デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

開発系統:GAT−XのMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。

エールストライクガンダム(通常開発Ver.)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2400スピード 2000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技エクシード・ガンストライク3600コスト5MSアビリティ連撃
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットキラ・ヤマト(両バージョン)
ムウ・ラ・フラガ
ビルドアクション仲間にガンダム系MSがいると、ずっとアタック+300BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体イージスガンダムチューンアップ10回以上
ストライクルージュチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「オーブ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
フリーダムガンダムチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「GAT−X」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
プロヴィデンスガンダムチューンアップ20回以上(グレード5解放必須
開発系統「GAT−X」レベル30以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ20回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/鉄壁
30回チューン(2回目)アタッカー/速烈
備考こちらは通常開発版。ビルドMSセットのICカードから開発するものとは別の機体として登録されるのでそちらは下記を参照。ビルドファイターズモードが登場したB3弾以降はビルドストライクから少ないチューンで開発可能なのでそちらから入手するのが楽である。鉄血弾に入り、ミッション・「底知れない戦力」で開発可能となった。ビルストもミッションで開発可能となったが、確実ではなくなったので、パイロット使用条件にランダム設計図が廃止されたジムから開発した方が早い場合もある。鉄華繚乱1弾以降は「終わらない明日へ」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となり、VS4弾からバトルパートナー「マリュー・ラミアス」のプレゼントとしても開発可能となった。
アビリティは「無印2弾当時、この性能のカードがあればよかったのに」と思わせる、ガンナー連撃で攻撃的なストライクである。HPは低めだが、無印2弾キラのスキル、バーストとの噛み合いも良く怒涛の攻めができる。現在はB2弾PロックオンBG2弾Pアイーダあたりを乗せれば更に火力が際立つだろう。またアビリティスイッチ2回目の赤の速烈ならB8弾MキンケドゥB6弾Mユウあたりの出番か。専用機に拘るなら無印5弾CPのキラならスピード補正の高いアタックバーストなので速烈を生かせるはず。
B1弾当時は開発ミッションクリア前提だがプロヴィデンスまで一発で開発可能だったので非常に利用価値が高かった(SP版では今もミッション開放すれば利用可)。とは言えB2弾以降もプロヴィデンスは本機のみからしか開発できない上にイージスフリーダム(通常開発版)を開発しながら行えるのでチューンアップ必須の機体である。但しプロヴィデンスはB8弾現在ではそこまで優先して開発せずとも良い上に、BG4弾からはSPライバル「ラウ・ル・クルーゼ」クリアで開発可能なので開発目的のチューンは不要となった上、フリーダムもBG4弾ミッションやSPライバル「キラ・ヤマト」クリアで開発可能、BG1弾で開発ルートが本機のみとなったストライクルージュもBG4弾ミッションクリアで開発可能となったので、開発目的のチューンが必要なのはイージスガンダムのみとなった。SPライバルのキラは少々手強いので、初心者や階級の低い人はこちらからの開発が早いかもしれないが、鉄血弾に入り、BG4弾ミッション&SPライバルはプレイ不可となったため、通常開発が必要となったが、どの機体も開発条件から、系統レベル条件が消えたので多少作りやすくなっている。

エールストライクガンダム(ビルドMSセット開発Ver.)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技エクシード・ガンストライク3800コスト6MSアビリティ反撃
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットキラ・ヤマト(両バージョン)
ムウ・ラ・フラガ
ビルドアクション最終ラウンドに仲間全員のスピード+500BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体イージスガンダムチューンアップ10回以上
ストライクルージュチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「オーブ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
フリーダムガンダムチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「GAT−X」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
プロヴィデンスガンダムチューンアップ20回以上(グレード5解放必須
開発系統「GAT−X」レベル30以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ20回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/装甲
30回チューン(2回目)ガンナー/連撃
備考こちらはビルドMSセット付属のICカードからのみ開発可能なPR版。
通常開発版は別の機体として登録されるのでそちらは上記を参照。ビギナーGコマンダーはこのセットのICでプレイして開発しよう。ちなみに既にZ弾以前のもの無料配布100回セーブのICカード、ゲームセンター等の自販機形式で販売されていたものを使用していても、ビルドMSセットへのカード移し変えを行えば開発できるので安心されたし。
なお本機からの開発ルートも通常版と同じである。現在はビルドファイターズモードの存在からSPライバルのセイから開発可能なビルドストライクからチューン5回で通常版を開発できるのでできればそちらからの方が良いので、この機体の開発素材としての魅力は薄いが、古参のコマンダーに関しては別で、昨今のチューン上限(70回以降)はこの機体の取り逃しも許さない程にシビアなので注意(とはいえ70回以上のチューンは開放の苦労には見合ってないのが現状だがそこまでに上昇したビルドMSの性能を見れば致し方なし)。鉄血弾以降は系統単位でチューン回数がシェアされるので過去のものとなった。
ステは必殺技以外の基本性能はストライクルージュと同じだが、アタックチューンスタートなので育てきった場合は通常開発版を上回る火力を持ち、最終スイッチでは通常開発版と同じ連撃取得でより火力が増す。
ビルドアクションは初期のビルドMS故の調整不足が原因かラウンド違いのキュベレイハンブラビと比べるとコストが釣り合わないのが玉にキズ(+1000や+30%のものと同コスト)。最初期(IC登録直後とか)なら兎も角、それ以後はそれ以外のアクションを用意してやるのが賢明だろう。
その性質上、SP版では開発不可能に思えたがGコマンダーバトルで北海道・東北エリアのチームリーダー撃破で開発可能である。

イージスガンダム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2400アタック 2000スピード 1800
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技イージス・サーベルレイド3600コスト5MSアビリティ装甲
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットアスラン・ザラ
ビルドアクション仲間にガンダム系MSがいると、防御力がずっとアップする(+300)BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
ジャスティスガンダムチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「GAT−X」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/電刃
30回チューン(2回目)ガンナー/不沈
備考いずれかのストライクから10回チューンで開発可能。Gエグゼスからの開発も可能で、BG6弾までは系統レベルとランダム設計図が必要だったが、鉄血弾より、系統レベルとランダム設計図が不要となったので、AGE−1スパロー、Gバウンサーと同時に本機も開発可能となった。鉄華繚乱1弾以降は「閃光の刻」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となり、VS4弾からバトルパートナー「マリュー・ラミアス」のプレゼントとしても開発可能となった。
アビリティは2弾M通りの打撃ディフェンダー装甲での登場。SEED系らしい実弾防御力は変わらずだがスピードは補強したい。
ビルドアクションはガンダム系無条件での防御力アップであり、B1弾では貴重な防御アップアクション。もちろん「ガンダムという信頼」「選ばれし血統」持ちと組み合わせれば防御はさらに向上する。
徹底的な壁としての強化にアクション枠・パイロットを割くのもよいが、ここはその微妙な火力をフォローしてアシスト要員にした方が使い勝手は上がると思われる。
本機はチューンアップせずともストライクから開発可能&チューン必須のフリーダムからジャスティスができるので特に理由がなければチューンアップせずとも良い(ジャスティスの方はミーティア版の開発に必要)。Aストライクは、AGE系から来た場合かつ「底知れない戦力」で設計図をドロップしていない場合のみ、こちらをチューンし開発する必要がある。

ストライクノワールガンダム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1700アタック 2300スピード 3100
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技ノワール・ガンスタイル5100コスト7MSアビリティ逆襲
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットスウェン・カル・バヤン
ビルドアクションラウンド1のみ、仲間全員のアタック、スピードを20%増加させるBAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/超電刃
30回チューン(2回目)ガンナー/闘気
備考BG4弾のシークレットミッション「降り立つ漆黒の刃」クリア、鉄血弾では、鉄血の5弾の激闘モードにて「降り立つ漆黒の刃」が再配信。鉄華繚乱弾では、繚乱5弾にてチャレンジモードの新規ミッション「闇に光る銃口」が配信。当該機を撃破し設計図をドロップすることで開発可能だった。VS4弾のコンプリートモード「機動戦士ガンダムSEED 外伝」のハロルーレットにて、スウェン・カル・バヤンの目に止めれば、再度の開発が可能となる(現在は開発不可能)。
スピードに極端に割り振った初期ステータスにスピード成長型なのに、初期アビリティは逆襲…と、相性は最悪と言ってもいいが真価はやはり追加アビリティの中にあった。スイッチ2回目で設定できる青の闘気は成長傾向のおかげでX2よりも高速になり、全機体中(今まではブルーが最速。SPではそのまま)最速の高スピード機となるが、追加アビリティで他に主だったものとしてあちらは双撃、こちらは超電刃で使い勝手がまた違うのであえてX2を選ぶ人もいるだろう(持ってない人はこれ一択)。
そしてX2との最大の違いといえば防御耐性であり、クリティカル重視型なのは同じだがあちらと違いSEED系ガンダムの特徴でもあるビーム防御が低く(ほぼ1/2)、ビーム攻撃には滅法弱いのでそこが弱点と言える。では一撃必殺をモットー(というか先制以外のモビルスーツアビリティ(先攻系)は一発で倒さないとこちらが反撃で倒される機体が多い)に運用しよう。その点でやはりBG3弾PセカイZ3弾RジョニーZ4弾MロウB4弾Mレイジのようなパイロットを頼りにする事が多くなるだろう。
闘気以外のアビリティは他に運用特化した機体がいるので魅力に欠けやすいが、あえて使うなら基礎スピードの高さを利用して逆襲と壁シーブックあたりで相手のディフェンスバースト持ちを狙ったり…など、一工夫加えてみると面白いだろうか。超電刃はアタックがそこそこなので威力に欠ける為、この機体で使うのならX1アメイジングエクシアプランBHi−νの方を使った方がマシになるが、あえて使うならやはり壁アムロを使うと安定するだろうか。もしくは相手の構成が読めるなら、基礎スピードの高さを利用してBG4弾PシンGオーダー(デメリットのない強引な強襲が適任か)で超電刃による一撃撃破を狙ってみてもいいだろう。(勿論1Rのみのアタックダウンなどを併用して倒されにくくしておく・壁スキルを使いきった相手を狙うなど発動待機までに持っていく為の対策も忘れずに)
専用パイロットのMスウェンとの相性は良く、特に追加アビリティの闘気はステータスともかみ合って活躍に期待が持てるが、先制・ファンネル封じBAは必須。VS4弾だと逆襲が使えるようになるものの、機体側のHPが低すぎるので1撃撃破されないように注意。
余談だが、スイッチ1回目の超電刃はBFT本編でシュピーゲルガンダムサンドロック(未参戦だが改修機がVS2弾で登場)とのコンビネーションアタックで魅せたものが由来なのだろうと想像するコマンダーも多いはず(あくまで妄想の域を出ないが)。

ストライクノワールガンダム(G)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2600アタック 2800スピード 1500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技ノワール・ガンスタイル3600コスト5MSアビリティ先制
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットスウェン・カル・バヤン
ビルドアクションラウンド2のみ必殺技コスト-2BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/烈破
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考激闘モード・コズミック・イラ編・「降り立つ漆黒の刃」特別任務クリアで開発可能だった。鉄華繚乱5弾のチャレンジモードにて新規ミッション「闇に光る銃口」が配信。特別任務クリアで開発できることになった。VS弾に代わり半年(VS1弾〜3弾の間)は開発不可能だったが、VS4弾よりバトルパートナー「ムルタ・アズラエル」のプレゼントとして開発可能となったので、未開発の人は是非ともパートナーにして開発しよう(現在は開発不可能)。
性能としては、基礎ステがHP・アタック偏重でHP重視チューン、さらにクリティカル重視型の成長タイプで初期アビリティが先制…と通常版と比べて見事なまでの間逆っぷりで、追加アビリティも1回目が烈破、2回目が装甲とステとマッチしたものを覚えるなど、かなり使い勝手のよい機体。
運用の際はどれを使っても一定の戦果を見込めるが、2回目の装甲は耐性含めて他に優秀な機体が多い為、低コスト必殺を利用して先制か烈破で運用していくのがいいだろうか。ただしどちらの場合も必殺威力を気にしてやらないと相手を撃ちもらすことも珍しくないので、本弾…鉄血5弾MハマーンやGオーダー「集いし想い」など、勝負を決めたい、一気に削りたいラウンドへ目掛けて火力向上手段を仕込んでおくなどしておきたい。
その他、追加アビリティの烈破には閃烈と言う天敵が存在するが、この機体の場合は先制に切り替えて出撃させたり、フルアーマー・ガンダムのビルドアクションでやり過ごしてみたりなど出来るので色々試してみよう。
パイロット候補としては専用パイロットのスウェンは当時、排出・ビルドMS通常版を想定してセッティングされたM版1枚しかない為、こちらに載せる意義を見出しにくいのが難点。後に排出のVS4弾Rだと烈破と相性よく使える。先制や装甲も相性が良い。
スウェン以外なら、重量ステがマッチするBG4弾PシンBG4弾MレイTK5弾Mラフタなど、攻防を強化出来るパイロットがよいだろう。

ブリッツガンダム(COMP)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2300アタック 2200スピード 2800
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技ブリッツェン・ミラージュ3700コスト5MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロットニコル・アマルフィ
ビルドアクション最終ラウンドに相手全員のスピードバーストを封じるBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
アストレイ ゴールドフレーム 天ミナチューンアップ30回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/鉄壁
30回チューン(2回目)ガンナー/急襲
備考こちらはブリッツガンダムのCOMP版となっている。
コンプリートモード・「機動戦士ガンダムSEED」編の全ミッションクリアで開発可能だった(現在は開発不可能)。
ステは同じコンプ報酬のエクシアリペア2とチューン後の総合ステが類似しているスピード特化型機体。アビリティは初期が回避、追加が鉄壁と急襲で、回避は決め手に欠け、鉄壁はHP量と成長タイプの面から活用しにくい為、主力はやはり追加2回目の急襲となるか。
GオーダーのせいでGパワーの需要が増した上に必殺反撃イグニッションのせいで必殺を撃つ事が躊躇われがちな昨今の対戦事情だとたまに回避を混ぜてみると活躍したりもするが、烈破という手軽な対策法もあるのでたまに混ぜる程度に留めた方がいいだろう。
ビルドアクションは最終ラウンドの相手のスピードバースト封じ。対戦&ネットマッチではまず使えない(最終ラウンドのラウンド4までもつれることは非常に少ない)ので、ミッション向けとなる。VS4弾からはラウンド2のみのスピードバースト封印も通常開発可能となったので、2つ用意すればミッションの攻略がかなり楽になる。しかし、一度決めれば永続封印のデュアルアームズという手軽な手段がある事から、普段から狙うならそちらを使う方が楽だったりもするが、【一定確率】が表示されているので、確実さを求めるならビルドアクション、手軽さならデュアルアームズと使い分けたい。OA2弾より、ラウンド1のみ封印最終ラウンド封印のACE効果が登場したことで、封印ラウンドを慎重に選ぶ必要が出てきた。
パイロット候補としてはまず、専用パイロットのニコルとは、機体のステもアビリティもかみ合っておらず使いにくいが、ニコルのスキルを使う際にアシストカット対策に回避というのは面白いかもしれない。
対戦&ネットマッチではやはり専用機のビルドMS版とはかみ合わないSEED版ディアッカが面白いか。ディアッカのスキルでスピードを下げ、BAで自小隊側のスピードを上げてやると急襲の追加ダメージボーナスを上げやすくなる。単体での使い勝手を上げるならPイザークも良いだろう。ラストはスキルで上がった必殺を利用してアシストも面白い。どちらの組み合わせも低耐久なので不意の先制・迅雷には注意。
代役の方の中の人繋がりでロランだと、BG5弾Rと回避でアシストかTK6弾Mと急襲でスキルと反撃系アビリティを封印という凶悪な使い方が可能。高レアだけで無く低レアでも十分活躍できるので、自分なりに使いやすい組み合わせを見つけよう。
開発先には、公式HPには載っていない天ミナがある。上記ニコルは天ミナが強襲持ちなので、そちらで使おう。

デュエルガンダム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 2600スピード 1300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技インペチュアス・デュエル3300コスト4MSアビリティ不屈
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットイザーク・ジュール
ビルドアクションラウンド1のみ相手全員の防御力を20%減少させるBAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/先制
30回チューン(2回目)ガンナー/烈破
備考VS4弾のチャレンジモード・「奪われたガンダム」のハロルーレットで、イザークの目に止めると開発可能だった(現在は開発不可能)。OA3弾稼働中の2018年10月25日〜11月7日の間に配信される、ダイバークエスト第3弾の最後の相手・シャフリヤールに勝利することで開発可能となる。
初期ステータスは、HP、アタックが高くスピードが低いいわゆる重量型だが、アタックチューンの為アタックに尖るが、必殺の基礎威力が低い為、総合火力は控えめな部類に。必要な場合はパーツやパイロットスキルなどで補強したいところ。
ビルドアクション(BA)はラウンド1限定でのディフェンスダウン。ザクペラープラチナX1G版ライトニングフルバーニアン(うちザクペラーのみいつでも入手可能)の下位互換ではあるが、コストも2なので8コス機体(基礎コスト6機体を60チューン以上強化した場合。高階級の人では基本)の場合BAの振り分けを3・3・2にしている場合、2をこのBAにしてみるのも良いかも。ただし、相手に打破持ちがいる場合には逆効果になるが出会った場合は事故だと思っておこう。
アビリティは初期が不屈、追加が先制と烈破。どのアビリティで使うにしても、必殺火力の低さが泣き所になるので、BAやGオーダーで少し盛りたいところ。勿論チューンは出来る限りやっておくに越した事はない。使うなら必殺コストの低さからチャンスを何度も作れる先制・烈破がお勧め出来るか。烈破は発動中は反撃系アビを封印するので、コレを利用してアタックを重点的に強化して通常攻撃の烈破運用を狙ってみるのもいいだろう。
パイロット候補としては、専用パイロットのイザークは、高スピード補正のVS4弾P版だと、どのアビリティとも相性はいまいちで乗せる意義は薄いのが難点。OA3弾Mは低スピードのディフェンスバーストとやや相性良く使える。OA弾プロモも低スピードのアタックバーストなので、先制と組ませたい。
中の人繋がりのドモンだと先制とB6弾CかBG4弾Cか、TKR1弾Cと烈破あたりがお勧め。
それ以外だと烈破とVS1弾PCCAアムロなど、最低ダメージを底上げ出来る組み合わせにして単体で動けるようにすると活躍しやすいか。

バスターガンダム

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2400アタック 2800スピード 1700
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技バスター・グゥレイト4400コスト6ハイパーアビリティトライブレイズ
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットディアッカ・エルスマン
ビルドアクション仲間にガンダム系MSがいると、ずっと必殺技+500BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
ブレイズザクファントム(ディアッカ専用機)チューンアップ20回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/逆襲
30回チューン(2回目)ガンナー/超狙撃
備考VS4弾のチャレンジモード・「奪われたガンダム」のハロルーレットで、ディアッカの目に止めると開発可能だった(現在は開発不可能)。OA3弾稼働中の2018年10月25日〜11月7日の間に配信される、ダイバークエスト第3弾の第1の相手・ユッキーに勝利することで開発可能となる。
ステータスは上記デュエルと似ているが、HP重視チューンであちらと比べて耐久性に優れるのが利点。アタックも3000は超えるのでそこまで火力不足に喘ぐことは無いなど、中々使い勝手はいいが、スピードが○以上が無い適正とかみ合って非常に加速しにくいのが弱点となるか。ICがあまり育ってない人はやはりHP・アタックを重点的に強化して耐えながら攻撃出来るようにするといいだろう。
アビリティは初期がトライブレイズ、追加が逆襲と超狙撃。運用上、足の遅さをある程度は気にする必要が無い逆襲と超狙撃はステとかみ合っているが、トライブレイズは先手で打ちたい場合に足の遅さがネックとなってくるが、そうしたい場合は別の機体を用意した方がいいだろう。
パイロット候補としては、専用パイロットのディアッカだと、VS4弾のSEED版は逆襲のセットでスキルで相手のスピードが下がるラウンド2から追加ダメージ付きの攻撃で文字通り逆襲してみたり、トライブレイズで間接的に自部隊のスピードを上げながら相手のスピードを下げたりなど、うまくハマれば活躍出来るか。問題は微妙なスピードと耐久面なので、そこは僚機で補ってやろう。
一方でDESTINY版のBG4弾Mは高いHPとアタックバーストにスキルで高耐久・火力と堅実なのだが、スキルがガンナー指定なので、この機体に乗せようとするとアビリティが超狙撃に固定される事と、スピードが低く収まるので高スピードの敵には対応しにくいという点が挙げられるので、先のVS4弾M版より運用面が狭まるという難点がある。
開発先にDESTINYでの搭乗機の専用ザクファントムがあるが、パートナープレゼントやクロニクルモードで設計図がドロップ出来るものの、入手しにくいので確実に開発したいなら、この機体から開発しよう。

パーフェクトストライクガンダム

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2700アタック 2700スピード 1800
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技パーフェクト・シュベルトゲベール4800コスト7MSアビリティ不沈
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットムウ・ラ・フラガ
ビルドアクションラウンド2にGパワー+3、必殺技+1000BAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/乱射
30回チューン(2回目)ディフェンダー/決戦
備考VS4弾のチャレンジモード・「鮮烈!パーフェクト小隊」のハロルーレットで、ムウの目に止めると開発可能となる機体(現在は開発不可能)。
HPとアタックの数値が同じで、スピードが低めのステータスとなっており、必殺チューンからほぼそのまま強化される。
アビリティは初期が不沈、追加が乱射と決戦。不沈はアタッカーということで、いわゆる不沈受けが可能。返しのパイロットもアタックバーストとディフェンスバーストがいるので問題ないだろうか。追加の乱射は耐えて発動がやりやすいステータスとなっている。
ビルドアクションはGパワープラス。ラウンド2発動の上、必殺強化もあるのでそれなりに役に立つだろうか。
必殺威力はそれなりだがコストも高い。しかし、他のビルドアクションで減らせるので大した問題にはならないだろう。

ストライクガンダム+I.W.S.P.

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2200アタック 2400スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 2400
必殺技ストライカー・ストライク5000コスト7ハイパーアビリティ無双
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットキラ・ヤマト(両バージョン)
ビルドアクションラウンド1のみ受けるダメージ-1000BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/反撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考VS4弾のチャレンジモード・「ストライク出撃」のハロルーレットで、キラの目に止めると開発可能となる機体(現在は開発不可能)。
ステータスはHPがやや低いがフラット気味の性能で、必殺チューンからほぼそのまま強化されていく。アビリティは初期が無双、追加が反撃と不沈となっている。排出カードが持っていた閃烈は持っていないので、使いたいならカードをどうにか手に入れよう。無双は、先手撃破で発動、耐えて発動どちらもやりやすいので、デッキに応じて使い分けるといいだろう。

ブリッツガンダム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP XX00アタック XX00スピード XX00
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600?ジツダン防御 2400?
必殺技ブリッツェン・ミラージュXX00コストMSアビリティ反撃
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロットニコル・アマルフィ
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員のアタック、スピード-1000BAコスト4BA最大コスト
開発可能機体エールストライクガンダムチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/?スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)?/?
30回チューン(2回目)?/?
備考こちらは通常開発版。
OA3弾稼働中の2018年10月25日〜11月7日の間に配信される、ダイバークエスト第3弾の第2の相手・タイガーウルフに勝利することで開発可能となる。
公式ホームページのスクリーンショットには、5回チューンの時点でダゲキ防御が100増加していることから、チューンアップのページを見てみるとスピードチューンではないことだけは分かる。
開発先はエールストライクのみとなっていて、(COMP)版と違い、ゴールドフレーム 天ミナは開発できないので覚えておこう。

Menu

メニュー(9/7更新・OA03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
OA03カードリスト
OA03IGN
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です