このサイトはUka3D Project公式サイトです。
Uka3Dに関する規格・仕様の閲覧、及び、最新版のUka3Dファイルのダウンロードが行えます。

  • 現在、当サイトの内容はUka3D Ver0.2.2.0を元に記載されています。
  • 当サイトに記載されている内容はUka3D公式仕様書として扱われます。
  • 記載されている内容・仕様は全て最新版のリリースと共に順次変更される恐れがあります。旧バージョンを利用される場合は十分に注意してください。
  • 内容の引用・転載などは自由に行っていただいて構いませんが、仕様変更に伴う内容の食い違い等には十分に注意していただくよう配慮願います。
  • 当サイトの内容に関するお問い合わせは、管理者であるyasiのTwitter、又はMy Dimensionからメールにてお問い合わせ下さい。



Uka3D(うかすりーでぃー)とは?

Uka3Dとは、デスクトップマスコットアプリケーション『伺か』のベースウェア『SSP』向けに開発されている、3Dモデル描画モジュールです。
従来の2Dシェルの代わりに3Dモデル(主にMMDモデル)をシェルとして利用するためのモジュールとして開発されています。
現在、伺かの拡張規格の一つ、『SAORI』を利用したシステムとなっており、開発ステージはβテスト段階です。

※このページをご覧になっている方で『伺か』『SSP』についてわからない方は下記のリンクへアクセスし、ご覧になる事をお勧めします。
※又、『SAORI』の呼び出しについてわからない方はご自身の利用されているSHIORIの公式ページをご覧ください。

『伺か』
『SSP』

サンプルゴースト

管理人がUka3D開発に使用しているテスト用サンプルゴースト『MIKUさんDay's』です。


News

  • 2016/11/06
    • Uka3D Ver0.2.2.0リリース。これに伴い、Request、character.txtに項目を追記。
  • 2015/10/12
    • Uka3D Ver0.2.1.0リリース。これに伴い、create・allresetリクエストの内容を修正。

管理人のみ編集できます