最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

VB2005XML処理

VB2005::XMLドキュメントの処理・簡易リファレンス

この記事は書きかけです。

予備知識のようなもの
Imports System
System 名前空間には、共通して使用される値データ型と参照データ型、イベントとイベント ハンドラ、インターフェイス、属性、および処理例外を定義する基本的なクラスや基本クラスが含まれています。
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/system(VS...
Imports System.Xml
System.Xml 名前空間は、XML を処理するための標準ベースのサポートを提供
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/system.xm...
Imports System.Text.RegularExpressions
System.Text.RegularExpressions 名前空間には、.NET Framework 正規表現エンジンへのアクセスを提供するクラスが含まれています。この名前空間は、Microsoft .NET Framework 内で実行するいずれのプラットフォームまたは言語より使用される可能性のある正規表現機能を提供します。
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/system.te...


▲上へ


Xmlドキュメントを読み込む



XmlDocumentクラスを利用する


.NET Framework クラス ライブラリ
XmlDocument クラス
XML ドキュメントを表します。

Visual Basic (使用法)
Dim instance As XmlDocument

== ローカルのXMLファイルを利用 ==
Xml.XmlDocument.Load(FILE_PATH)
Dim XmlWebSrvInstance As New Xml.XmlDocument
XmlWebSrvInstance.Load("c:\WebSrv\srv.xml")

== WebサービスのURLを指定 ==
Xml.XmlDocument.Load(URL)
Dim XmlWebSrvInstance As New Xml.XmlDocument
XmlWebSrvInstance.Load("http://sample-WebSrv.com/XmlSrv/Rest/Srv.xml")


▲上へ


WebClientを利用する


.NET Framework クラス ライブラリ
WebClient メンバ
URI で識別されるリソースとのデータの送受信用の共通のメソッドを提供します。==

.NET Framework クラス ライブラリ
File.OpenRead メソッド
読み取り用の既存のファイルを開きます。

Visual Basic (使用法)
Dim path As String
Dim returnValue As FileStream
returnValue = File.OpenRead(path)

.NET Framework クラス ライブラリ
Stream メンバ
バイト シーケンスのジェネリック ビューを提供します。

Visual Basic (使用法)
Dim instance As Stream

.NET Framework クラス ライブラリ
XmlDocument.Load メソッド (Stream)
指定したストリームから XML ドキュメントを読み込みます。

Visual Basic (使用法)
Dim instance As XmlDocument
Dim inStream As Stream

instance.Load(inStream)

== 記述例 ==
System.Net.WebClient() , System.IO.Stream を使用し Xml.XmlDocument.Load()

.NET Framework クラス ライブラリ
WebClient.OpenRead メソッド (String)

Visual Basic (使用法)
Dim instance As WebClient
Dim address As String
Dim returnValue As Stream

returnValue = instance.OpenRead(address)

Const WEB_SRV_URI As String = "http://sample-WebSrv.com/XmlSrv/Rest/Srv.xml"
Dim XmlWebSrvInstance As New Xml.XmlDocument
Dim XmlWebSrvClient As New System.Net.WebClient()
Dim SysIoStream As System.IO.Stream = XmlWebSrvClient.OpenRead(WEB_SRV_URI)

XmlWebSrvInstance.Load(SysIoStream)

SysIoStream.Close()

== 記述例 ==
System.Net.HttpWebRequest , System.Net.HttpWebResponse を使用し Xml.XmlDocumen.Load()

.NET Framework クラス ライブラリ
HttpWebRequest クラス

Visual Basic (使用法)
Dim instance As HttpWebRequest

.NET Framework クラス ライブラリ
WebRequest.Create メソッド (String)

Visual Basic (使用法)
Dim requestUriString As String
Dim returnValue As WebRequest

returnValue = WebRequest.Create(requestUriString)

.NET Framework クラス ライブラリ
HttpWebResponse クラス

Visual Basic (使用法)
Dim instance As HttpWebResponse

.NET Framework クラス ライブラリ
HttpWebRequest.GetResponse メソッド

Visual Basic (使用法)
Dim instance As HttpWebRequest
Dim returnValue As WebResponse

returnValue = instance.GetResponse

.NET Framework クラス ライブラリ
HttpWebResponse.GetResponseStream メソッド

Visual Basic (使用法)
Dim instance As HttpWebResponse
Dim returnValue As Stream

returnValue = instance.GetResponseStream


Const WEB_SRV_URI As String = "http://sample-WebSrv.com/XmlSrv/Rest/Srv.xml"
Dim XmlWebSrvInstance As New Xml.XmlDocument
Dim HttpWebRequest As System.Net.HttpWebRequest
HttpWebRequest = System.Net.HttpWebRequest.Create(WEB_SRV_URI)
Dim HttpWebResPonse As System.Net.HttpWebResponse = HttpWebRequest.GetResponse()

XmlWebSrvInstance.Load(HttpWebResPonse.GetResponseStream())


▲上へ


XmlDocument.LoadXmlメソッドを利用する


.NET Framework クラス ライブラリ
XmlDocument.LoadXml メソッド
指定した文字列から XML ドキュメントを読み込みます。

Visual Basic (使用法)
Dim instance As XmlDocument
Dim xml As String
instance.LoadXml(xml)

== 記述例 ==
Xml.XmlDocument.LoadXml(strXml)
Dim XmlWebSrvInstance As New Xml.XmlDocument
Dim strXml As String = "<item><name>wrench</name></item>"

XmlWebSrvInstance.LoadXml(strXml)
※strXml :: XMLデータが読み込まれた変数名

==使用例==
XML を XmlDocument オブジェクトに読み込み、ファイルに保存する例。
Visual Basic コードのコピー
Imports System
Imports System.Xml

public class Sample

 public shared sub Main()

  ' Create the XmlDocument.
  Dim doc as XmlDocument = new XmlDocument()
  doc.LoadXml("<item><name>wrench</name></item>")

  ' Add a price element.
  Dim newElem as XmlElement = doc.CreateElement("price")
  newElem.InnerText = "10.95"
  doc.DocumentElement.AppendChild(newElem)

  ' Save the document to a file and auto-indent the output.
  Dim writer as XmlTextWriter = new XmlTextWriter("data.xml",nothing)
  writer.Formatting = Formatting.Indented
  doc.Save(writer)

 end sub

end class

※上記 ↑ XmlDocumentオブジェクトの作成


▲上へ


XmlTextReaderクラスを使用する


.NET Framework クラス ライブラリ
XmlTextReader.Read メソッド

Visual Basic (使用法)
Dim instance As XmlTextReader
Dim returnValue As Boolean

returnValue = instance.Read


== 記述例 ==
Dim xlr As XmlTextReader        'XML
xlr = New XmlTextReader(WebSrv)

While xlr.Read()                  'XMLファイル読み込みを繰り返す
  Select Case xlr.LocalName         'XMLタグによる処理分岐
    Case "Title"                      '<Title>
      Title = xlr.ReadString
      ListBox4.Items.Add(Title)
    Case "DetailPageURL"              '<DetailPageURL>
      Url = xlr.ReadString
      ListBox5.Items.Add(Url)
    Case "ClickUrl"                   '<ClickUrl>
      Url = xlr.ReadString
      ListBox5.Items.Add(Url)
  End Select
End While

xlr.Close()


▲上へ


VB2005関連リンク


VisualBasic2005の本

入門向け


入門以上


専門向け(理系・DB・その他)



wiki内関連ページ


外部リンク

MSDN


▲上へ
2007年10月27日(土) 09:56:49 Modified by cafeboy1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。