Wiki for Amateur Satellite Newcomers

より安定した交信を目指して


 最初は「ただ交信できることが喜びで感動」だった衛星通信も経験を重ねるごとにいろいろと欲が出てきます。確かに衛星通信はサテライト対応のリグがあればGPアンテナやホイップアンテナでも交信可能です。しかしQRVできるパスや時間が限定されたり、利得不足でなかなか目的の局と交信出来ないことが増えてきます。

 「もう少し安定した交信は出来ないだろうか・・・」という要求は当然生まれてきます。アワードなどを追いかけるようになるとなおさらのことです。一番手っ取り早い方法はアンテナを八木アンテナなどのビームアンテナにアップグレードすることです。

 ただしビームアンテナは利得が上がるとそれだけ指向性は鋭くなるのでアンテナを適切に衛星に向ける方法を考えねばなりません。
144MHz帯・430MHz帯に関して言えばブーム長1m程度の小型の八木アンテナ(144MHz 5エレ/430MHz 10エレ程度)なら方位ローテーターのみで十分です。
 しかしブーム長が3mを超えるような大型のアンテナ(たとえば144MHz 9エレ/430MHz20エレ等)になると方位ローテータだけではなく仰角ローテーターも必須となります。

 この場合、すべてを手動でやっていたのでは、ただでさえドップラー制御で忙しいのに加えてビーム方向を頻繁に動かさねばならずとても安定して快適な運用は出来ません。
 
 そこで登場するのが「衛星自動追尾システム」です。

衛星自動追尾システム


 実はStep0で紹介されている軌道計算ソフトウェアのCalsat32とKSATはPICNICというインターフェースを使ってアンテナに衛星を自動追尾させることが出来ます。(PICNICインターフェースの詳細はこちら)これらの軌道計算ソフトウェアは機種や機能は限られますがPCのシリアルポートを介してリグの周波数制御(ドップラー制御)も同時に行うことが出来ます。


当局の場合:方位ローターRC5A-3仰角ローターERC5Aを制御しています。


ケースに入れた状態です。PCとの接続はLANケーブルで行います。設定はIEなどのWebブラウザなどで直接行えます。

 さらにリグコンと呼ばれるリグ周波数制御ソフトウェアを使用すれば、さらに操作性は向上するでしょう。JE4IVN局によるCSATmate(詳細はこちら) とJH1UVJ局によるExcelマクロ(詳細はこちら)がリグコンとして有名です。
いずれもCalsat32やKSATと同時に使用します。


衛星自動制御画面:実際にVO-52(6/2の21時台パス)をCALSAT32のアンテナ制御機能で自動追尾し、CSATmateでIC910の周波数(ドップラ)制御を行っている画面です。CSATmateの良いところはリグのダイアルを直接回すとソフトウェアの周波数もそれに追随することです(ただしIC-910の場合です。IC-821とは相性が悪く引き戻し現象が起こります)。HAMLOGのRemarksに衛星情報などを送ることが出来ます。

 ここまでグレードアップするのであれば・・・アンテナ直下型の受信プリアンプは是非使用しましょう。特に細くて長い同軸ケーブルを使用している場合には絶大な効果があります。アイコムのAG25やAG35は電源線や制御線が不要(同軸ケーブルに重畳)なので構成が非常にシンプルになります。

 衛星通信でもっとも面倒なドップラー制御とアンテナ制御が自動化出来れば・・・ユーザーは軌道計算ソフトウェアの自動追尾をスタートさせるだけで良く、交信に集中することが出来ます。また手動での操作では面倒だった「呼びまわり」がかなり楽になります。

 これまで一瞬にして過ぎてしまった衛星のパスが随分と長く感じられ、1パスにより多くの局と交信出来ることでしょう。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

おすすめサテライト!

《英語のサイトですが、最近の衛星やISSの運用状況がわかります》↓
OSCAR Satellite Status Page by KD5QGR (英語)
ISS Fan Club (英語)


 VO-52 

 残念ながら2014年7月に運用停止となりました 

インドの衛星
Uplink : 435.225 to 435.275MHz LSB/CW
Downlink: 145.925 to 145.875MHz USB/CW
※145.90MHz近辺を聞いてみよう!送信時には必要最小限の出力で!SSBはLSBでアップ!CWを受信するときは、CWフィルタを入れないで!

 ISS 

国際宇宙ステーション

Voice uplink: 144.490MHz FM

クロスバンドレピータ時
uplink:437.80±0.01MHz(ISSが近づいてくる場合低く、遠ざかる場合は高く)
Worldwide downlink: 145.800MHz FM

注意!Up/Downが逆の周波数の時あり
uplink:145.99MHz(固定でOK)+67Hzのトーン
downlink: 437.80±0.01MHz (437.81→437.80→437.79)

※ARISSスクールコンタクトの時には宇宙飛行士の肉声が聞こえる!145.80MHz FM を聞いてみよう!
《次回の日本でのスクールコンタクト予定》↓
ARISSスクールコンタクト

Wiki内検索

最新情報はここから!

Satellite Forecast
(携帯版 by JM1WBB) QRコード

天気予報

Visitors

free counters

メンバーのみ編集できます