デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-053バーストカットインイラストM
ステータスHP+2600アタック+1400スピード+400
バーストディフェンス最後まで望みを捨てない・・・バーストLv3
スキル完璧なパイロット後攻の時、ずっと相手のアビリティを封じる。【毎回】
パイロットアビリティゼロシステムゼロシステムを搭載した機体(VS2弾以降のカードのみ)に搭乗したときに覚醒。
必殺技+500、ハイパーバースト追加
絆カウンターカトル・ラバーバ・ウィナー黒カトルは不可)をパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
背景VS2弾Pヘビーアームズ改
備考W勢ぞろい弾にて、新たな覚醒をひっさげて正式参戦。ステータス合計値は4400。
HPの高いディフェンスバーストとディフェンスバーストの高レアとしては使いやすい物となっている。スピードが低く、先制&迅雷持ち機に搭乗させたくなるが、スキルは「後攻の時」条件で組ませにくい為、復活系を筆頭に逆襲や決戦、共鳴ディフェンス(特にSDネタを使うなら闘士ZZがトロワに転生したことから繚乱3弾P強化型ZZ)が無難。期間限定で開発できる専用機のビルドMS版は、初期が不沈、2回目の追加アビリティで逆襲が使えるようになるし、HPもかなり高いので、開発できたなら組ませるのもありだろう。
パイロットスキルは、後攻の時にアビリティ封印。しかも初の「ずっと」なので、封印相手が撃破されるまで効果が持続する。
発動タイミングは「後攻でトロワの攻撃時」なので、速烈などをはじめとする先攻系アビリティは攻撃を一回受けきるか反撃系で避ける事が必要とされる。また、閃烈は不発か反撃系でよけるかしないと攻撃することなくスキルも発動できず腐ってしまい、戦迅は頼みの綱であるディフェンスバーストを封じて殴られるため、殴り殺される可能性がある…と、どちらも天敵の部類となる。狙うならミッションで使用したほうが安全か?
またファンネル・フルドライブ・先制・迅雷も発動した場合、強制的にこちらが後攻になるため、こちらが生存して攻撃できれば封印可能。不発した場合も普通にスピードバトルで負ければ役目は果たせる。対人戦ではこちらが攻撃フェイズの場合ファンネルやフルドラ持ちにアシストカットさせるの定石だが、トロワにアシストさせる→アシカットさせることでアビリティを出すことなく安定して封印が出来る。
反撃系アビリティは発動直前に先に封印するかたちになるので安全に攻撃を通せるようになる為、ミッションでもラウンド2辺りに仕掛けておけば役に立つだろう。
その他のアビリティで注意なのは後攻になることから先に出されて役目を果たされてしまうトライブレイズあたりには注意が必要だろう。強襲・滅持ちにはアタックダウンなどを仕掛けて積極的に仕掛けることで封印を促し、相手の戦術を破綻させられるが、定番のBG6弾CPティエリアなどが乗っている場合、防御0での攻撃を耐えないといけないので搭乗機の状態はよく確認したい。
また、相手が速烈等と相性の良い鉄6弾Mロラン繚乱2弾Mアスランだとこちらのスキルが封印され、相手のアビリティは封印されないので、防御フェイズで狙われたら諦めたほうがいいだろう。
スキルの応用として烈破持ちに乗せて復活系の相手にぶつけて後攻を取ればアビリティを封じた上で強力な攻撃を叩き込む・・・擬似的な共鳴アタックとなるが、トロワ自身は単なるディフェバな上にお馴染みのティエリアや前弾Pコウと違って火力にブーストを掛けるスキルがないので火力面に於いては彼らに劣る点は留意しよう。
それ以外でも反撃系ももれなく封印できるので逆襲(同弾Mエピオン)や決戦(背景のヘビ改)の様な火力補填のできる機体に乗せてやろう。
他に烈破の違った使い方として、コンプリートモード(機動戦士ガンダム00−2nd−編)の「再生」と「trust you」に登場する2段階タイプの敵隊長機の撃破に関してはリボガン/ライザーの時点でスキルによるアビリティ封印→撃破敵隊長機変異→分離モーションで現れるアビリティの封じられたオー/R2が出現・・・という流れになっているので、大詰めが楽になる。
さらに、ボスアビリティの封印も可能でアビリティレベルのない撃滅も封じれるので反射神経に自信のないコマンダーもこれで大丈夫
TV本編の序盤からなにかと交流のあったカトルとの絆カウンターを所持する。発動はいつもどおりまちまちである為、過度な期待は禁物。また、鉄血4弾Rの暴走時版とは組めないので注意。原作では交戦相手なので当たり前ではあるが。

キャラクター解説

登場作品新機動戦記ガンダムW
中原茂
年齢不詳(推定15-16歳)
階級なし
専用機ガンダムヘビーアームズ
ガンダムヘビーアームズ改
ガンダムヘビーアームズ(EW版)/ガンダムヘビーアームズ アーリータイプ
ガンダムヘビーアームズ改(EW版)/ガンダムヘビーアームズカスタム
ウイングガンダムリーオーへの専用補正が入るかは検証要
特記事項

地球圏統一連合(以下連合)に反目するコロニー居住者たちから送り出されたガンダムのパイロットの一人。
元々は、名無しの傭兵及びメカニックだったが、オペレーション・メテオでの降下の際、トロワ・バートンを名乗るようになる。
※エンドレスワルツで語られているが、トロワ・バートンという人物は、デキム・バートンの息子でありマリーメイア・クシュリナーダの叔父で別に存在していた。

降下後はサーカス団のピエロとして潜伏しながら破壊活動を行う。
※この時、笑顔が無いピエロを演じていたことから、一部のゲームでは「笑わないピエロ」というコードネームを持っている。
カトルと出会った後は、暫しの間一緒に行動。五飛トレーズとの一騎打ちに敗れた後は一緒にサーカス団に戻り、ウイングガンダム自爆後はヒイロを拾い、しばらく一緒に行動する。
南極基地での決闘の際は、使用機体のガンダムヘビーアームズをヒイロに貸し出し、トレーズが差し向けた刺客に対しては、基地で修復されていたウイングガンダムで出撃(本ゲームに初参戦(ゼロカス(G)開発ミッション)したのはこの時)、ゼクスが撤退を指示した際に、そのまま撤退した。

その後、OZに入隊し、ヴァイエイトのテストパイロットとして出撃するが、カトルが乗るウイングゼロと戦闘になり、メリクリウスのテストパイロットに指名したヒイロ庇い、ツインバスターライフルの直撃を受け機体は大破、トロワは宇宙に放り出され漂流することに。
※その後、ヴァイエイトは再生産されトロワの戦闘データを使用したMD(モビルドール)として再登場するが、デュオデスサイズヘルに簡単に撃破された。
その際のセリフがコンプリートモード(W)のハロルーレットでデュオのマスに当てた際に見れる。

しばらくして、記憶喪失の状態で潜伏していたサーカス団に拾われたところ、デュオカトルと再会。その後、自分の意思でサーカス団と別れを告げてカトル達と合流する。
少し後に、サーカス団が興行中のコロニーがトレーズ派残党に人質にされてしまい、助けに行こうとするも自分のガンダムが改装中なのもあって独断でゼロに搭乗、戦闘中にゼロシステムの影響で記憶が甦る。
ウイングゼロ搭乗後は、改修が終わったヘビーアームズ改に搭乗。カトル指揮の下、巧みな連携でホワイトファングと世界国家(代表はトレーズ)の両軍相手に奮闘し、名も無き勝者の1人となる。

エンドレスワルツではX−18999コロニーでサーカスの興行を行っていた際にマリーメイア軍に潜入。
自身の姓の由来でもあるバートン財団であるため、いつもの名前ではなくBLIND TARGETの登場人物で、かつての戦友でもある「ラルフ・カート」の名を借りて入隊している。
デキム・バートンに見抜かれ仕留めようとするが、入隊していた五飛に止められる。
強襲してきたデュオリーオーの前にサーペントに乗り、立ちはだかる。
デュオがリーオーから脱出した後は、別行動をとりX−18999コロニーの落下を阻止、ヘビーアームズ改(EW版)(別名:ヘビーアームズカスタム)に搭乗し、ブリュッセルに降下。サーペントの大軍と交戦するものの、弾切れを起こし追い詰められるが、ヒイロ、五飛と市民の群集の前に事なきを得る。
最後は、機体を自爆させサーカスに戻り活躍している。
※この時、機体にピエロの仮面を付けて出撃しており、それがパーツとなった。

編集にはIDが必要です