最近更新したページ
2013-10-20
2013-09-29
2013-09-23
2012-01-07
2011-11-09
2011-10-23
2011-10-09
2011-10-01
2011-09-29
2011-09-03
2011-08-07
2011-08-02
2011-07-29
2011-07-10
2011-05-05
2011-05-04
2011-04-24
2011-04-13
2011-04-05
2011-03-26
2011-02-18
2011-02-15
2010-12-26
2010-12-07
2010-12-05
2010-11-23
2010-09-28
2010-09-23
2010-08-26
2010-08-22
2010-07-16
2010-01-17
2010-01-11
2009-10-04
2009-08-21
2009-08-13
2009-06-18
2009-06-01
2009-04-29
2009-02-16
2009-02-11
2009-02-03
2008-07-22
2008-07-21
2008-07-15
2008-07-14
2008-07-13
2008-07-12
2008-07-08
2008-07-05
2008-06-28
2008-06-17
2008-06-05
2008-06-02
2008-06-01
2008-05-29
2008-05-26
2008-05-21
2008-05-19
2008-05-18
2007-10-31
2007-10-27
2007-09-28
2007-09-23
2007-09-17
2007-09-16
2007-09-14
2007-09-11
2007-06-18
2007-04-15
2006-12-21
2006-11-30
2006-11-22
2006-08-17
2006-03-29
2006-03-28
2006-03-27

vb2005mdbファイル(AccessFile.mdb)


Access.mdbデータベース入出力処理

この記事は書きかけです。

予備知識のようなもの
'AccessFile.mdb::ドライブ・パス・ファイル名の指定
Dim MdbFile AS string       = "C:\DirPath\AccessFile.mdb"
'セキュリティ指定
Dim SecPresence As String   = "False"

'長いので分割しました・・・(^_^;)
Const DB_PROVIDER As String = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;"
Dim DatSource As String     = "Data Source=" & MdbFile & ";"
Dim SecInfo As String       = "Persist Security Info=" & SecPresence

'mdbファイル読み書きの共通部
Dim conn As New OleDbConnection(DB_PROVIDER & DatSource & SecInfo)
Dim sqlcmd As OleDbCommand = conn.CreateCommand


▲上へ


mdbファイルの読み書き



mdbテーブルからレコードを読み出す

SQL SELECT文
SELECT [Field_Name] FROM [Table_Name] WHERE [Key_Field_Name]=['文字列'/値]

▲上へ


mdbテーブルのレコードを更新する

Dim mdbconn As New OleDbConnection(DB_PROVIDER & DatSource)
Dim sqlcmd As OleDbCommand = mdbconn.CreateCommand
sqlcmd.CommandText = _
    "update [Table_Name] " _
  & "   set [Field1]=[値],[Field2]=[値],…更新するFieldのみ列記… " _
  & " where [RecKeyField]=[key値]"

Try
  mdbconn.Open()
  sqlcmd.ExecuteNonQuery()
Catch ex As Exception
  MsgBox(更新処理に失敗しました)	'更新対象レコードが存在しないなど…
  flg = Felse			'更新用関数として処理失敗を返すなど…後処理に備える
Finally
  mdbconn.Close()
End Try
※try 〜 chach 〜 end try の例外処理は、動作チェック前から有効にしてあると、誤動作でも例外(エラー)をスルーしてしまうので注意!

SQL UPDATE文
UPDATE [Table_Name] SET [Field_Name1]=['文字列'/値], [Field_Name2]=['文字列'/値], … WHERE [Key_Field_Name]=['文字列'/値]

▲上へ


mdbテーブルへ1レコード追加する

Dim mdbconn As New OleDbConnection(DB_PROVIDER & DatSource)
Dim sqlcmd As OleDbCommand = mdbconn.CreateCommand
sqlcmd.CommandText = _
    "insert into [Table_Name] " _
  & "     values ([値],[値],…全フィールドを列記…)"

Try
  mdbconn.Open()
  sqlcmd.ExecuteNonQuery()
Catch ex As Exception
  MsgBox(追加処理に失敗しました)	'既に追加対象レコードが存在する場合など…
  flg = Felse			'追加用関数として処理失敗を返すなど…後処理に備える
Finally
  mdbconn.Close()
End Try
※try 〜 chach 〜 end try の例外処理は、動作チェック前から有効にしてあると、誤動作でも例外(エラー)をスルーしてしまうので注意!

SQL INSERT文
INSERT INTO [Table_Name] VALUES (['文字列'/値],['文字列'/値],…フィールド分列記…)

▲上へ


VB2005関連リンク


VisualBasic2005の本

入門向け


入門以上


専門向け(理系・DB・その他)



wiki内関連ページ



外部リンク

MSDN


▲上へ
2007年10月27日(土) 09:46:30 Modified by cafeboy1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。