最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

TiMidity の使い方 :: 音源変換


音源再生


 $ man tymidity            // help 表示(日本語)
 $ tymidity filename.mid   // 再生
 $ tymidity ./             // カレントディレクトリ内 mid 連続再生
 $ tymidity directry       // 指定ディレクトリ内 mid 連続再生
 % timidity file.zip#file.mid // .zip 内 file.mid を演奏
 % timidity file.lzh#*.mid // .lzh 内 *.mid にマッチするファイル演奏

対応圧縮ファイル

 tar, tar+gzip(*.tar.gz, *.tgz), zip , lzh

演奏可能 midi ファイル

 .mid, .rmi .rcp, .r36, .g18, .g36 .mfi .kar .mod, mod.* .wrd
 ※携帯着メロ等も再生可で Karaoke フォーマットでは歌詞も表示。

timidity++ (gui)

 synaptic で timidiry 検索 関連全部入れたら timidity++ の gui がメニューにインストールされてました。
 gui が使い難い場合、メニューエディタで timidity -ig とするか、端末で叩くと gtk++ のシンプルな gui が表示されます。ms-win なら -iw or -iW のようですが・・・未確認です。


編集

音源変換


 なんと一石二鳥な・・・ SoX 不要で .wav も .au へも変換可能。
 .au も .wav も java でそのまま再生出来ました!

 元の .mid は frequency が高くて音飛び改善不能と思われる。勿論、通常のサウンドレコーダーなどでは再生問題無し。
 .mid のまま frequency を -s 8000 には流石に出来ないみたい。

 ただ、 .mod -> .mid に変換出来る様なんですが・・・ .mid -> .mod に変換出来ない・・・ .mod に音源変換出来る・・・そふと・・・そふと・・・(きりがねぇ!)

コマンドラインとオプション指定


  • $ man timidity で日本語 help が表示される。

 $ timidity -Ou input.mid -o output.au
 $ timidity -Oa input.mid -o output.aiff
 $ timidity -Ow input.mid -o output.wav

 -Ox は出力ファイルタイプ指定
 -o filename は出力ファイル名指定

 $ timidity -OuSu8U input.mid -o output.au

 S, --output-stereo
 u, --output-unsigned
 8, --output-8bit
 U, --output-ulaw

 ・・・これは指定方法未確認・・・> OK でした。

Java で使える音源変換方法


 $ timidity -OuSu8U -s 8000 input.mid -o output.au
 $ timidity -OwSu8U -s 8000 input.mid -o output.wav

 -s frequency

 変換する音源ファイル事に使えるオプションが違うと思いますが、エラー表示で無視して変換されるみたいです。


編集

関連ページ




▲上へ [ 編集 ]
2011年04月05日(火) 09:15:09 Modified by sakura_momo2




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。