最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

FreeBSD(メモ)


※この wiki では、FreeBSD のインストール詳細は紹介してません。やってみてうまくいかないとかあった場合にもしかすると参考にはなるかもしれませんが、あくまですべて自己責任で・・・。

▲上へ [ 編集 ]


なぜか?

PC(旧石器時代頃?製)をオーバークロックしたら UBUNTU が起動不能になった。
CD のみでも起動せず、新規クリーンインストも不可状態。何やらデバイスの認識が正常にできなくなってしまったらしい。
それでも、MSWin は超快調に動作。

仕方がないので以前から興味のあった FreeBSD でも・・・と思った訳だがトンでももなく敷居が高かった!・・・ので途中経過メモメモ。


(余談1)
最近 UBUNTU 9.04 以前から FDD サポート外ということをはじめて知った。クロックアップ前に再インストした 9.10 で動作せず、9.04 に戻しても動かない。それまで何もなく動いてたのに!?
9.04 は、何が原因か不明だが何故か直った。FD で GRAB 起動してたので FD 無しの UBUNTU は考えにくい。
やったことは、FD フォーマットツールを入れたとか、日本語環境インストール?ユーザー追加?ユーザー権限変更?・・・などなど複合的要素で使えるようになる??
別の PC に入ってる 9.10(やっぱ動かない)でも同じ手順をしてみたが、上記の姑息な手順では駄目ぽい感じ・・。
(余談2)
別PC側 9.10 で最新のアップデートを適用したら カーネルパニックなんちゃらとか言ってアップデート版カーネルで起動せず。これも原因不明。そういえば旧石器PCに 9.10 入れたときの GRUB の動作が異常に遅かったが気のせいだろうか?9.04 から 9.10 にアップデートすると不具合出たような気がしたので新規インストなのに。
幸いにも、以前のカーネルだと正常起動するので放置してある。
(余談・・・)
などなど最近 UBUNTU に少しだけ不満もあったりしたが、よく出来たデストリだけに残念!・・・ルンルン!・・・とFreeBSD に浮気心をおこしたが、予想以上のツンデレです。


▲上へ [ 編集 ]


FreeBSD 8.0 インストール


参考サイト:http://mrs.suzu841.com/tebiki/freebsd80/install.ht...
他にもあるが、上記サイトが一番わかりやすいと思う。
CUI までは案外楽(?)かも。ただし X(GUI環境) を動かすことに比べればの話である。

FreeBSD ハンドブック Chapter 2. FreeBSDのインストール
絵ちゅうか文字だけなので理解するのが大変ぽいが、日本語本家筋?らしいのでためになると思う。

CUI までのトラブル

旧石器以前のバラバラPCを組み戻し、とりあえず挑戦してみることに。さすがに未踏OSのデュアルブートパーティーション作成(ディスクスライス)は避けました。CUI ベースは特に問題ないとおもうが、root ls で期待するディレクトリとか表示せず・・・でハマル。vi 使いにくいと嘆くとか・・・。

CUI 以降のトラブル


 pkg_add -r xorg

これが特にハマル。今話題の理研(ワカメスープ?)からうまくパッケージを取れない?みたいなエラー続発?HD容量不足でインスコエラーとそのときは思ったのだが・・・。

機械(PC)的には動いてもよさげと思いつつ、石器時代のPCに VercualBox をインスコして再挑戦。MS の VarcualBox インスト注意勧告メッセージを笑いつつ仮想PCを立ち上げ、CUI までたどり着く。
今回は ftp 先を指定せず xorg パッケージ取得を試みたところエラー無しで進行した。
(すごい時間掛かった!)


▲上へ [ 編集 ]


xorg 以降のトラブル


もちろん再起動(仮想側)し・・・

 cd /usr/local/lib/X11
 Xorg -configure       # <------- こいつ
 cp -p xorg.conf.new xorg.conf

っと進みたいのだが、# <- こいつ のところで

 hogePC# Xorg -configure            # ってやると...
 Xorg: not found ...                # なんちゃらっと答える

とか吐く・・・

これは仮想環境での FreeBSD インストールに問題があったのかも知れない。

pkg_add -r xorg で見た目エラー無しだが要は失敗と判断。

 cd /usr/ports/x11/xorg   # <-- ディレクトリここだったか不明(事後再)
 make install clean

っとやった。

これで駄目なら、CentOS / Vine のどっちかにしようと同時に CDイメージ をダウンロード。

しかし、Xorg: not found はすんなり回避。但し、すんごい時間掛かった!!


▲上へ [ 編集 ]


startx 後のトラブル


まだ genom とか入れてないが・・・

 startx

ってやってみた。

 xclock: not found ...

もう、ちかれちった。。。・・・えいやぁ!っと・・・

 pkg_add -r xclock    # <- やけくそ

やったら、すんなり通った。ちなみに理研からは取れなかった。

 hoge-pc# startx

目出度くウインドウが起動しましたとさ。

※注:ヴァーチャル環境と実機は違うみたいなので要注意。どっかのサイトで見かけたが・・・どこだったかもう不明。
サイトわかりました:http://ichmy.homeip.net/virtualbsd/ です。


▲上へ [ 編集 ]


x window は起動したものの・・・


(多分 XFree86 が起動したと思う。)
キーボードとマウスが全く効かない・・・
さてさて・・・

http://www.finkproject.org/doc/x11/trouble.php?php...

の「7.3 キーボードが XFree86 で反応しない」ちゅーのをみつけました。

 startx -- -quartz -keymap USA.keymapping

とか一応ためすが、例のごとく・・・。バージョンとも関係するとおもうので深入りを避けました。

結論から言うと、ヴァーチャル環境設定の見直しで解決。

hogepc# vi /etc/rc.conf

以下、rc.conf の修正と追加

 ・・・
 hald_enable="YES"
 dbus_enable="YES"
 #moused_enable="YES"           <- コメントアウト
(引用:http://ichmy.homeip.net/virtualbsd/

ここでの問題は、上記修正で改善したと思われる。


(この時点で xorg.conf は /X11 にコピー済みである。)

hogepc# vi /・・・/X11/xorg.conf

ヴァーチャルなので不要と思い記述してなかった HorizSync , VertRefresh を念のため追加。

    Section "Monitor"
      Identifier     "Monitor0"
      VendorName     "Monitor Vendor"
      Modelname      "MonitorModel"
      HorizSync      31.5 - 65.0        # <- これと
      VertRefresh    50.0 - 90.0        # <- これ
    EndSection
(引用:http://ichmy.homeip.net/virtualbsd/

上記のついでに実施。多分値は使用ディスプレイにあわせる必要があると思うが・・・ヘタすりゃ壊れる?!


目出度く、キーボード、及び、マウスが XFree86 上で動作するようになりましたとさ。
但し、表示画面が多分 1280x1024 二変更された模様。

再度 xorg.conf の編集

 ・・・
 Section "Screen"
    Identifier "Screen0"
    Device   "Card0"
    Monitor   "Monitor0"
    SubSection "Display"
        Modes  "1024x768"    # <- こいつをセクションに繰返し追加
        Viewport  0 0
        Depth   1
    EndSubSection
    SubSection "Display" 
    SubSection "Display"
        Modes  "1024x768"    # <- 繰返し追加
        Viewport  0 0
        Depth   1
    EndSubSection
    SubSection "Display" 
 ・・・

目出度く実機画面内に収まるようになった。


▲上へ [ 編集 ]


その他の作業


その他、ここまで実施した作業の覚書

 vi .cshrc

によるその他の修正など。
(ここまでの結果に直接関係しないと思われる操作は割愛)


 ・・・
 setenv LANG ja_JP.EUC       # 行追加
 ・・・

※必要か否か不明(不具合も現状無い)
※setenv PACKAGEROOT ftp:// url 指定は、少なくとも自分と相性が悪いようである。い LANG 指定との関係不明。

 vi .profile

一応行追加したが、x window 起動に関係ないので割愛。ちなみに上記 .profile は root 用とのことで、作成したユーザ事に別途存在するとのことである。

 vi /home/hoge/.profile
 ・・・
 vi /home/hoge2/.profile
 ・・・ とか ・・・

しかも・・・

 ・・・
 HOME=root          # --> ユーザー別に /home/hoge とかになるらしい
 ・・・
 ・・・
 alias ls ls -G     # ちなみに ls での表示をカラーにするコマンドエイリアス

※alias ls ls -g は、別途設定ファイルで指定も出来るようである。また、この行を操作しても自分の環境で ls の表示がカラーにはならず、色分けのファイルを有効にするか作るかする必要がある模様。
※HOME=/home/hoge などは、そのユーザーの HOME PATH 指定となるらしいので結構重要ぽい。今回のトラブルには関係ないが・・・。

 pkg_info | grep xorg

で、もっとしっかりチェックしてれば何か足りないとかわかったかも・・・等と後で思ったりして。


 cd /usr/local/lib/X11            <--- で X11 へ移動し
 Xorg -configure                  <--- これを実行するが・・・


何故か xorg.conf.new は、root 直下に作成される。
多分、実行したユーザー HOME に作成されるという事だと思われるが・・・


 cp -p xorg.conf.new xorg.conf


これは、HOME ディレクトリから、/X11 ディレクトリへコピーするように解釈する必要があると思う。


 cd /usr/local/lib/X11/

または、

 vi /usr/local/lib/X11/xorg.conf

とし、/X11 以下へコピーした xorg.conf を修正・編集

 ・・・
 Section "InputDevice"
     Identifier  "Keyboard0"
     Driver      "kbd"
     option      "XkbRules" "xorg"     # <- 
     option      "XkbModel" "jp106"    # <- 
     option      "XkbLayout" "jp"      # <- 
 EndSection
 ・・・

※ ↓◆↓を追加。これが現状有効に機能しているかは不明である。日本語入力はまだ出来ないので。

同じく、 xorg.conf の以下  ↓

 ・・・
 Setion "Monitor"
   Identifier  "Monitor0"
   VendorName  "Monitor Vendor"
   ModelName   "Monitor Model"
 ## Comment all HorizSync and VertSync values to use DDC:
   HorizSync    31.5 - 64.3            # <-
   VertRefresh  50.0 - 70.0            # <-
 EndSection
 ・・・

※ここの値は調べてから設定しないと、もしかするとディスプレイとか LCD とか壊す可能性も?本体側への悪影響も否定出来ないとおもう。また、別サイトを参考に(適当に)設定したのでここでの値とは異なる。

 ・・・
 Section "Screen"
    Identifier "Screen0"
    Device   "Card0"
    Monitor   "Monitor0"
    SubSection "Display"
        Modes  "1280x1024"             # <- 
        ・・・
    EndSubSection
    SubSection "Display"
        Modes  "1280x1024"             # <-  以下繰り返し
        ・・・

※解像度指定のようである。前述の horizsync , vertrefresh の変更で表示可能な最大解像度に変更されたようなので、ちょっと小さめに再設定を行ってみた。


▲上へ [ 編集 ]


長くなってきたので、Genome2 以降 へページ分けしました。


link

関連ページ

2010年12月26日(日) 11:26:38 Modified by sakura_momo2




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。