作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱組曲「西湘の風雅」(作詩:大木惇夫)

西湘の風雅セイショウノフウガ指示速度調性拍子
1酒匂川サカワガワAndantino4分音符=ca.84ヘ長調4/4
2野茨と蜜蜂の中へノバラトミツバチノナカヘAllegro4分音符=ca.126ヘ長調3/4
3春来ればハルクレバAndantino4分音符=ca.84ホ短調4/4
4風と葦切カゼトヨシキリModerato付点4分音符=ca.92ハ短調6/8
5赤き屋根アカキヤネAndante4分音符=ca.72ヘ長調4/4
6海音カイオンModerato付点4分音符=ca.92ハ短調4/4

作品データ

作品番号:T73:M60n
作曲年月日:2000年?月?日
小田原男声合唱団による委嘱

初演データ

初演団体:小田原男声合唱団
初演指揮者:外山浩爾
初演年月日:2001年11月10日
小田原男声合唱団創立30周年記念演奏会

楽譜・音源データ


男声合唱組曲「西湘の風雅」

作品について

小田原に縁のある詩人を、との委嘱により、大木惇夫の「西湘の景物」に関する詩をセレクト。
西湘は小田原市を中心とした地域の総称。
『赤き屋根』で詠われているのは小田原にある白秋山荘。
委嘱団体の特性を生かすべく詩を選ぶ過程で『海音』を目にしたとき、多田が若いとき新婚旅行の道中で降り立った小田原の浜辺を思い出したとのこと。
詩の出典
「酒匂川」……『秋に見る夢』(アルス、1926年)
上記以外……『風・光・木の葉』(アルス、1925年)

歌詩

参考文献

なまずの孫 3びきめ 「VI 水晶山をもとめて―大木惇夫の詩による合唱曲『遠い母に』『西湘の風雅』『雨』について―」

リンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます