デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

開発系統:ジオニック社のMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。

ザクII(量産型)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2000スピード 2000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1800ジツダン防御 2000
必殺技ジオニック・タクティクス2800コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット-
ビルドアクション仲間にジオン系MSがいると、ずっとスピード+500BAコスト1BA最大コスト6
開発可能機体アッガイチューンアップ1回以上
ヅダチューンアップ3回以上
ザクII(シャア専用機)チューンアップ5回以上
シャア・アズナブル使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/鉄壁
30回チューン(2回目)アタッカー/電刃
備考ザク(B)から1回チューンで即座に開発可能。ザク系の基本であり、それ以上でもそれ以下でもない。鉄血弾では機動戦士ガンダムミッション・「ランバ・ラル特攻!」、第08MS小隊「信頼への限界時間」での設計図ドロップで開発可能だった。鉄華繚乱1弾以降は「ガンダム大地に立つ!!」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
基本ステがZ1弾C版とほぼ同等でチューンとビルドアクションの存在から、量産ザク兇鮖箸い燭い箸い人には最強の機体となりうる。チューン傾向はHPをはじめとした防御能力中心の上昇で、必殺威力はチューンを重ねても低いままなので、ここは素直にZ3弾MシローやAGE1ソーディアのアクションなどでフォローするのが妥当か。
ビルドアクションはジオン系限定である分、コスト1ながら効果も高い。Z4弾CP等で大量排出されたネオジオン系も対象。
アッガイ・ヅダ・シャアザクと開発できるのでジオン系の起点としては十分(アッガイは同じザク(B)から開発可能)。SPの場合はシャアの使用を忘れずに。
鉄血弾に入り、系統毎にチューン回数は共通し、開発数によるチューン上限が廃止されたので、下記アッガイかこちらのどちらかを15回チューンすれば、アプサラスII、ドム、ハイゴッグ経由でケンプファーまで即座に開発可能になる。

アッガイ

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 1800
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 1800
必殺技プレイフル・アッガイ!3000コスト4MSアビリティ水中反撃
適性宇宙×地上○水中★森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットアカハナ
ビルドアクション最終ラウンドにHP1000回復BAコスト1BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産型)チューンアップ1回以上
グフチューンアップ3回以上
ズゴック(量産型)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/水中速烈
30回チューン(2回目)ディフェンダー/装甲
備考序盤では貴重な水中機体。格納庫に置いておくだけでも十分だが、使うならSP版では水中ステージの多い5弾あたりで稼ぐのがいいだろう。鉄血弾からは、機動戦士ガンダムミッション・「復活のシャア」で当該機撃破し設計図をドロップすることで、開発可能となった。鉄華繚乱1弾以降は「ジャブローに散る!」、鉄華繚乱3弾以降は「ファイト!アッガイ小隊(チーム)」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
ステータス自体はアタッカーテンプレで水中★適性でスピードも補う。スイッチで水中速烈も覚えるので水中での火力は十分。
ビルドアクションは回復スキル。捨身・非覚醒パイロットと組ませると強いが、最終ラウンドなのが痛いところ。

ザクII(シャア専用機)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1700アタック 2000スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技レッドコメット・アーツ3600コスト5MSアビリティ連撃
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロットシャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン
シャア・アズナブル(CCAバージョン)
シャア・アズナブル(ORIGIN)(BG3弾〜)
シャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)(TKR3弾〜)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)(VS1弾〜)
ビルドアクション敵にガンダム系MSがいると、ずっとスピード+500BAコスト2BA最大コスト5
開発可能機体ヅダチューンアップ1回以上
ズゴック(シャア専用機)チューンアップ5回以上
シャア・アズナブル使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
ビグ・ザムチューンアップ10回以上
ガンダムチューンアップ5回以上
設計図(一定確率)(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/速烈
30回チューン(2回目)ディフェンダー/突撃
備考ザクII(量産型)からシャアのカードを条件として開発するか、ザクアメイジングサザビーからショートカット開発をするかが主な開発ルート。いち早く使いたい、というGコマンダー以外は後者からで良いだろう。一応ゼダスからも開発できるが、運が絡むのでお勧めしづらい。B8弾および鉄血1弾ではビルドミッション「ガンダム破壊命令」をクリアすることで、B8弾は即座に開発可能、鉄血の1弾では設計図ドロップすることで開発可能。鉄華繚乱1弾以降は「大気圏突入」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
連撃は本弾で登場した追加ダメージ系パイロットスキルと組み合わせると生きるはず。
初期からスピードが高いうえにチューン傾向はスピード重視なのでチューンを進めていくとZ1弾R版を超えたスピードを得られる。その為、苦手な地形以外ではあまりスピードを補強せずとも先手を取りやすいのは魅力。また、追加アビリティの速烈、突撃も上手く生かせるが先制封じBAは絶対必要。排出カードにも追加アビリティと同じ速烈、突撃のカードが出たが、タイプの違いから使い分けは可能。
ビルドアクションは如何にもシャアらしく「相手ガンダム系無条件」となっている。ミッションでは無論ガンダム系が多いので死ぬことは少ないが、B7弾で上位互換のBAが登場した。開発先のシャアズゴック、ガンダムはそれぞれシャアのカード、ランダム設計図は不要となった。

グフ

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ブルーGS・ファイティング3500コスト5MSアビリティ電刃
適性宇宙▲地上◎水中×森林◎砂漠○
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットランバ・ラル
ラルさん(B5弾〜)
ビルドアクションステージが砂漠の時、ずっとスピード+500BAコスト1BA最大コスト4
開発可能機体ヅダチューンアップ3回以上
グフカスタムチューンアップ5回以上
ガフランチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/回避
30回チューン(2回目)ガンナー/速烈
備考ザクII(量産型)もしくはアッガイから開発可能。鉄血弾では機動戦士ガンダムミッション・「ランバ・ラル特攻!」、第08MS小隊・「震える山」での設計図をドロップすることでも開発可能だった。鉄華繚乱1弾以降は「ランバ・ラル特攻!」、鉄華繚乱3弾以降は「フルパッケージ」、「挑戦!青の軍団」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
排出では未だなし得ていないアタッカーでの登場。まさに白兵戦用機体らしい戦闘を行える。ただし通常攻撃はヒート・ロッドによる打撃(電刃でもこちらを使用)、ヒート・サーベルは必殺技でのみ使用。
電刃アタッカータイプはグフ本来のあるべき姿と言っても良い性能を備えている。電刃によるアシスト連携ができるのは魅力。排出カードのスペックに納得がいかなかったジオニストGコマンダーにお勧め。追加アビリティは回避と速烈。ステータス、チューン傾向から2回目の速烈がベストだろう。
ビルドアクションは砂漠無条件。簡単に言えばスピードを適性1つ分増加させる。砂漠が苦手な機体では大いに使う価値はある。自身に使えば適正◎になったのと同義だがアクシデントは防げないので、イマイチ魅力に欠けるか。

グフカスタム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1800アタック 2200スピード 2200
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技キジン・ソルジャー3600コスト5MSアビリティ捨身
適性宇宙×地上★水中×森林◎砂漠◎
通常武器実弾必殺武器打撃パイロットノリス・パッカード
ビルドアクションラウンド2のみ敵全員の変形アビリティを封じるBAコスト2BA最大コスト5
開発可能機体ガンダムEz8チューンアップ5回以上
設計図(一定確率)(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
ビグ・ザムチューンアップ10回以上
アプサラスII
上段:SP、及びB8弾以前
中段:BG1弾〜BG6弾
下段:鉄血の1弾から
チューンアップ10回以上
かつ、チューンされる状態で黄昏に染まる花」クリア
チューンアップ15回以上
開発系統「ジオン公国試作機」レベル10以上
チューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)アタッカー/先制
備考Z3弾P準拠のタイプ・アビリティで登場。ちなみに射撃ディフェンダー。鉄華繚乱1弾以降は「震える山」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
サーベルを振るう打撃グフカスタムは2回目のアビリティスイッチでみられるがアビリティがチューン傾向と合わないのが難点。捨身はHP半減後の発動なのでHPが高めのパイロットの方が安心。
ビルドアクションは2ラウンド目の変形封じ。対人戦の方が生きるか。ザク供複臓砲鯀びジオン系からスタートしたコマンダーは、この機体を作った当初はビルドアクションのみを活用し別の機体を出撃させるほうが無難かもしれない。
初期状態では既存カードのほうが高性能であるため見劣りしてしまうが、開発が進んでくればビルドアクションでP以上の火力を発揮する事が可能。ただしHPだけはチューン傾向のせいでどうにもならないので、冒頭でも述べたがZ4Mロウなど高いHP補正を持つパイロットを乗せる事でフォローしたい。
この機体からアプサラスII、Ez−8等の高位機体開発が可能ではあるが、まずは素直にアプサラスを目指したい。Ez−8の設計図はチューンしていれば勝手についてくるはず。鉄血の1弾より、Ez−8の開発にランダム設計図は不要となったし、アプサラスIIも系統レベルが不要となったので、Ez−8→アプサラスIIの順で開発することになった。

ゲルググ(量産型)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2200スピード 2200
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1800ジツダン防御 2000
必殺技ジオン・ビームアサルト3300コスト4MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロット-
ビルドアクションラウンド2にGパワー+1BAコスト1BA最大コスト5
開発可能機体ドムチューンアップ5回以上
ザクII(ガルマ専用機)チューンアップ10回以上
ゲルググ(シャア専用機)チューンアップ10回以上
シャア・アズナブル使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/先制
30回チューン(2回目)ディフェンダー/反撃
備考B2弾のビルドミッション「森に潜む機影」をクリアするだけで開発可能なB2弾追加のジオン系MSの始点となる機体。BG1弾からは当該ミッションが廃止されてしまった為、比較的容易な開発ルートとしてはデュナメスドムから開発可能となった。鉄血弾からは、機動戦士ガンダムミッション・「大決戦!ア・バオア・クー」で当該機撃破し設計図をドロップすることで、開発可能だった。
SP版のユーザーは本機からシャアゲルググからライデンザク、ドムからギャンの開発までスムーズに行えるのでここで開発できるものを全て作るまではチューンを重ねておこう。
ビルドアクションはコスト1なので「余ったら付けておく」的な使い方で行くのもアリか。
こちらもザクII同様、鉄血1弾よりシャア専用機開発にシャアのカードは不要となった。

ゲルググ(シャア専用機)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2000スピード 2300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技レッドコメット・ストーム4200コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットシャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン
シャア・アズナブル(CCAバージョン)
シャア・アズナブル(ORIGIN)(BG3弾〜)
シャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)(TKR3弾〜)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)(VS1弾〜)
ビルドアクションラウンド1のみ敵全員のスピード-500BAコスト2BA最大コスト5
開発可能機体エルメスチューンアップ10回以上
高機動型ザクII(ジョニー・ライデン専用機)
上段:SP、及びB8弾以前
下段:BG1弾以降
チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
かつ、チューンされる状態で隕石に潜む罠」クリア
開発不可(開発可能なリストからも削除)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/反撃
30回チューン(2回目)ガンナー/逆襲
備考ゲルググ(量産機)もしくはガルマザクかギャンから開発可能。どちらも開発条件は同じであるが後者2つは開発ルートを回る際に効率が悪いので、通常のゲルググから開発しておきたい。BG弾の間はSPライバル:シャア(1st)クリアでも開発可能らしいので実質ショートカット開発可能となった(らしい。未確認なので)。本機からはエルメスを開発したいが、SPライバル:ララァクリアで開発可能となったので、チューンが不要となる場合がある。鉄血弾に入り、SPライバルは廃止になったが、機動戦士ガンダムミッション・「光る宇宙」で当該機撃破し設計図をドロップすることで、開発可能となった。
SP版ではさらにライデンザクの開発に必須なのでしっかりチューンしよう(筐体版ではBG1弾より開発不可になった)。
成長タイプは排出版と同一かつチューン傾向がアタック重視傾向なので、アクションを併用すればZ1弾のP版に迫る火力を手に入れる事が可能だが、チューン20(グレード5)以上は必須。既にPレア版を持っているコマンダーには作るのはともかく、育てるのはお勧めし難いが昨今から参入したコマンダーには丁度よいか。
ビルドアクションは効果だけ見るとノイエ・ジール(通常作成版)の下位互換だが、あちらと比べてちゃんとコストも1下がっているので、最大コストが低い機体にも採用しやすいのがポイント。

ザクII(ガルマ専用機)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 2000スピード 2400
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1800ジツダン防御 2000
必殺技ノーブル・スターシャワー4000コスト6MSアビリティ不沈
適性宇宙○地上◎水中×森林○砂漠○
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットガルマ・ザビ
ビルドアクションラウンド1のみ必殺技コスト-1BAコスト1BA最大コスト4
開発可能機体ゲルググ(シャア専用機)チューンアップ10回以上
シャア・アズナブル使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
ハイゴッグチューンアップ5回以上
開発系統「ジオニック社」レベル10以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/電刃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/逆襲
備考本機の開発はゲルググ(量産機)からの入手が他の機体の開発ついでなので最も容易である。シャアゲルググは先の量産機から行え、シャアズゴッグ→ハイゴッグから本機を入手した場合にしか起こらない。ハイゴッグの開発もドムからギャンを開発するついでに行えるので本機からの開発には殆ど無に等しい。
ここから開発するのは推奨しないものの、ハイゴッグの開発条件である開発系統はヅダ(ウォルフガング専用機)の時と同様「ジオニック社」である模様。ツィマッド社の開発系統を持つカードが少ないための措置だとは思われるが、間違えないように。鉄血弾に入り、系統レベルは不要となった。

高機動型ザクII(ジョニー・ライデン専用機)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1300アタック 2500スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技クリムゾン・サンダーボルト3800コスト5MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットジョニー・ライデン
ビルドアクション最終ラウンドに仲間全員の必殺技コスト-1BAコスト3BA最大コスト5
開発可能機体エルメスチューンアップ10回以上
ザクII改チューンアップ10回以上
開発系統「ジオニック社」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/回避
30回チューン(2回目)アタッカー/不沈
備考BG2弾以降はシークレットバトルパートナーからのプレゼントでのみ開発可能となった真紅のザク。鉄血の3弾からは、トライエイジミッション:「隕石に潜む罠」で当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発することが可能となった。その際、B2弾時と違いシャア専用ゲルググは不要となっている。新たに、鉄血の5弾よりサイコ・ザクを20回チューンすることで開発可能になるルートが設定されたので、ビルドMSのジオン公国試作機の系統を20回チューンしてあれば、即座に開発可能になるが、鉄血の6弾以降サイコ・ザクは開発不可能。鉄華繚乱弾に変わり、ミッションが総入れ替えとなったので、「隕石に潜む罠」はプレイできず、シークレットで無くなったバトルパートナー:ギレンのプレゼントでのみ開発可能となっている。
SP版では15回以上チューンしたゲルググ(シャア専用機)をセットした状態でB2弾のビルドミッション「隕石に潜む罠」をクリアすることでのみ開発可能。
チューンを進めていけばSPプロモ版・排出M版よりも高い火力を手に入れる事が出来るが、その代償として耐久力はその2枚以下にしかならないので、どれを使うかはコマンダー次第か。先制封じは必須。
追加アビリティは回避と不沈。不沈は受けより保険程度で使った方が使いやすいか。

ザクII改

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 2400スピード 2000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技デュエリング・FZ3700コスト5MSアビリティ捨身
適性宇宙○地上○水中×森林★砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットバーナード・ワイズマン
ビルドアクションステージが森林の時、防御力がずっとアップする(+300)BAコスト1BA最大コスト5
開発可能機体エルメスチューンアップ10回以上
ケンプファーチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「ジオニック社」レベル30以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)(鉄血の1弾から)
ガンダムNT−1チューンアップ10回以上
設計図(一定確率)(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/逆襲
備考初期は開発にジオニック社レベル30が必要であったが、現在はザクウォーリアから5回チューンで(しかもルナザク→インパルスのついでに)容易に開発できる。鉄血弾からは、0080ミッション・「嘘だと言ってよ!バーニィ」、「進撃!サイクロプス隊」で当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「ポケットの中の戦争」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
Z2弾MをビルドMS用に落とし込んだ構成。ライバル的なビルドNT−1とは耐久性重視な面で差別化される。捨身発動をコントロールするうえでもHP補正をしたいのはM版同様である。最終的にはややスピードが低めになり、HPとアタックがほぼ同数値になるので、追加アビリティの狙撃、逆襲が使いやすくなる。HPとアタックの高いパイロットと組ませるといいかも。
ビルドアクションの防御力アップは地形を限定する分コストも安い。小隊・サイクロプス隊との重複でさらに防御アップを果たすのも面白いか。
当初はケンプファーの開発に本機が必須であったがケンプファーアメイジングからのショートカットやミッションでの開発が可能となったのでこれについても無理して開発する必要は無くなった。

ケンプファー

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2700アタック 2300スピード 1300
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 1800
必殺技バルバリッシュ・アングリフ4500コスト7MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中×森林◎砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットミハイル・カミンスキー
ビルドアクション敵にガンダム系MSがいると、ずっとアタック+800BAコスト2BA最大コスト6
開発可能機体ジオングチューンアップ10回以上
ノイエ・ジールチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「ジオン公国試作機」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/速烈
30回チューン(2回目)アタッカー/捨身
備考当初はザクII改からしか開発できず必要なジオニック社レベル30以上もネックであったが、ケンプファーアメイジングからも開発できるようになった。こちらも5回チューンで非常に容易なので他のルート派生はなくともそこまではチューンしておこう。さらにBG1弾からはビルドミッション「ガンプラバトルロワイヤル」をクリアするだけで入手可能にもなったが、鉄血弾でも同ミッションはプレイ可能なものの、この機体を開発することはできなくなったが、ケンプファーアメイジングは開発可能なので、ケンプファーアメイジングから開発しよう。また、鉄血の3弾からは、0080ミッション・「進撃!サイクロプス隊」で当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「河を渡って木立を抜けて」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
スピードに秀でた排出版高レアたちとは間逆の性能を持ち、先制スキルを持ったビルドMSの中でも特に先制に特化した高HP・低スピードのステータスに成長し、森林以外の適正の低さも先制特化ならばむしろ逆手に取ることもできる。
チューン傾向もアタック重視なので、B1弾PフルアーマーZZやB2弾CPスサノオのような性能に仕上がる為、それらのカードを持っていない場合には役に立つだろう。
さらにビルドアクションもコスト2で永続アタック+800という効果は条件の緩さの割には破格の上昇値である。さらにその武装積載量を表したかのように、最大アクションコストがシークレット系並の6である。
追加アビリティは速烈と捨身。速烈の場合は初期スピードが低く、アタックチューンとは言えスピードはあまり高くならないので、BAやパイロットで補おう。

高機動型ザクII(シン・マツナガ専用機)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ソロモン・ホワイトウルフ3400コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットシン・マツナガ
ビルドアクション仲間にジオン系MSがいると、ずっと必殺技+800BAコスト2BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産型)チューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/反撃
30回チューン(2回目)ガンナー/突撃
備考2014年の6/19より開催されたビルドファイターズモード「白熱!バトルフェスティバル編」の獲得FPによって開発可能な機体。BG1弾からはベルガ・ギロス(ザビーネ機)から開発可能になった。一応バトルパートナーからのプレゼントでも入手可能。鉄血の5弾よりサイコ・ザクを20回チューンすることで開発可能になったが、サイコ・ザクは鉄血の6弾以降開発不可能。鉄華繚乱3弾よりビルドファイターズトライミッション「ビヨンド・ザ・ナックル」で設計図をドロップ可能となった。
B2弾でライデン機がビルドMS化した中、5弾分も長らく放置されていたマツナガ機がようやくのビルドMS化。アタックチューンなので電刃もそこそこ使え、スピードも高めなので突撃も使いやすい。
BAの条件も味方ジオンと使いやすい部類。ラウンド制限が無いので、Gパワー上昇やコスト低減などと合わせ毎ラウンド必殺技で攻撃するのも悪くない。

ザクII(シャア専用機)(G)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 2000スピード 3000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技レッドコメット・アーツ4600コスト7Hアビリティ無双
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットシャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン
シャア・アズナブル(CCAバージョン)
シャア・アズナブル(ORIGIN)(BG3弾〜)
シャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)(TKR3弾〜)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)(VS1弾〜)
ビルドアクション仲間にジオン系MSがいると、ずっとスピード+1000BAコスト3BA最大コスト5
開発可能機体ヅダチューンアップ1回以上
ズゴック(シャア専用機)チューンアップ5回以上
シャア・アズナブル使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
ビグ・ザムチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/回避
30回チューン(2回目)ガンナー/逆襲
備考開発ミッション「若き赤い彗星」をクリア、鉄血の6弾バトルアリーナモード、ゲストチャレンジャー:ジオングの7回目の連続クリア報酬で開発可能だった。VS1弾のチャレンジミッション「宇宙駆ける赤い彗星」でシャア(オリジン及び逆シャアではないほう)の目に止めると開発可能と告知された(現在は開発不可能)。
オリジンでの活躍をイメージした無双持ちだが、同時に「3倍の速度」をイメージした低HP・高スピードかつスピード重視チューンなので、1回目の追加アビリティの回避はそれなりに使えるが、2回目の逆襲は使えないに等しい。初期の無双は、耐えるより先手撃破策に向いているので、アタックを強化しよう。
専用パイロットのシャアは、それぞれのアビリティで使えるカードはあるが、THE ORIGIN版だと、TK1弾Mが無双で上手く使えそうだ。

シャア専用ザクII(ORIGIN)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1700アタック 2000スピード 3300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技レッドコメット・オリジン4500コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットシャア・アズナブル(ORIGIN)
シャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)(TKR3弾〜)
シャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン
シャア・アズナブル(CCAバージョン)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)(VS1弾〜)
ビルドアクションラウンド2のみスピード+1500BAコスト3BA最大コスト6
開発可能機体ザクII(量産機)チューンアップ1回以上
ザクII(シャア専用機)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/無双
30回チューン(2回目)ガンナー/超狙撃
備考ORIGIN版シャアザクがTV版と別の機体扱いで参戦したため、ビルドMSでも【G】版とは別にORIGIN版が登場。鉄華繚乱1弾のミッション「過去を捨てた戦士達!」で再度設計図をドロップする事が可能となった。
性能としては、無印のシャアザク・【G】版を足して2で割り、現在水準までステを向上させたと言ったもので、高スピード・スピードスタート・クリ重視と実にわかり易いセッティング。アビリティも無双や速烈など、それぞれの機体の基礎やスイッチ分を選りすぐって継承している。初期スピード3300かつスピードスタートとかの金ジムに迫る驚異的なスピードを誇る一方、アビリティは初期の速烈だが、スイッチが無双と超狙撃と特にスピードは関係ないので基本選択肢は速烈1択になり、パイロットは先攻クリ確など、通常戦闘を手助けするスキルを持つものがいいか。幸い排出版の突撃と違い、スピード差が2桁でも一定の効果を発揮してくれる速烈のため、現状唯一の先攻クリ確アタバLv3・B6弾Mユウなどアタックバーストでも問題ないだろう。
専用パイロットとなるとシャア(ORIGIN)はSECだと高速化のついでに必殺燃費向上も出来るし、TK1弾Mだと攻撃するたびにスピードが上昇するためどちらも「先手を取って殴り倒す」戦術に向く。速烈ならどちらかお好みで、それ以外なら追加攻撃でもスピードの上昇するMがいいか。TV版なら高レアが久しく出ていないが長所を伸ばせるZ1弾PやB8弾R、ディフェバ封印持ちスピバとわかり易いスペックのBG4弾Cあたりが候補。一方ネオジオン総帥時代だと速烈か超狙撃で火力向上にGパワーのおまけがついてくるB5弾M、宇宙限定ゆえ逆に地形適正とかみ合うTK1弾Pを無双か超狙撃でアビリティの確実な発動を狙いつつ僚機の援護・・・などが考えられる。
もちろん無双にダメージ軽減持ちパイロット、超狙撃に攻撃時敵能力ダウン持ちパイロットなど定番の組み合わせもいいが、シャアを乗せるにせよそれ以外のパイロットを乗せるにせよ防御を見事なまでに軽視していることには注意。一応、素の防御力は揃って2000と可もなく不可もない為、耐えるより徹底的に先手撃破を心がけるようにセッティングしたほうが良い。無双なら、ダメージ軽減スキルを保険にすると良いだろう。
ビルドアクションはラウンド2のみだがスピード+1500と3コスにしては破格。このアクションは短期決戦向けと考えられるので素直に突撃や闘気と併用するのがいいだろうが、ダウン手段の前では効果が消されることが多いので注意。とはいえ、自機にしか効果が無い上にラウンド指定・そのラウンド限定とかなり使い勝手が悪い為、これを使うならフルバーストサイコガンダムのアクションなどを用意した方がいいだろう。

高機動型ザクII(ガイア機)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1800アタック 2500スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ブラック・ハードショット3600コスト5MSアビリティ回避
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットガイア(ORIGIN)
ガイア
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員のアタック+800BAコスト2BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産機)チューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/トライブレイズ
30回チューン(2回目)ガンナー/突撃
備考激闘モード、ルウム戦役編「黒き星々の胎動」で、当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発可能になる機体。長らく開発不可能だったが、OA1弾のオペレーションモード「機動戦士ガンダム THE ORIGIN編」の「三位一体の攻勢」のクリア時に設計図をランダムドロップする事で、再度の開発が可能となる。
機体ステータスはアタックとスピードが同数値で、必殺チューンと最終的には同じ数値のまま。アビリティは回避とあまり目立たないが、追加アビリティはトライブレイズと突撃。突撃はそれなりに使えるだろうか。
BAはラウンド1のみのアタック強化だが、+800なのでガンダム(最終決戦仕様)G−セルフ(アサルトパック)AGE−1 フラットのだいたい中間の性能。BAコストはAGE−1 フラットと同じなので、手に入れた人はAGE−1 フラットの代わりに、こちらを使うと良いだろう。
専用パイロットのガイアはTHE ORIGIN版が突撃を有効利用可能だが、1st版はどのアビリティともステータスがミスマッチなので、使わない方がいいかも。
それ以外だと、マッシュ(ORIGIN)と突撃が面白い組み合わせだろう。後は、トライブレイズ、突撃は定番のパイロット達で組ませるのが無難。

高機動型ザクII(オルテガ機)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2400アタック 2700スピード 1900
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ブラック・ホークボンバー4200コスト6MSアビリティ電刃
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットオルテガ(ORIGIN)
オルテガ
ビルドアクション仲間にジオン系MSがいると、防御力がずっとアップするBAコスト3BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産機)チューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/迅雷
30回チューン(2回目)ディフェンダー/闘気
備考激闘モード、ルウム戦役編「黒き星々の胎動」で、当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発可能になる機体。長らく開発不可能だったが、OA1弾のオペレーションモード「機動戦士ガンダム THE ORIGIN編」の「巨人の斧」のクリア時に設計図をランダムドロップする事で、再度の開発が可能となる。
機体ステータスはアタックがかなり高く、スピードよりHPが高めでアタックチューンからアタックは最終的に4000を超える。アビリティの電刃は排出カードと違い連発が可能なのでかなりの脅威となるだろうか。追加アビリティは迅雷と闘気。迅雷にはスピードがやや高く、闘気にはややスピード不足なので、迅雷のときはスピード減衰手段を考え、闘気はスピードを補強したい。
専用パイロットのオルテガはTHE ORIGIN版はスキルと電刃との相性が良く、スピードの強化が必須だが闘気とも相性は良い。1st版はどちらも闘気との相性が良いが、Z2弾Rはスキルが森林指定と言う点に注意。
ビルドアクションは防御力増加と長らく使いにくかったが、OPERATION ACE弾より導入のACEバトルルールではACE機の防御力が大幅に上昇するということで、このビルドアクションを組み合わせるとさらに固くなる。

高機動型ザクII(マッシュ機)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2600アタック 2200スピード 1900
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ブラック・カタラクト3100コスト4MSアビリティ狙撃
適性宇宙◎地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットマッシュ(ORIGIN)
マッシュ
ビルドアクション最終ラウンドにGパワー+2BAコスト1BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産機)チューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/反撃
30回チューン(2回目)アタッカー/先制
備考激闘モード、ルウム戦役編「黒き星々の胎動」で、当該機を撃破し設計図をドロップすることで、開発可能になる機体。長らく開発不可能だったが、OA1弾のオペレーションモード「機動戦士ガンダム THE ORIGIN編」の「隻眼のパイロット」のクリア時に設計図をランダムドロップする事で、再度の開発が可能となる。
ステータスはHPが高くスピードが低い配分で、HPチューンからHPが高くなり、スピードはあまり増えない。初期アビリティは狙撃。アタックも増えにくいから、ダメージ減少スキルの無駄使い、いわゆる壁スキル潰し狙いに絞った方が使いやすいだろうか。追加は反撃と先制。先制は十分使えるが、少しスピードが高いのが問題か。
専用パイロットのマッシュは、THE ORIGIN版はスキルの関係上狙撃のみとなるが、1st版とは森林ステージ(ステージチェンジの移動先を含む)限定でプロモが反撃、狙撃で使えそうだが、プロモ故に手に入れている人が限られているのが難点。
先制は、赤(アタッカー)なので、アタッカー指定スキル持ちで低スピードのパイロットを用意すると上手く使えるだろう。ベストは、スピードが300しかないことが先制にとってはプラスに働くB1弾Rシャア(CCAバージョン)。他にも色々探してみるといいだろう。

アッガイ(G)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 1500アタック 2600スピード 2600
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 1800
必殺技プレイフル・アッガイ!3200コスト4MSアビリティ不沈
適性宇宙×地上○水中★森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットアカハナ
ビルドアクション戦場が水中の場合、ずっとアタックを20%増加させる。BAコスト3BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産型)チューンアップ1回以上
グフチューンアップ3回以上
ズゴック(量産型)チューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/鉄壁
30回チューン(2回目)ディフェンダー/闘気
備考チャレンジモード「日本の夏、アッガイの夏」の特別任務達成で獲得できる機体。現在は配信終了につき開発不可能となっていたが、鉄華繚乱3弾のミッション「ファイト!アッガイ小隊(チーム)」の特別任務を達成すれば、再度の開発が出来るようになった。
HPが極端に低くなるスピード型だが、MAXチューンになると素で4050と凄まじく速くなるため水中戦で★クリ闘気を放つなら十分に選択肢に入るか。

ザクI(シャア機)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 1800スピード 3200
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技レッドコメット・ビギニング3600コスト5MSアビリティ反撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットシャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)
シャア・アズナブル(ORIGIN)
シャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン
シャア・アズナブル(CCAバージョン)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)(VS1弾〜)
ビルドアクション仲間にジオン系MSがいると、ずっとスピードが30%増加するBAコスト3BA最大コスト5
開発可能機体ザクII(量産型)チューンアップ1回以上
ザクII(シャア専用機)チューンアップ5回以上
シャア専用ザクII(ORIGIN)チューンアップ20回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/戦迅
備考TKR3弾チャレンジミッション「始動、赤い彗星」で開発可能。VS弾ではクロニクルモードの同ミッションで開発できる。
アビリティの中ではチューンと噛み合った戦迅が使いやすいので、戦力として使いたいなら30チューン以上はしておきたい。スピードバーストかスピードが上がるアビリティを保有したパイロットを乗せるといい。シャアはスピードバーストやスピード上昇アビリティを保有したものも多いので、専用パイロットの選択に困ることは無いだろう。反撃はアビリティ発動率に不安が残り、狙撃は初期アタックが低めなのであまりおすすめできない。
ビルドアクションはスピード増加。前述の戦迅との相性は非常に良好だが、味方ジオン系指定には注意したい。オリジン版シャアザクの唯一の開発元だが、TKR弾以降クロニクルモードで入手可能なので開発目的にチューンする意義は少ないだろう。

Menu

メニュー(5/28更新・OA01)

編集にはIDが必要です