最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

VBA MsgBox関数


MsgBox関数

VBA と VB2005 での メッセージボックスの違いについての簡単な覚え書き。
※vb2005 のメッセージボックスの説明を VBA 主体に手直ししただけ … (^^ゞ

▲上へ

VBA / vb2005 MsgBoxの定数

vb2005の表へVBAのMsgBoxの定数を追加・正誤未確認
■設定値※MsgBox()、MessageBox.Show()混在
※MSDNライブラリ(ローカルヘルプ)より抜粋 + 説明内に動作未確認の戻り値を追記
※2007.10.24 VBA の MsgBox関数について,vb2005の表へ追記して表示。動作確認はまだしていません。
※VBA の MsgBox関数では、MsgBox "text",… / x=MsgBox(…) と言った記述方法がある。

MsgBox ボタンの種類を定義する

※vb2005のために作った表へVBAのMsgBox定数を追加・修正・正誤未確認
メンバ説明
※vb6.0・VBAの定数名はvbをメンバ名の前に付加します。例:vbOKOnlyなど
(vb2005相当の定数)
*付きのメンバ名は MessageBox.show() 使用時に MessageBoxButtons.OK などとして利用可。但し、OKCancel と OK では表示ボタンが異なるので注意
ボタンの数と種類(vb2005:MessageBoxButtons)
(vba)vbOkOnly・値未確認
OKOnly
0 [OK]ボタンを表示:【OK=1】
(vba)vbOkCancel・値未確認
*OKCancel / *OK
MsgBoxResult.OK
1 [OK] / [キャンセル]ボタン表示 :【OK=1】【Cancel=2】
MassageBox.Show()使用時の OK は、[OK]ボタンのみ表示です。
(vba)vbAbortRetryIgnore・未確認
*AbortRetryIgnore / Cancel
MsgBoxResult.Cancel
2 [中止] / [再試行] / [無視]ボタンを表示 :【Abort=3】【Retry=4】【Ignore=5】
(vba)vbYesNoCancel・未確認
*YesNoCancel / Abort
MsgBoxResult.Abort
3 [はい] / [いいえ] / [キャンセル]ボタンを表示:【Yes=6】【No=7】【Cancel=2】
(vba)vbYesNo・未確認
*YesNo / Retry
MsgBoxResult.Retry
4 [はい] / [いいえ]ボタンを表示 :【Yes=6】【No=7】
(vba)vbRetryCancel・未確認
*RetryCancel / Ignore
MsgBoxResult.Ignore
5 [再試行] / [キャンセル]ボタンを表示 :【Retry=4】【Cancel=2】
Yes
MsgBoxResult.Yes
6 [はい]ボタンを表示 :【Yes=6】
No
MsgBoxResult.No
7 [いいえ]ボタンを表示 :【No=7】
戻り値:(vba)vbOk,vbCancel,vbAbort,vbRetry,vbIgnore,vbYes,vbNo。戻り値はvb2005と同じ。
【OK=1】 / 【Cancel=2】 / 【Abort=3】 / 【Retry=4】 / 【Ignore=5】 / 【Yes=6】 / 【No=7】

▲上へ

MsgBox アイコンスタイル定義する

※vb2005のために作った表へVBAのMsgBox定数を追加・修正・正誤未確認
メンバ説明
アイコンスタイルの定義(vb2005:MessageBoxIcon)
*MessageBoxIcon列挙体共通、()内は列挙体専用、+は.NET Compact Framework によるサポート(詳細不明)
(vba)vbCritical・未確認
Critical
(Error,+Hand,Stop)
16 (X)警告メッセージアイコン表示
(vba)vbQuestion・未確認
*+Question
32 (?)問い合わせメッセージアイコン表示
(vba)vbExclamation・未確認
*+Exclamation
(Warning)
48 (!)注意メッセージアイコン表示
(vba)vbInformation
*Information
(+Asterisk)
64 (i)情報メッセージアイコン表示
(+None) - アイコン記号を表示しない
警告:Critical=(×) / 問合:Question=(?) / 注意:Exclamation=(!) / 情報:Information=(i)
使用例:x=msgbox("ファイルを削除しますか?",vbOKCancel + vbQuestion,"ファイルの削除")

▲上へ

MsgBox 既定のボタンを定義する

※vb2005のために作った表へVBAのMsgBox定数を追加・修正・正誤未確認
メンバ説明
既定のボタン(vb2005:MessageBoxDefaultButton)
()内は、MessageBoxDefaultButton 列挙体定数
DefaultButton1
(Button1)
0 第1ボタン標準
DefaultButton2
(Button2)
256 第2ボタン標準
DefaultButton3
(Button3)
512 第3ボタン標準
使用例:x=MsgBox("File Read Error。再試行しますか?",vbAbortRetryIgnore + vbCritical + vbDefaultButton2,"読み込みエラー")

▲上へ

MsgBox モーダル指定・その他

※vb2005のために作った表へVBAのMsgBox定数を追加・修正・正誤未確認
※内容未チェック(他のもホトンド未チェックデスガ…特に意味不明が多いので…)
メンバ説明
モーダル指定
ApplicationModal 0 操作応答までアプリ実行停止
SystemModal 4096 操作応答まですべてのアプリ中断
前面表示・テキスト表示指定(vb2005:MessageBoxOptions)
MsgBoxSetForeground 65536 最前面表示します
(vba)vbMsgBoxRight・未確認
MsgBoxRight
524288 テキストを右寄せ表示
MsgBoxRtlReading 1048576 ヘブライ語やアラビア語システムの右→左表記指定

▲上へ

VBA / VB2005 MsgBox関数の使い方


VBA MsgBox関数

'▼VBA
'//値を取らない(戻値不要)MsgBox関数
MsgBox "message text" , _
       vbQuestion + vbYesNo + vbDefaultButton2 , _
       "Title"
'//値を取る(要戻値)MsgBox関数は、引数をカッコで括ります。
x=MsgBox( _
       "message text" , _
       vbQuestion + vbYesNo + vbDefaultButton2 , _
       "Title" )

VB2005 MsgBox() / MessageBox()

'▼VB2005
x=MsgBox(Prompt,Buttons,Title)
   ・・・と・・・
x=MessageBox.Show( Message, 
                   Caption,
                   MessageBoxButtons,
                   MessageBoxIcon,
                   MessageBoxDefaultButton,
                   MessageBoxOptions )
※vb2005では新たにMessageBox.Showを使用することが推奨されている。しかし下位互換のMsgBoxも従来通りサポートされているので利用可能。

▲上へ

リンク


初めてでも分かるVBAの本



内部リンク



外部リンク


  • まだありません

▲上へ
2009年02月03日(火) 22:48:13 Modified by cafeboy1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。