2016年活動報告)2016年8月から2017年7月20日まで

現在会員 21人(地区会員を0人を含む2016年8月14日現在)

会員推移
2014年度 (23人)
2015年度 (28人)

沖縄地区数教協2016地区研究集会開催

今年も県外から授業の名人をお呼びして、公開授業・分科会を行います。振るってご参加ください。
期 日  2016年7月30日(土)31日(日)
場 所  琉球大学附属中学校 琉球大学法文学部(全体会)
参加費 2,000円(父母・学生1,000円,資料代含む)
後 援 沖縄県教育委員会 宜野湾市教育委員会 中城村教育委員会 西原町教育委員会 沖縄タイムス社 琉球新報社
大会参加申し込みは当日です。

日程
時間8:309:00〜12:1512:15〜13:0013:00〜14:4514:45〜17:0018:00〜
30日(土)受付公開授業(小1、小6、中高校)昼食全体講演分科会懇親会
31日(日)受付授業・教具作り(小学校)分科会(中高校)昼食沖縄地区数教協総会
大会内容

【講師紹介】
[小学校・公開授業小1]林(はやし) 由貴(ゆき)(小学校教諭)
宮城県(川崎町立川崎)小学校教諭、数学教育協議会会員,宮城県数学教育協議会事務局
一昨年の数学教育協議会全国小学校集会、昨年の全国小学校集会(沖縄)での公開授業が大人気。
(昨年11月の北中城小の授業に引き続き授業をしていただきます)
[小学校・公開授業小6]馬渕(まぶち) 大輔(だいすけ)(那覇市立松川小学校教諭)
岐阜県出身の35歳。平成24年度宜野湾市立普天間第二小学校で採用、現在那覇市立松川小学校勤務。
【平成26年度】
8月…沖縄地区大会・夏の全国大会(岐阜県:聖徳学園大学)において「かけ算」レポート発表。
12月…数学教室(2014.12月号)「特集:えっ?これって算数!これでも算数?」に実践レポート掲載。
【平成27年度】
8月…沖縄地区大会(北中城小学校)で「拡大・縮小」(6年生)で公開授業。
2月…春の全国研究集会(東京都:明星学園小学校)で「スペシャルかけ算」(2年生)の公開授業。
【平成28年度】
7月…沖縄地区大会(琉球大学附属中学校)で「文字と式(6年生単元)」(5年生)の公開授業予定。
8月…夏の全国大会(千葉県:千葉工業大学)で「いくつ分」(2年生)の公開授業予定。

[中高校]小林(こばやし) 俊道(としみち)
(東京女子学園中学校・高等学校教諭 数教協本部編集局長)
1955年生まれ
東京理科大学理学部第一部数学科卒業
主な著書
・数学マイウェイ三角比 (ほるぷ出版)
・楽しい中学校数学(日本書籍)
・検定外 高校数学 上(日本評論社) 近著など
・元三省堂高校数学執筆
・数学マイウェイ6 ピラミッドの高さ  ほるぷ出版 1985/05出版

[全体講演]芳賀(はが) 雅尋(まさひろ)(宮城県数学教育協議会会員)
1949年生まれ。宮城教育大学養護学校教員養成課程卒業。1973年より障害児教育にとりくむ。  1977年から11年間、通常学級を担任するかたわら「水道方式」にもとづく算数教育の実践プランを研究・発表。牛乳パックを使ったかけ算・わり算の教え方や、「5-2進法を使った筆算」「パタパタタイル」を使ったプランなどが、多くの現場でとり入れられている。1988年からはふたたび養護学校・特殊学級に勤務し、知的障害をもつ子どもを中心に算数の授業をしてきた。退職後の現在も宮城県内の特別支援学級で実践に携わっている。なお城間那覇市長は大学の同級生。
主な著書
・特別支援99までのたし算・ひき算(太郎次郎社)

大会内容 1日目 (7月30日・土曜日)
。后В娃亜腺隠押В隠機 仝開授業と授業研究会 
小学校1年   「10より大きい数」林 由貴 9:00-9:45
子ども向けのタイトルは「かずあてゲーム ―大きいかずのかぞえかた―」です。  2学期からの,2桁の数や繰り上がり繰り下がりの学習へ向けて,数をまとめて見ることのよさを知ることを楽しい教具で学びたいと思います。

小学校6年   「文字と式」馬渕大輔 10:00-10:45
6年生単元を5年生で行います。
問題の意味を、視覚化しながら、等式の意味を押さえていきたいと思います。中学年で行う、□を使った式の指導などでも考え方等参考になればと思います。

高校1年「コマを回して遊びましょう ー 内分、外分 」 小林俊道 9:00-10:30
重りのつり合いの実験から力のモーメントを導き、1次元のそれを2次元のつり合いに発展して考えます。つまり、平面でのつりあいを理論的に考え、それが正しいかどうかは実験で確かめるということになります。この実験は、コマ回しであり、正しければバランスを保って何十秒かコマは回るでしょう。最後は、コマ回し大会で授業終了です。(授業時間90分)

■隠魁В娃亜腺隠粥В苅機 ヽ会行事&全体講演 
  
全体講演
「楽しく賢く学ぶ授業のこつ 
―かけ算からわり算[÷2位数]までー」
元小学校・特別支援学校教諭      芳賀 雅尋
「教えたはずなのにまた忘れている!」「分かったと言ったのに分かっていなかった!」などと思ったことはありませんか。
1年生のたし算やひき算、2年生から始まるかけ算、3年生から始まるわり算指導の代表的なプランを作ってきた芳賀先生に、楽しく学べる授業づくりのコツを教材教具とともに話してもらいます。
30年ぶりにあった教え子から「先生、あの○○を覚えているよ!」と言われた芳賀先生、そこから記憶に残る算数指導の秘密がわかります。ぜひお聞きください。
※時間の関係上、たし算とひき算についてお聞きしたい方は2日目の授業づくり講座でたくさん質問してください。

15:00〜17:00 分科会   
分科会予定レポート
(特別支援)  特別支援学校からのレポートを予定。
(小学校低学年)「かけ算指導のコツと教具」「たし算」「ゆび算脱出法(加減)」等
(小学校中学年)「3,4年生のわり算指導の落ちし穴」「小数導入と加減」「分数」等
(小学校高学年)「平均」「単位あたり量」「比」「割合」「対称」「小数の乗除」等
(中学校・高校) レポート多数

大会内容 2日目 (7月31日・日曜日)  
ぃ后В娃亜腺隠押В娃亜´A(小学校教具づくり)
B(授業づくり講座)
C(中学校・高校分科会)

※小学校教具・授業づくり講座(8講座)は先着順です。
※事前に第3希望まで受け付けます。
※事前申し込まれた方は当日変更も可能。
※3名以上連名でFAX申し込みで全員500円割引します。

FAX(098-932-6875:和泉)またはメール(izumi_ oki@ybb.ne.jp)で。

A [小学校授業づくり講座] ※実際の授業の様子を講師が細かく紹介します。
※材料等の準備で開設できない場合があります。事前に申し込まれた場合は変更があれば連絡します。人数の制限がありますから早めに申し込みされてください。
第1講座 教具と授業について      (担当 芳賀)
第2講座「特別支援」の授業づくりについて(担当 小田切忠人)
第3講座 教具と授業について      (担当 林由貴)

ぃ[教具づくり講座]……すぐに授業で使える教具を実際に作ります。
第4講座(担当:馬渕)「かけ器(2014年〜登場、新教具)」
     ※かけ算の授業で使います。京都の下田先生発案の教具を沖縄で実践しました。
第5講座(担当:西原 他)「3〜5年 小数タイル」
※小数の導入(3年)から加減乗除(3〜6年)まで使えます。
第6講座(担当:槙田)「3〜5年 わり器」  
※3年のわり算から4年の2けたのわり算まで使えます
第7講座(担当:山本、玉城他)「5〜6年ブラックボックスと割合」
   ※5,6年の最難関の割合を克服するブラックボックスと「○の饅頭!」
第8講座(担当:島袋他)
「ゆび算脱出プリント(加減)とフラッシュボード」。
      ※たし算、ひき算が苦手な子を助けるたし算フラッシュボード+新教具登場

C  中学校・高校分科会……初日の分科会の続きを行います。


2016年度地区研究大会!

2016年沖縄地区研究大会は盛会の内に終了しました! 
 多数のご参加(有料参加者127名)ありがとうございました。

メニューバーA


メニューバーB

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
大会申し込み開始!
2017年全国大会の申し込みを開始しました。
お問い合わせは事務局(仲地)まで
090-8406-3987