作品∀ガンダム
開発系統ターンタイプ(成長傾向:防御力重視型)
その他特殊系統
格闘武器溶断破砕マニュピレーター
※ビーム・サーベルとして使用する
打撃
射撃武器バズーカ
※通常攻撃では開始時に頭部がどアップで映ってツインアイが光る
実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
分離ブラディ・シージ
※アビリティ発動時、五体を分離して爆風の中から飛び出す
 ↓
 それぞれのパーツからビームで攻撃後、電撃攻撃で束縛
 ↓
 合体して離脱
検証待ち
ビルドMSTK6弾バトルアリーナのゲストチャレンジャーから入手可能)
特記事項∀ガンダムと同じターンタイプの機体で、証言でガンダムと書かれているが、
お兄さんの方はガンダム系としては扱われない

ターンタイプの1機。
その昔
外宇宙へと飛び立った者たちが建造して地球に送ったものとも、
「地球圏が持たん時が来ているの」でいったん文明をリセットする派閥と「人間の知恵はそんなもんだって乗り越えられる」と人の英知で地球圏を救おうとする派閥の作った∀ガンダムと戦ったとも
されている。
いずれにせよ、∀によって胸部の傷が付けられたものとされている。
その戦いの後は月のマウンテンサイクルで眠りについていたが、ギム・ギンガナム一派によって発掘され、ギンガナム艦隊の首魁であるギム・ギンガナムが座乗している。

頭部を始め、全身を分離させられる構造を持っており、頭部パーツでコックピットも兼ねたXトップを起点にオールレンジ攻撃を得意としているほか、
溶断破砕マニュピレーター"シャイニングフィンガー"、バズーカ、ビームガン、背部ウェポンプラットホームのキャラバスなど様々な武装を持ち、
ターンタイプ特有の月光蝶も装備している。
本機の月光蝶は∀のものを解析して搭載されたものらしいが、その真偽は不明。

しかし∀同様、発掘されたばかりで本来の性能を発揮できておらず、
20%しかその性能を発揮できていないらしい。

それでも圧倒的な戦闘能力を発揮し、ギンガナムの高い適応能力と相まって鬼神の如き強さを見せつけた。
物語終盤の∀との一騎討ちでは、戦いの中で両機とも月光蝶を発動、激闘の末に相討ちとなり、光の繭の中に包まれていった。

ちなみにデザインコンセプトはジオングを踏襲しているらしく、本機をデザインしたシド・ミードお気に入りの機体でもある。



上位演出技:月光蝶である!
演出開始と共に上空へ舞い上がり、月光蝶を展開。
そして溶断破砕マニピュレーターからサーベルを発振して相手の頭上へ突進。(近付いても勢いを緩めずに通り過ぎる)
そのすれ違いざまにサーベルで相手を切り払い、直後に月光蝶へ巻き込んで攻撃する。
トドメ演出はなし。

ガードタイミングは月光蝶に巻き込まれてから唐突に発生するうえ、
演出の時間も短いので受ける際には要注意。

編集にはIDが必要です