最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

Ubuntu ショートカットメモ


Ubuntu ショートカット


Ubuntu ショートカットキーの編集


XF86〜 は多分キーボードの専用キー割当てが出来るものと思われる。
要はメーカー製で『メール』『ブラウザ』『音量』などプログラムキーが無いと使えないってことかな?(未確認)

『電卓』『Web』『検索』・・・ボタンとかなければ、書き換えても良いし『独自のショートカット』に Ctrl + Alt + C などで追加するのもよいと思う。またメニューエディタでショートカットの組み合わせを表示させると覚え易い。

Zoom In / Zoom Out は面白いので是非やってみてください。
(おおっ!とビックリ!! 自己責任でね!)

▲上へ [ 編集 ]


キーボードショートカットの編集手順


  1. 【システム】→【編集】→【キーボード・ショートカット】→【追加】ボタン
  2. 【独自のショートカット】で『名前』『コマンド』登録
  3. 追加された『独自のショートカット』以下に項目右でキー登録
以上


▲上へ [ 編集 ]

Windows ショートカット


出来れば操作をあわせたい ・・・ などと ・・・
基本的に Windows のショートカットは固定のようだが、ツール(フリーソフト)などを使用してレジストリを弄繰り回すと変更も可能みたい。

このあたり から TuweekUI とか DL してみたが・・・
別のツールが必要みたい。

Ubuntu / Windows 対応表


Ubuntu Windows
■■■ サウンド ■■■
ミュート XF86AudioMute
音量小 XF86・・・
音量大 XF86・・・
■■■ デスクトップ ■■■
検索 (F3) F3
更新 (F5) F5
電卓 XF86Calculator}
E-mail XF86Mail
Web XF86WWW}
ホームを開く XF86Explorer}
検索 XF86Search}
* Zoom In 無->Si+Ct+【+】変更
* Zoom Out 無->Si+Ct+【-】変更
ログアウト Ct+Al+Del
画面をロック Ct+Al+L
アプリ実行 Al+F2}
メニューの表示 Al+F1
スクリーンショット PrScr PrScr
(cur)スクリーンショット Al+PrScr Al+PrScr
端末 Ct+Al+T}
ウィンドウピッカー Mod4+W :
Expo key Mod4+E
■■■ アクセシビリティ ■■■
初期で全無効状態
■■■ ウィンドウ管理 ■■■
(cur)ウィンド・メニュー Al+Space
(cur)最大化・最小化 Al+F10 ( F11 同? )
閉じる Al+F4 Al+F4
最小化 Al+F9
移動 Al+F7
サイズ変更 Al+F8
* (cur.w)右 WS 移動 Si+Ct+Al+→
* (cur.w)左 WS 移動 Si+Ct+Al+←
* (cur.w)上 WS 移動 Si+Ct+Al+↑
* (cur.w)下 WS 移動 Si+Ct+Al+↓
ウィンドウ間を移動 Al+Tab Al+Tab/Al+Esc
デスクトップ表示(全隠) Ct+Al+D Win+D
* (WS)右 WS 移動 Ct+Al+→
* (WS)左 WS 移動 Ct+Al+←
* (WS)上 WS 移動 Ct+Al+↑
* (WS)下 WS 移動 Ct+Al+↓
■■■ 独自のショートカット(登録したもの) ■■■
システムモニタ Ct+Al+S
電卓 Ct+Al+C
ファイルの検索 F3 <-
※ ・Ctrl=Ct ・Alt=Al ・Shift=Si Curent=cur WorkSpace=WS ・PrintScren=PrScr
・()内は一致又は合わせ ・Mod1:Ctrl ・Mod4:Alt ・"*"付:OS/環境固有



▲上へ [ 編集 ]

Windows ショートカット割り当て


フリーソフトで設定可能な他、多分レジストリ操作で可能と思われる。
簡単な方法ではデスクトップにショートカットを作成し、これにショートカットを登録することで簡単に設定可能である。
但し一度ショートカット設定すると(多分レジストリに登録される?)その解除が簡単に出来ないようである。
同一キーで再設定しようとしても出来ないみたい。

※登録されたショートカットの削除方法は知りませんので、自己責任で!


無関係なメモ


Windows で特定のウィンドウを「常に前面に表示」させる。
多分ソフト自体にその機能があれば問題ないと思われるが、普通に無いみたい。

例えば「電卓」「メモ帳」「時計」等を常に前面に表示させて置きたいのに・・・。

Ubuntu とか OS でサポートすしてるのが無いと不便でしょうがない。

色々探したところ ここ の 「MM TopMost」が便利と思われる。

インストールも不要なのだが、逆に面倒なことに別途ランチャーソフトがショートカットキーの登録などが必要となる。
非常中で動作するが NET Framework が必要。mmtopmost1100.zip ではトグルで動作するため、前バージョンのように、topmost on/off の2つの動作指定をしなくて良くなっているため便利。


▲上へ [ 編集 ]
2011年05月04日(水) 09:36:38 Modified by cafeboy1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。