Wiki内検索
目次
初めに
投稿規定
情報提供のお願い
作品データ
完全版とコンチネンタル版
シナリオ
元ネタ集

新着記事
 6月12日 死ぬまでに観たい映画1001本
 5月01日 ダニエル・マイリック
 4月30日 CUT 2006-5
 4月07日 永千絵
 4月07日 森卓也

批評・発表年順
 1980年 9記事
 1981年 3記事+9
 1982年 0記事+1
 1983年 1記事
 1984年 1記事
 1985年 1記事
 1986年 0記事
 1987年 0記事
 1988年 3記事+1
 1989年 1記事
 1990年 2記事
 1991年 1記事
 1992年 0記事
 1993年 2記事
 1994年 0記事
 1995年 1記事
 1996年 2記事
 1997年 0記事+1
 1998年 1記事
 1999年 4記事+5
 2000年 2記事
 2001年 0記事+1
 2002年 2記事
 2003年 2記事
 2004年 0記事
 2005年 6記事
 2006年 2記事
 2007年 2記事

トリビア
リンク
タグ
最近更新したページ

シャイニング作品データ

■基本データ(スタッフ&キャスト)

製作スタンリー・キューブリック
監督スタンリー・キューブリック
製作総指揮ヤン・ハーラン
原作スティーヴン・キング
脚本スタンリー・キューブリック, ダイアン・ジョンソン
撮影ジョン・オルコット
編集レイ・ラヴジョイ
美術ロイ・ウォーカー
音楽ベラ・バートック, ウェンディ・カーロス
 
出演
  • ジャック・ニコルソン
  • シェリー・デュヴァル
  • ダニー・ロイド
  • スキャットマン・クローザース
  • バリー・ネルソン
  • フィリップ・ストーン
  • ジョー・ターケル
  • アン・ジャクソン

■基本データ(上映時間)

 キューブリックは公開後も自作を手直しするタイプの作家で、そのため様々なバージョンが発生してしまうのだが、『シャイニング』の場合もいくつかのバージョンが存在する。

 アメリカでの最初の公開バージョンは146分であったが、すぐにラストシーンがカットされ、今の形になった。この変更後のバージョンの上映時間は142分である。キューブリックは英国公開バージョンを119分とさらにカットし、日本でもそれが公開された。これがいわゆるコンチネンタル・バージョンである。

 ところが、後に日本で発売されたビデオは142分版であった。便宜上、これを完全版と呼ぶことにする。

 さらに後、DVD時代になった現在、日本での最初のリリースは完全版であったのだが、どういうわけかリマスター版による再発以降はコンチネンタル・バージョンになってしまった。

■画面サイズ

 撮影は35ミリで行われ、劇場では上下にマスクをかけた、いわゆるビスタサイズで上映された。

日米とも、発売されたビデオには最初にこのような文言が入っていた。DVDにも入っていたが、現在発売されているものには入っていない。

 ビデオ化にあたり、キューブリックはスタンダードサイズを望み、マスクをかけない、いわゆるフルサイズで発売された。DVD時代にもそれは継承されたが、2005年にWOWOWで、上下を切ったビスタサイズで完全版がハイビジョン放映された。『シャイニング』のビスタサイズが登場したのはおそらくこれが最初だろうと思われる。もっともこれは、ハイビジョン放送におけるフルサイズであり、キューブリックの意志は貫かれているとも考えられる。


2006年03月31日(金) 07:06:04 Modified by badsboss

添付ファイル一覧(全2件)
5059aefe6770eff9.jpg (69.92KB)
Uploaded by badsboss 2006年03月31日(金) 07:04:21
aac5ea8b215daacd.jpg (6.90KB)
Uploaded by badsboss 2006年03月11日(土) 14:28:08



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。