最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

VBA 変換関数


VBA 変換関数


--- 関係無いメモ ---

 ※別のアカウントでカウンターを作り直した。問題解決!!

 まわ〜る、回る、放置してたら 99905 まで回ってた・・・。
 もう少しで、アクセス 0件 だぁ〜!

 ※どーも、久しぶりなので lv wiki の文法で書くのがめんどい・・・。

 カウンタを1桁増やすにも、サイドバーを広げないと・・・。
 すると、表示幅を変更する必要が出て CSS 全体の変更になる・・・。

 ・・・ 目眩がしてくるので、0件でいいや ・・・ (@_@)


 ・・・ げっ! ひとり増えてる・・・ (-_-;) ie だけ崩れた・・・ 面倒なので放置・・・


 さて、この VBA 関連のページは、相当昔にメモってた物であるが、当時の目的は、Access VBA だったと思う・・・
 今回は、Excel VBA を使う必要のため 主に Excel を主体に追記していこうと思う。
 此れまでの記述も Access に特化した部分は無かったと思うが・・・、Access VBA / Excel VBA に分けた方が良いのだろう?と思いつつ、ごっちゃに書いていく・・・。
 Access より、book や sheet , cell 関係と、専用命令が多いので、多分汎用的な書き方は無理だろうーなぁ〜と思われる。


▲上へ [ 編集 ]


変数の型とデータ型変換関数


VBA 変数と定数 頁から、新規ページを作成し暖簾分け。

データ型変換関数

 expression で指定した値(式・変数・文字列)を、目的の型に変換する。
 引数 expression には任意の「文字列式」または「数式」指定必須。

'書式例:
' 倍精度浮動小数点型へのデータ型変換の書式例。
' expression は変換する引数を代入する。
dblval = CDbl( expression )

関数名 戻り値のデータ型 引数 ( expression ) の範囲
CBool ブール型 (Boolean) 任意の有効な文字列または数式
CByte バイト型 (Byte) 0 〜 255
CCur 通貨型 (Currency) -922,337,203,685,477.5808 〜 922,337,203,685,477.5807
CDate 日付型 (Date) 任意の有効な日付式
CDbl 倍精度浮動小数点数型 (Double) ●負の値 ::
-1.79769313486231E308 〜 -4.94065645841247E-324
●正の値 ::
4.94065645841247E-324 〜 1.79769313486232E308
CDec 10 進型 (Decimal) ●小数点以下 0 ::
-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335
〜 79,228,162,514,264,337,593,543,950,335
●小数点以下 28 ::
-7.9228162514264337593543950335
〜 7.9228162514264337593543950335
●絶対値の最小値は 0 を除く場合 ::
0.0000000000000000000000000001
CInt 整数型 (Integer) -32,768 〜 32,767 ※小数部丸め処理
CLng 長整数型 (Long) -2,147,483,648 〜 2,147,483,647。※小数部丸め
CSng 単精度浮動小数点数型 (Single) ●負の値 :: -3.402823E38 〜 -1.401298E-45
●正の値 :: 1.401298E-45 〜 3.402823E38
CVar バリアント型 (Variant) ●数値の場合 :: 倍精度浮動小数点数型と同じ。
●数値以外の場合 :: 文字列型の範囲と同じ。
CStr 文字列型 (String) CStr 関数の戻り値は引数 expression により異なる。


▲上へ [ 編集 ]


リンク


初めてでも分かるVBAの本



内部リンク



外部リンク


  • まだありません


▲上へ [ 編集 ]
2009年02月16日(月) 00:41:19 Modified by cafeboy1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。