BBSとは?

…「BBSってなあに?」という方のための、ちょっと難しい説明です。

BBS(Big Brothers and Sisters Movement)とは、
誰にでも優しい心で接することを心がけながら 非行に走ってしまった少年少女、また立ち直ろうとしている少年少女、またその危険にある少年少女のよき友達・相談相手になって接していくことで、その立ち直りを援助している全国組織のボランティア団体です。

 ちょっと堅くなりますが、関東地方BBS連盟発行の「BBS活動の手引き」から、運動の定義を紹介します。

1.運動の目的

  「BBS運動は、非行少年のいないそして犯罪のない明るい社会の建設に寄与することを目的とする」犯罪のない明るい社会は、人間の希求する社会であり、その社会に近づけるための人間の努力は昔から続けられ、そして現代にも引き継がれている。また、将来へも継続されなくてはいけない。

 非行少年のいない社会も少年がいる限り、それは理想社会に近いものであり、その社会の実現はBBS運動の願いとするものである。

 BBS運動は、現に存在する非行少年を無くそうとすることにとどまらず、非行少年を出さないようにする予防活動をおこなうことで、理想的な社会の建設に積極的に貢献することを目的にするものである。

 BBS運動における非行少年とは、犯罪を犯した少年、犯罪を犯すおそれのある少年、および不良行為のある少年を総称しているものである。

2.運動の理念

 「BBS運動の理念は、友愛と奉仕の精神であり、青少年という世代を同じくする同士の交換である共感である。」

 ここで言う運動の理念とは、BBS運動を支え、推進する精神的な基盤で、運動の続く限り変わることのない基本的なものである。

 運動発足の歴史をみても、身近に非行少年をみた同世代の青年たちが、彼らを真に理解し、その立ち直りを助けることができるという確信の元に実践活動を始めたものである。

 ここで言う友愛の精神とは、兄弟愛、同胞愛から人類愛にまで高められた人間の人間に対する親愛に根ざす助け合いの精神である。

 奉仕の精神とは、人間の社会における欠くことのできない相互繁栄の思想に基づき、人間として社会共同の責任を果たそうとする精神である。

 共感とは同世代において共通した認識に立って、共に悩み共に考え、そして理解できる相互の精神的交流である。

3.会員綱領

 運動の理念、目的に基づいて会員の心構え、誓いを明示したものである。

  BBS会員は、友愛と良識をもって、非行少年のよいともだち  となります

 ◆BBS会員は、すべての人の信頼と尊敬をうけるよう、自己の  反省と練磨に努めます

  BBS会員は、明るい社会の建設に寄与します

  非行少年のよい友達になるということは、少年に対する好奇心や、一時的な感傷から友達という人間関係になるということではなく、少年に対する心からの友愛と奉仕の精神からでた友達関係を、非行少年との間に進んで持つようにすると言うことである。非行少年との友達活動は、健全な社会人としての教養と判断によって行われなくてはいけない。

 BBS会員は青年として自らを省みて、自己研鑽に励むことによりすべての人から尊敬され信頼されるような人になるよう努めなくてはいけない。

 明るい社会の建設は、すべての人がそれぞれの立場に立って、その実現を願っているものであるが、BBS会員はこの運動を通じて、非行少年のいない、犯罪のない明るい社会の建設を願い、実践活動によって積極的にこれに貢献するものである。

【以下は法務省法務総合研究所の犯罪白書(平成8年版)の説明です】
 BBS会
 BBS会は,非行少年の良い「ともだち」となり,その兄や姉の立場に立ってその立ち直りを助ける(これを「ともだち活動」という。)とともに,犯罪や非行のない地域社会を目指して非行防止活動を行う青年の民間団体であり,この趣旨に賛同する青年であれば,だれでも参加できる。 BBSとは,Big Brothers and Sisters Movementの略語であるが,我が国においては,アメリカ合衆国の先例を参考として,昭和22年に京都の学生によって始められ,25年には全国組織として全国BBS運動団体連絡協議会が結成されたが,27年に「日本BBS連盟」と改称され,今日に至っている。
 BBS会の活動の一つである「ともだち活動」は,主として,保護観察所の依頼に基づいて行うものであるが,このほかにも,児童相談所,家庭裁判所,警察,学校等から依頼を受けて,「ともだち活動」を行っている。なお,地域によっては,少年院在院中の少年たちと積極的な交歓・交流を図っている。
 二つ目の活動である「非行防止活動」としては,地域住民に対する普及・広報活動や環境浄化活動のほか,キャンプやレクリエーションなどを通じて,非行少年に限らず,地域の少年全般に働き掛ける活動を行っている。三つ目の活動である「研さん活動」としては,各種の活動や組織運営に必要な知識,技術の研さんを行い,社会の一員としての人格形成に努めている。
 BBS会の組織は,市区町村等の地域を単位として結成されている地区BBS会が基礎となっているが,平成8年4月1日現在,地区BBS会の数は572で,会員数は6,147人である。同日現在,保護観察所等から依頼を受けて行う「ともだち活動」の対象少年の数は270人である。
2005年07月20日(水) 15:03:31 Modified by bbsniigata

添付ファイル一覧(全1件)
76751c2a.gif (2.97KB)
Uploaded by bbsniigata 2005年07月20日(水) 14:06:17



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。