最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

Windows の最適化



▲上へ  [[編集]

バックアップ作成の事前準備メモ

 サイズデカすぎ・・・。win 上で削除出来ないのも linux で mount すれば何でも消せる。
 リカバリ直後の sp 適用で膨れ上がる C:\ ドライブの減量。出来れば DVD 1枚の 4.5G 上限以下にしたい。
 更に、MS Office の sp 適用(認証済)も入れた状態で DVD 1枚に抑えたいので取りあえず 3G 以下まで・・・目標。

 前提:リカバリ直後、且つ SP 適用状態のイメージ作成済みであること。
 (失敗しても戻せるので)

 「プログラムの追加と削除」の表示項目は「元に戻せるデータ」が表示項目分保存されている事を意味する。
 Windows UpDate などの更新を、戻す必要が無いなら復元情報は削除できることになる。

 遣り過ぎると逆におかしくなる可能性もあるが・・・


Cドライブの容量削減

※内容未保障!

サービスパック関連での減量

NtUninstallKB の削除


ゴミ箱未使用時は、選択 * Ctrl + 削除(即削除となるので要注意!)

1. C:\Windows|$NtUninstallKB*******$ の削除
  要注意:$hf_mig$ は削除しないこと!

  *.log *.old 等も削除可能(ついで程度)

2. C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download\ 内の削除
4. C:\WINDOWS\ie8updates\

5. その他

  システムの復元データ、ディスククリーンアップ・・・とか・・・
  Office UpDate 関連のバックアップデータとか「プログラムの追加と削除」で表示される既知の問題が無い「更新プログラム」の復元データ(古いプログラム)など。

  古い Java Ran time 関連とか・・・
  
6. 削除の除外
  C:\Windows\ServicePackFiles\
  オプションの追加が出来なくなる。

***



▲上へ  [編集]

2009-07 以前のメモ



xp(2) 使用メモリのメモ
  • 起動時約300M AVG 起動あり。Outpost 削除、Opera起動状態。
  • サービス停止:起動直後、約240M 、Opera起動で約290M あまり変わらず。
  • フォント削除:フォント削除しまくり -> イラレ起動後、新規・既存ファイル開けず。
    及び、IEタブバーなどの背景部分が黒くなる障害発生。(※実用上問題ないようだが・・・)
    • 再インストールで回避されたが、何だったのだろう?(※フォント削除が原因?)
      DW には問題無いようだった。IEもイラレ再インストで何故か問題解決。

xp(1) 使用メモリのメモ
  • 通常 起動後 256M 程度使用
  • 不要と思われるサービス停止等 170-190M
  • 徹底的なサービス停止と不要フォント削除 ---> 80-90M
  • 更にtt(g),o フォントも削除、セキュリティ停止 ---> 64-75M ※画面文字化け発生
  • 一部フォント戻し ---> 75-80M この辺が限界? -> PF使用量で 60M 切った!

効果が高いと思われた設定
  • サービス停止:当然サービス悪くなる。
    • プリンタ、共有も思い切って「停止・無効」
    • DHCP、DNS も固定して停止させようか迷っている。(トラブル時の再がめんどい)
      ※大概リカバリ時に後悔する。
  • 常駐削除:もともと常駐させてない・・・(当然)
  • フォントの削除
    • 緑TT も削除可能ある模様。※文字化け注意。
    • O もほとんど削除(O 削除不能はゾンビの如く復活する)した。 ※文字化け注意。


Windows の最適化メモ


 以下のごとく TEMP ファイルの統合について記載しているが、あくまでメモ。実施はしていない。

  • 予想される問題点
    • セキュリティの問題(これが最大の問題点)
プレーンテキストで個人情報が共有される場合が怖い。
    • ユーザー別の同一アプリ利用での影響。
例えば、異常終了、別ユーザ同アプリを別アカウントで起動時の動作が読めない。(未確認)
  • 期待される効果
    • ディスク領域の節約
    • ディスククリーンアップなどが1度で済む。
※逆に、他のユーザの TEMP が残存する場合でも削除される問題はあるが、TEMP フォルダは原則アプリ終了時に削除されることを前提とした物なので、行儀の悪いプログラムでもない限り問題ないと判断するのが妥当。
    • システムフォルダから切り離すことができる。

… など …

レジストリ関連フリーソフト(メモ)


名称 概要 使用感
Glary Utilities ・多機能・評価高・要インスト ・・・いい感じ・・・
CCleaner ・この筋の定番品らしい・要インスト 未使用
RegSeeker ・インストール不要・日本語化手動パッチ 未使用
※Spybot - Search & Destroy に不要レジストリ管理機能があるので、インストしてればそれを使っても可。

▲上へ

トラブル回避メモ


サービス停止

実施内容 トラブル 対策
原因不明 サービス依存関係表示不能に陥る一時標準戻
DCOM Server Process Launcher 停止deflug 実行不可 開始
Automatic Updates (自動更新)停止
Background Intelligent Transfer Service 停止
Event Log 停止
WinUp不能 開始
Network Connections 無効ネットワーク接続に何も表示されなくなった?
ローカルエリアネットワークアイコン(タスクトレイも...)も非表示だが、インターネット接続には影響が無い模様。
放置、様子見
NVIDIA Driver Helper Service 停止???? 表示に特に影響無い様子 ???様子見
※(もっとあるけど…)取り合えずこんなもん?

▲上へ [ 編集 ]  

サービス・スタートアップ等メモ


ワトソン博士の停止


  • 「システムのプロパティ」→「起動と回復」→「デバック情報の書き込み」→「なし」
  • ファイル名を指定・・・>「drwtsn32」→すべてのチェックを外す。
    • 常駐解除
      regedit → LOCAL~\SOFT~\Ms\Win~NT\CurrentV~\AeDebug → Auto 1 ⇒ 0
      (※長いので略記。かつ!非保障!)

自動ログオン(利便性優先)


 「ファイル名を指定して実行」→「control userpasswords2」

 同時に制限ユーザへ変更して「自動ログオン」したところ、ZornAlarm の TrueVecter とやらがシャットダウンしたままの状態となった。vsmon.exe とか、zlclient.exe とかは動いているが…どうしたものやら回避不可...

 ZornAlarm は、制限ユーザで使用することが考慮されてないのか? それとも、サービス切り過ぎ?

サービス

※内容非保証。転記ミス未チェック。環境完全依存。使用用途により異なる。
※個人的見解:所有者管理・メンテ。多少のファイル共有がある程度を想定。利用環境でのセキュリティポリシーなどの違いにより問題が発生する場合がある。(個人的メモ:参考とすること自体自己責任!
※w2k/xp 混在:[ 編集 ]
Servce Name Status memo
w2k .NET Runtime Optimization Service mn
2 w2k/xp Alerter ds 不要
3 xp Application Layer Gateway Service st mn xp firewall(ICF)
接続共有(ICS)
未使用停止可
w2k/xp Application Management mn 停止不可
? w2k/xp ASP.NET 状態サービス (State Service) mn 依存無し
- w2k/xp Automatic Updates (自動更新) st au 手動なら不要/xp->手動
2?w2k/xp Background Intelligent
Transfer Service
mn ...に依存無
winup未使用->停止可?
4 w2k/xp ClipBook ds 不要
2?w2k/xp COM+ Event System st mn xp無効?
停止問題発生なら戻す
? COM+ System Application 上記連動
? w2k/xp Computer Browser st au file共有関連
? Cryptographic Services st au ドライバ認証
WinUp関連
N xp:sp3?DCOM Server Process Launcher st au sp3で追加?
停止->deflug不能
* w2k/xp DHCP Client st au 手動代替可
2 w2k/xp Distributed Link Tracking Client mn domain関連?
? w2k/xp Distributed Transaction Coordinator mn ...依存無
1*w2k/xp DNS Client st au 手動代替可?
X - Error Reporting Service - - MS Error報告
w2k/xp Event Log st au 停止可?
WinUpに必要
停止速度低下?
N xp:sp3?Extensible Authentication
Protocol Service
mn sp3で追加?
w2k FAX Service ds 不要
1?xp Fast User Switching Compatibility st mn 複数 user 管理?
user 簡易切替機能
停止「ようこそ」非表示
停止でOK?
N xp:sp3?Health Key and Centificate
Management Service
mn sp3で追加?
3 xp Help and Support ds
2 xp HTTP SSL mn IIS-SSLで要
->不要
1 xp Human Interface Device Access ds KB AP起動button関連?
USB関連正常で停止可
xp IMAPI CD-Burning COM Service mn
4 w2k/xp Indexing Service mn 不要
- - Infrared Monitor 赤外線モニタ
w2k Internet Connection Sharing (ICS) ds 停止->問題出てない。
3?xp IPSEC Services st au domain/vpn 未使用不要?
w2k IPSEC Policy Agent mn
w2k/xp Logical Disk Manager st au xp->手動?
論理Disk管理
w2k/xp Logical Disk Manager
Administrative Service
mn 上記連動
4 w2k/xp Messenger ds 停止->問題確認無
内部AP使用の可能性?
1?xp MS Software Shadow Copy Provider mn MS backup tool
不要?
w2k MSCSPTISRV mn
3?w2k/xp Net Logon mn domain 不参加不要?
4 w2k/xp NetMeeting Remote Desktop Sharing ds 不要:xp->手動?
N xp:sp3?Network Access Protection Agent mn sp3で追加?
w2k/xp Network Connections st mn
2 w2k/xp Network DDE mn xp->無効?
停止可
2?w2k/xp Network DDE DSDM mn xp->無効?
同上
xp Network Location Awareness (NLA) st mn 接続共有(ICS)
他で利用?
? xp Network Provisioning Service mn 無効でもOK?
停止->遅く?
w2k npkcsv au
2 w2k/xp NT LM Security Support Provider mn ?sp3で消?
Telnet 等未使用
停止可?
w2k PACSPTISVR mn
? w2k/xp Performance Logs and Alerts mn COM+関連?
log関連
停止一部機能不全注
w2k/xp Plug and Play st au
2 w2k/xp Portable Media Serial Number Service mn MP3(iPod)等未使用停止可
w2k/xp Print Spooler st au prn 未使用無効可?
w2k Protected Storage st au system の file 保護?
pass とか...
誹弱?
1?w2k/xp QoS RSVP mn 停止可?
帯域予約
(実質利用されてない?)
w2k Remote Access Auto Connection Manager ds 停止->問題確認中
xp->手
modem/pppoe未使用停止可
w2k Remote Access Connection Manager ds 停止->問題確認中
xp->開,手
RemotoAssistant用
X xp Remote Desktop Help Session Manager mn X:遠隔操作関連
w2k/xp Remote Procedure Call (RPC) st au 停止禁!
w2k/xp Remote Procedure Call (RPC) Locator mn ???sp3で消滅??
X w2k Remote Registry Service ds X:遠隔操作関連
2 w2k/xp Removable Storage st au xp->手動
TapeDrive専用?
w2k/xp Routing and Remote Access ds 停止->問題出てない
w2k RunAs Service st au 停止可?
winup使用?
3 xp Secondary Logon st au 同時ログイン可否
停止可
w2k/xp Security Accounts Manager st au 要否不明?
xp Security Center st au freesoft使用等
初期監視便利
1?w2k/xp Server st mn ?sp3で消?
file/prn共有関連
xp Shell Hardware Detection st au device 関連
自動認識補助?
X w2k Smart Card ds 不要/xp手動
X w2k Smart Card Helper ds 不要
3?xp SSDP Discovery Service st mn upnp 関連
停止可?
1?w2k/xp System Event Notification st au xp->自動
COM+関連 停止OK?
2?xp System Restore Service st au system復元
未使用停止可
- w2k/xp Task Scheduler ds 不要/xp->開,自
xp最適化関連有?
w2k/xp TCP/IP NetBIOS Helper (Service) st au ファイル共有で必要
4 w2k/xp Telephony ds 不要/xp->開,自
modem未使用停止可
MS認証時要
3 xp Terminal Servies st mn リモートdesktop
iPodで必要?
3 w2k Telnet ds 不要
xp Themes st au 基本的に不要
寂しくなる...
X w2k/xp Uninterruptible Power Supply ds 不要/xp->手動
UPS管理
3?xp Universal Plug and Play Device Host mn upnp関連
停止可?
w2k Utility Manager mn
? - Upload Manager - - ファイル共有関連?
停止可?
??xp Volume Shadow Copy mn MS backup 関連?
2?xp WebClient st au
xp Windows Audio st au
2?xp Windows Firewall/Internet
Connection Sharing (ICS)
st au xp firewall 接続共有
? xp Windows Image Acquisition (WIA) mn スキャナ・カメラ関連?
w2k/xp Windows Installer st mn xp->手動
1?w2k/xp Windows Management Instrumentation st au
w2k Windows Management Instrumentation
Driver Extensions
mn
w2k/xp Windows Time mn xp->開,自
N xp:sp3?Wired AutoConfig mn sp3で追加?
- w2k Wireless Configuration ds 未使用
- xp Wireless Zero Connfiguration mn WLAN未使用
xp WMI Performance Adapter mn
??w2k Workstation st au xp->手動
※稼動状態、AP使用状態によって異なる。
※絶対にとめてはいけないもの?判りません。
ドライバ・セキュリティ・追加ソフト関連 :[ 編集 ]
- AVG8 E-mail Scanner st au
- AVG8 WatchDog st au
- Avira AntiVir Parsonal
- Free Antivirus Guard
st au
- Avira AntiVir Parsonal
- Free Antivirus Scheduler
st au
- Avast! Antivirus st au
- avast! iAVS4 Control Service st au
- avast! Mail Scanner st mn
- avast! Web Scanner st mn
- Sony SPTI Service mn
- NVIDIA Display Driver Service st au (w2k)
- NVIDIA Driver Helper Service st au (xp)
- Outpost Firewall Service st au
- Google Updater Service ds 不要
- SQL Server (SQLEXPRESS) mn 未使用
- SQL Server Active Directory Helper ds 未使用
- SQL Server Browser mn 未使用
- Visual Studio Debugger Proxy Service mn
※稼動状態、AP使用状態によって異なる。
※セキュリティ関連は実質停止不可。
※ZoneArarm はサービスとして組み込まれないようである。
[ 編集 ]
※pc の利用目的、環境により詳細な検討が必要 = 相応以上の知識が必要である。
※個人的環境において 不要判断->X , 停止検討->値(高値:停止候補) , ?->不明(確認中) , ( - )->実施済(変更無)

※窓の杜に「デーモンバスター」と言うフリーツール有り。これにより簡単&比較的安全にサービス停止が可能と思われる。
※sp3 で変更がある模様。詳細不明。


▲上へ

スタートアッププログラム

 「ファイル名を指定して実行」→「msconfig」→「システム構成ユーティリティ」起動

xp で「無効」へ変更後のメモリ状態
起動直後            :140MB前後
セキュリティ関連起動:190MB前後
実使用時            :230MB〜250MB
Avira AntiVir 実行中:300MB〜
※やはり 256MB は最低欲しいところである。

1)削除可能なフォント:SimHei(TrueTipe) 9809KB。とりあえずフォントフォルダより移動。
2)スタートアップ停止可能現状なし。
3)サービスを停止済みの項目の表示は無い為、特に変更なし。
4)prn,time,復元,その他すべて停止(無効)してみた。

※手詰まりか?

▲上へ

B::TEMP,TMP の移動

(自己責任!内容非保証)

 環境変数には、「システム環境変数」と「ユーザー環境変数」がある。
 Windows となっても、環境変数は未だに使われていて、ここでシステムデフォルト、ユーザーデフォルトを保持している。

■ユーザー環境変数
TMP C:\Document and Settings\ … user profile … \Local Settings\Temp %USERPROFILE%\Local Settings\Temp
TEMP C:\Document and Settings\ … user profile … \Local Settings\Temp %USERPROFILE%\Local Settings\Temp
※ユーザー環境変数の TMP TEMP を削除すると、システム側で設定された TMP,TEMP が使用されユーザー別に不要なテンポラリを作成しなくなる。(!実施は、自己責任!

■システム環境変数
windirC:\Windows
C:\WINNT
%SystemRoot% OSバージョンに依存
TMP C:\Windows\TEMP
C:\WINNT\TEMP
%SystemRoot%\TEMP
TEMP C:\Windows\TEMP
C:\WINNT\TEMP
%SystemRoot%\TEMP
Path ユーザー、システム環境依存
※windir の改変は厳禁!(解っていてやる人は自己責任で…未確認だが、多分、起動不能/不具合発生の可能性大。)
※TMP, TEMP は、%SystemRoot% を指定せず、D:\TEMP などとして、システムパーティーションから外に固定の設定をする。(全て自己責任で!内容、動作に保証無し。)特に、複数ユーザーが、個別にテンポラリファイル領域を持っている場合効果があると思われる。シングルユーザーでは意味が無いでしょう。

▲上へ

Windows / linux のデスク構成の違いメモ

(遥か昔、スラッグウェアのインストール時の記憶を元に記載しているので、これもかなり適当である。確か、物理的にパーティションを分割し、linux 上ではドライブという概念が無いのでそれぞれ root 以降フォルダとして連鎖する仕様だったような … Windows で言うところの アクティブディレクトリとか言うやつか?(…よく知らない…し!))

 A:: での内容実施結果、現在システムドライブの空き状態は、43% まで復旧している。Windows のシステムは、何でも間でも c:\ へぶち込むため、フラグメンテーションの発生で使えば使うほど PC の動作が遅くなることは、容易に想像がつく。

 linux などは、システム領域、データ領域、スワップ領域、…と完全にパーティーションを分割する…、Windows は、特段の決まりも無いのでメーカPC買うと全部1パーティーションにぶち込まれている場合が多いと思う。Windows はメンテナンスフリーも売り文句だったと思うが…

 仮に、1パーティーションで長期使用で動作が重くなれば、経験的にディスクデフラグを繰り返すと、案外動作が早くなったりする。…が、ものすごく時間が掛かる…
 システム関連、データ関連、スワップ関連、… パーティションは、分けるべきと考えるのは当然である。

▲上へ

A::最適化の経緯と注意点メモ


 VC++ インストールにより更に システムドライブ(C:)が圧迫されてしまった。

 VB インストール時意識せずシステムドライブの c:\Program Files へ行った。その後 Visual Studio 系のインストールは全て同ドライブ以外受付されない状況である。(MS仕様)

 現在、vb2005, SQL Server, vc++2005, Platform SDK … など、巨大プログラム群の移動は実質不可能(面倒なので不可能である!)、及び、MS Office も同ドライブへ鎮座(これも面倒(特にupdateが…)で移動不可能…)、クリーンインストールの機会でもあれば最適化したいがそれは最悪な状態を意味する…

 できる範囲で別ドライブへデータ移動(*1)、一部アプリケーションの移動(*2)、また、パフォーマンス向上のため不要サービス停止(*3)、できる範囲でクリーンアップ実施(*4)、各アプリケーション、環境変数の見直し(*5)…、など実施する羽目に陥っている。

(*1)c:\…\My Documents を d:\…\My Documents 又は、d:\MyDocuments を作成、移動。及び、swap file を d:\…へ移動
(*2)c:\Program Files の不要、利用頻度低アプリ削除と d:\Program Files への再インストール。
(*3)実際使わないサービスが多い!停止して問題無いものは徹底的に停止させている。また停止することによりセキュリティが向上する物もある。(…不正動作・操作(攻撃)対象の停止…)。但し、自己責任!PC が起動しない、動作不調、起動に時間が掛かるようになるなどが発生する可能性大!!!
(*4)ツールを利用した レジストリクリーンアップなど…自己責任!PC が起動しない、動作不調、起動に時間が掛かるようになるなどが発生する可能性大!!!
(*5)各アプリケーションの作業フォルダを d:\… へ移動するなど、及び、環境変数 TMP, TEMP の変更。

※*1,*2,*3,*4,*5 何れも、PC不調、データ紛失/破壊、システム破壊の可能性が考えられるので、もし実施するなら自己責任!となる。
※今回、TMP,TEMP を c:\… から d:\… へ移動するに当たっての覚書きである。
※もう一つやっているのが、パーティーションを切る際、アクセス使用頻度の高いドライブを物理的外周へ意図して配置する方法…。例えば、c: d: e: と切る場合で d: の領域のデータアクセスを最速化したい場合、HDD 物理面上 d:(最外周) c:(中間) e:(最内週) と割り当てる。工夫すれば案外簡単にできる。

▲上へ

リンク


内部リンク


      •  なし ・・・

▲上へ

外部リンク


参考:
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/389extp...
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/189sete...
検索:
http://www.google.com/search?q=%E3%82%B7%E3%82%B9%...
http://www.google.com/search?q=linux+%E3%82%A4%E3%...


▲上へ

独り言


重いなぁ〜


 終了時に終了遅れ vsmon.exe(約9M) 調べたところ、ZornAram らしい... んぅーん!

 期待の Avira AntiVir だが、かなり AVG に似ている感じ。しかし、AVG より重い?メールチェックが無いのは怖いが、読み込み時はさすがにチェックしてくれる物と期待したい。

※「テキストベースで添付ファイル対策考えれば良いだけ...」と思えばさほどでも無い。

斬った、切った!


 かなりのサービスを切った。
 プリンタも停止、自動更新も停止、ファイル共有もとりあえず停止、システムの復元も停止。

 とりあえず、様子を見てみよう。

ZornAlarm と TrueVector サービス?


 制限ユーザーでログインすると、「TrueVector サービス…シャットダウンされています。」と表示される。
 ZornAlarm と制限ユーザでは、ロックすると「権限」のあるユーザでログイン、解除しないとならないとかあるらしく(未確認)やっぱ、入れ替えか・・・。

 重いし・・・(TrueVector service なんてどこ探しても見当たらない。)

サービス停止と「システムの自動起動」


 サービスを無効にしすぎたせいか、「システムの自動起動」カウントを操作すると、カウントがとまってしまう。

 原因不明状態・・・(他のPCで確認したところ、デュアルブートの仕様と思われる。)

▲上へ

インターネット接続の最適化

(ブロードバンド接続の最適化メモ)

 ルータが壊れた・・・調べたところ電源アダプタが逝ってしまったようだが、別のに替えたら復活。
 副産物的なブロバン的知識のメモ書き。

MTU と RWIN


 MTU RWIN 変更は レジストリを編集する。「窓の手」などの設定変更ツールなど使用で間単に出来る。

MTU(Max Transfer Unit)の求め方

ping -f -l 1500 www.yahoo.co.jp など
※1500 は、見込みMTU
応答のある最大値 mtu' を採用

設定値:MTU = mtu' + 28
※28 は、ping ヘッダ(1472+28=1500)となるので、プロバイダ公表の MTU 値はそのまま通らない。

 このようなことをしなくても、プロバイダのマニュアルに載っていると思うので、それで OK。

■参考
サービスMTU(byte)
Ethernet / CATV / eAccess / ACCA / Yahoo 等の多くのサービス ・・・ 1500
B flets / flets ADSL 等のNTT系の多くのサービス ・・・ 1454
PPPoE(MTU上限) 1492
※参考メモ。違うかもしれない。

▲上へ [ 編集 ]

RWIN(receive window size)の計算式


 早い話が、インターネットデータ受取 buff。
 buff なので多い方が良いに決まっていると思うが、win は標準的に少なめの初期設定の模様。

  • 95-w2k ---> ダイヤルアップ時代の超低速向け buff。1.5M 程度の超低速 ADSL でも不足する。更に 95-98 は不具合(バグ)有るらしい。
  • xp -------> 標準で 65534byte らしいが・・・ FTTH には不足するらしい。
  • vista ----> 知りません。

■計算式(計算方法1)
MSS = MTU - 40
RWIN = MSS * バッファ数(10〜200の任意の倍数)

※無駄に多くてもメモリを圧迫するのみ、また、再送時等ロスが出るらしいので高速、最小近辺の値が良いらしい。

 あとは実測、最大効率で決定する。

■計算式(計算方法2)
 帯域幅(通信速度)を元に計算する。

MSS=MTU-40
rwin' = 帯域幅(kbps) / 8 * 平均往復時間(ms) * 1.5
倍率(切上) = rwin' / MSS
RWIN = MSS * 倍率

※帯域に対して大きな倍率が返るようで・・・「計算式1」が最適化に適している?とも思われる???


▲上へ [ 編集 ]
2011年09月29日(木) 07:53:28 Modified by sakura_momo2




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。