デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-046Rタイプガンナー
ステータスHP 2300アタック 2300スピード 2900
必殺技RL・コードパッシブ4400コスト5MSアビリティ超狙撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
備考ギャラルホルンの新型機がRで登場。
ステータス合計値は7500とZ弾M相当になった。超狙撃持ちではあるが、地形◎が無いのでシュヴァルベMリベイクのように★クリが作れないのは欠点ではあるがパイロットの同弾Rイオクのスキルで確かな火力を約束してくれるので無碍にはできない一面も。
それよりかはアビリティの超狙撃を最大限に生かすのを阻害している微妙なアタックを気にしたほうがいいだろう。今のところ、イオクのカードで一番マッチするのは同弾のRで、アタックが補正とスキルによって大幅上昇し、専用機補正もあわせた総合補正は中々のものに、ただし、代わりに耐久性能が微妙なので、劇中のように無闇やたらに突っ込むのはご法度。スピードもまちまちで適正も○以上が無いので速烈・闘気持ちなどと戦う時は相手のスピードやバーストをよく見て。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-039Cタイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 2100スピード 1400
必殺技RL・コードパッシブ4200コスト5MSアビリティ逆襲
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
備考コードパッシブC落ち。
対ハシュマル戦を意識したかのような重量型配分の典型的な逆襲受け機で、低い地形適正も有効活用出来る。HPの高いディフェンスバーストを乗せてやりたいところだが、アタックゲージの高速化が気になるのならアタックに切り替えるのもアリ。専用パイロットのイオクは本弾Cはディフェンスバーストではあるがスピード重視で、ステータスが少々HPが高めのフラットなステータスになるがイマイチ相性は良くない。専用パイロットや勢力に拘らなければ、同弾のカードではCシノやR昭弘辺りを乗せると性能が噛み合う。
TKR2-073CPタイプガンナー
ステータスHP 2700アタック 2200スピード 3800
必殺技RL・コードパッシブ4600コスト5MSアビリティ不屈+1
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
備考最強の3傑キャンペーンの一枚。ステータス合計値は8700。
タイプ通りガンナー型配分に則った足の速い不屈持ち。前弾Rのイオクを乗せればスキルで一番低いアタックもカバーできるので安定するがHPがやや低く纏まるので上手くラウンド1をうまく凌げるように他のパイロットや機体枠でフォローしたいところ。不屈が発動できるようになっても、アビリティLvに左右されるが軽減ダメージを超過するダメージが出やすい闘気や烈破、フルドライブ持ちなどにはうかつに近づけないように。ちなみに本機との勝負(裏面の証言部分)は、どちらも弾を当てれないという結果に。どうやらパイロットの腕前まで完全再現されたらしい…

鉄華繚乱3弾(TKR3弾)

TKR3-076CPタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 2300スピード 3000
必殺技RL・コードパッシブ5200コスト6MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
ボーナス同盟カードに応じてアタックがアップ
備考CPで続投。ステータス合計値は8300。
CP効果でアタックは最低+200される。
今回は狙撃持ち。スピードを除き下記の鉄血ブースターのアップデート版となっている。
例によって繚乱1弾Rイオクを乗せておけば狙撃の火力がどんどん上がっていくので敵隊長機+ランダム出現雑魚機の組み合わせのミッションで雑魚の掃討に向かわせる際には力を発揮できるだろう。
さらに、追加攻撃(「援護してやるぞ!」)で敵隊長機の壁スキル破壊及び不屈使用や増援の処理にも効果があるのでお試しあれ。
また、必殺火力もある程度ある(現在目で6コスとしては燃費が悪い方だが)ので最終ランドでの集中攻撃ではアシスト必殺で削りに回るのもアリと言える。

鉄血のオルフェンズ ブースターパック

TP-017プロモタイプガンナー
ステータスHP 2700アタック 1600スピード 3200
必殺技RL・コードパッシブ4800コスト6MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
備考ブースターパックでは他機体を差し置き3枚収録のイオク機。こちらは石動セット僚機として付属の物。
狙撃持ちではあるが低めのアタックは補強必須。排出カードのTKR1弾Rイオクならばスキルでガンガンブーストが掛かるので、狙撃が運良く二回以上発動すればTKR1弾の超狙撃持ちよりも最終的なアタックが高くなる。
TP-019プロモタイプアタッカー
ステータスHP 4000アタック 3300スピード 1400
必殺技RL・コードパッシブ5200コスト6MSアビリティ逆襲
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
備考こちらはイオクセットメイン機。ステータス合計値は8700。
M相当でHPの高い典型的な逆襲受け配分と実質繚乱2弾Cのタイプ違いの上位互換になっており、ディフェンスバーストとの組み合わせで使いやすい。
TP-023プロモタイプディフェンダー
ステータスHP 2600アタック 2600スピード 2300
必殺技RL・コードパッシブ4400コスト5MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林▲砂漠▲
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットイオク・クジャン
備考こちらはジュリエッタセットに封入されているほう。
イオク機はかなり優遇されており本ブースターのみで3タイプが揃う。

機体解説


現在のガンプラ発売はジュリエッタ機のみなので当分はそこからの再現。指揮官用アンテナ付き頭部は付属。
写真は管理人の私物です。


オプションセット6に通常攻撃で使用するマルチウエポンユニットを使用

オプションセット7に必殺技で使用する長距離レールガンが付属
登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)
開発系統フレーム(成長傾向:標準型)
その他特殊系統
格闘武器ソードユニット
※ライフルのアンダーバレルと一体になった実体剣
 モーションは全機共通
打撃
射撃武器140mmライフル
※攻撃前に三眼カメラを展開
 モーションは全機共通
実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMS鉄華繚乱1弾
マルチフレームシステムで登場
特記事項ジュリエッタ機一般機も存在。
通常兵装は全機、マルチウエポンユニットを装備した共通の姿で、
上位演出技のみ異なる(イオク機は長距離射撃用の長距離レールガンを使用)。

ギャラルホルンのカスタムMS。
グレイズの後継機であるレギンレイズをアリアンロッド艦隊所属のパイロットイオク・クジャン用にチューンアップした機体。
先代のグレイズ同様頭部に指揮官機用の角がある他
濃い灰色と黄土色のツートンカラーで塗装されている。

主な兵装はアリアンロッドが独自に開発した長距離レールガン。
最大出力で放った弾丸が遠距離の敵機(MA・ハシュマル)に命中した場合の威力は
チャドのランドマン・ロディがぶん投げ、さらにスラスターを吹かせてトマホークと化した
ハンマー・チョッパーと同程度。
このチョッパーをスラスター抜きで当てられたアストン機が簡単に破壊された例から、
装甲が脆いMSなら徹甲弾で貫くまでもなく、その威力だけで破壊できるものと思われる。
ハシュマルには遠距離からの弾丸を弾かれ、(それでもよろめかせる程の威力は与えた)
ジュリエッタには「あの距離からの弾丸で(ハシュマルを)倒せれば苦労は無い」と言われているが、
裏を返せば、距離を詰めて至近距離で放てばハシュマルの装甲をも貫きかねない威力を発揮するのかもしれない。
一方、バレルの強度は十全とは言えず、最大出力の弾丸を二発放てばガタが来て爆発する

当機体はレールガンの運用に向けたチューンを施されているので
レールガン発射の反動にも軽々と耐え、
ある程度出力を抑えた状態でなら連射も可能となる握力と固定力を見せる。
この固定性には目を見張るものがあり、
レールガンを機体半壊、かつ片手で支えた状態で最大出力の弾丸を放っても
きっちり敵の急所(頭部)に当てる事さえ出来る(=発射時の衝撃に耐えきって砲身を固定し、照準をぶれさせない)。
独自に武装を開発したり数か月かけて秘密裏にガンダムを改修している
アリアンロッド艦隊の技術力が垣間見える性能である。

周りの人たちからの提案でジュリエッタ機とは対照的に後方支援機向けにカスタマイズされている模様。
尤も、イオク本人は特に狙撃能力に長けている訳ではない。
(4話にてバルバトスに向けて撃った射撃はジュリエッタが拘束していた際の初弾を除いて全て外し、
 (相手が避ける事を見越して撃った訳ではない)
 三日月に「動いた方が(かえって弾に)当たりそうだ」と言われてしまう。
 さらには複数の敵機を相手に苦戦しているジュリエッタにも援護射撃の提案を「要りません」と
 即座に突っぱねられるほどで、味方さえも射撃の腕を信用していない。
 ・・・ジュリエッタの場合は性格上の対応ではあるが。)

狙撃に特化した機体になった理由は、クジャン家当主のイオクが戦死してしまうのは不味い事と、
かつて最前線に立って戦い、戦死したセブンスターズの血縁者の二の舞を避けるためにも、
最前線に出る事が殆ど無く、あまりダメージを受けない後方からの支援機にされたものと思われる。
(鉄血の世界では流れ弾に命中してもナノラミネート装甲のおかげで
 致命傷を負いにくいというのも射撃機にされた理由のひとつだろう。
 中には狙って撃てば致命傷を与えられるというイレギュラーもいるが)

そんな事は露知らず、パイロットのイオクは当機体の性能に絶対の自信を持っているようで、
自分の身を案じる部下に「俺にはレギンレイズがある!(だから戦死する事など有り得ない)」(本ゲームでの専用必殺台詞)と言い放ち、
さらに彼には射撃機にもかかわらずガンガン前に出ようとする悪癖があるため、
周囲から度々しょっちゅう止められているが、
強行して出撃することが多々あり、側近や親衛隊は常に振り回されているため困っている。
そのため、知り合いに愚痴る者もいるようだ。(繚乱2弾Cイオク参照)

僚機に進撃を抑えられたり相手との力量差があり過ぎて瞬殺されたりと
活躍の機会に恵まれない機体だが、
イオクの悪運の強さも相まって数々の敵から彼を守り続けている機体でもある。

48話の鉄華団殲滅作戦ではこの機体の配色のグレイズが登場した。
ハシュマルとの戦闘を機にイオクが己の実力や戦い方の癖を見直したのか、
背部ラッチにバトルブレードをマウントし、
連射の効くグレイズ用ライフルを携帯した状態で出撃している。
が、諸事情から武器を捨てて素手で突撃したので出番は無かった。
結局、鉄華団本部から離脱を図るバエルにあっさりとやられてしまった(イオクは負傷するも生存している模様)。


上位演出技:RL・コードパッシブ
三眼カメラを展開して敵機の位置と距離を算出し、
長距離レールガンを構えて装弾筒付徹甲弾を一発射出。
放たれた徹甲弾から装弾筒が外れるシーンが映った後、徹甲弾が敵機の胸を貫く。
トドメ演出無し。
イオク「見たか!正義の一撃!」

上位演出技としては同じ実弾狙撃演出技であるブラック・カタラクトのように
かなりあっさりしている内容だが、
徹甲弾が装弾筒をパージするシーンは丁寧に作られている。

ちなみにレールガンを発射する際には両手で構えた状態でありながらも
発射の反動でレギンレイズが大きくのけぞっているが、これは演出であり
アニメでは最大出力のレールガンを片手持ちの状態で発射しても態勢を維持出来る。

どなたでも編集できます