作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱組曲「雪と花火」(作詩:北原白秋)

雪と花火ユキトハナビ指示速度調性拍子
1片恋カタコイModerato4分音符=92ニ短調4/4
2彼岸花ヒガンバナAndantino4分音符=84ト長調2/4
3芥子の葉ケシノハAllegro vivace4分音符=176ニ短調2/4
4花火ハナビModerato4分音符=92ニ長調4/4

作品データ

作品番号:T03:M03
作曲年月日:1957年?月?日
同志社グリークラブによる委嘱

初演データ

初演団体:同志社グリークラブ
初演指揮者:河原林昭良
初演年月日:1957年3月16日
同志社グリークラブ広島演奏会(於広島公会堂)
(同志社グリークラブ、同OB会編『One Purpose(同志社グリークラブ愛唱曲集)』(1997年)にもとづく)

第1〜3曲は同志社グリークラブ中国・九州演奏旅行の当初から演奏されていたが、終曲の完成が遅れたため、上記の広島公演が全曲初演の場となった。第2曲は1957年1月19日の同志社グリークラブ創立52年度卒業生の為の送別演奏会や、2月23日の同志社グリークラブ 奈良高校招待演奏会などで演奏されていたようである。

その後改訂版が作成され、同年6月16日、カリフォルニア大学グリークラブ演奏会(於同志社栄光館)にて同団・同指揮者によって再演(『同志社グリークラブ80年の歩み』では初演と記載・別ソースでは決定版初演とも)。さらに1週間後(23日)に行われた第6回東西四大学合唱演奏会(於日本青年館)でも再演された。

楽譜・音源データ

作品について

同志社グリークラブに多田家の次兄がいる縁で委嘱。
1955年の全日本合唱コンクール課題曲公募で佳作を受賞した『彼岸花』を含む合唱組曲として着想された。多田氏本人が東京へ移り住んで間もない頃だったため、東京の風物への印象を合唱組曲にして残そうとし、北原白秋の詩集「雪と花火(初版時は東京景物詩及其他)」の中から男女の心の綾を描いた詩に題材を求めた。
多田が好むドビュッシーの前奏曲集第2巻終曲「花火」にあやかって、終曲に『花火』を配置。
同志社グリーは1957年の第6回東西四大学合唱演奏会でこの組曲を演奏後、その年の全日本合唱コンクールで優勝を果たしている。

当初『冬の夜の物語』を組み込むことも検討されたが、組曲構成上の都合で断念(のちに「東京景物詩」の第5曲として作曲された)。

『片恋』の「曳舟」の読みは当初「ひきぶね」だったが、「多田武彦男声合唱曲集 1」第26刷(1998年10月31日付)で「ひきふね」に改訂された。
『芥子の葉』の「芥子(けし)」の読みは当初「からし」であった(「けし」版の初演は前出のカリフォルニア大学グリークラブ演奏会にて)。

第9回東西四大学OB合唱連盟演奏会(1993年7月18日、於東京厚生年金会館ホール)にて、クローバークラブが「1957年初演版」を演奏した。
詩の出典
『東京景物詩及其他』(東雲堂書店、1913年):第3版からは『雪と花火』に改題。

歌詩

片恋
あかしやの金と赤とがちるぞえな
かはたれの秋の光にちるぞえな
片恋の薄着のねるのわがうれひ
「曳船」の水のほとりをゆくころを
やはらかな君が吐息のちるぞえな
あかしやの金と赤とがちるぞえな
彼岸花
憎い男の心臓を
針で突かうとした女、
それは何時かのたはむれ。

昼寝のあとに、
ハツとして、
けふも驚くわが疲れ。

憎い男の心臓を
針で突かうとした女、―─
もしや棄てたら、キツとまた。

どうせ、湿地の
彼岸花、
蛇がからめば
身は細そる。

赤い、湿地の
彼岸花、
午後の三時の鐘が鳴る。
芥子の葉
芥子は芥子ゆゑ香もさびし。
ひとが泣かうと、泣くまいと
なんのその葉が知るものぞ。

ひとはひとゆゑ身のほそる、
芥子がちらふとちるまいと、
なんのその身が知るものぞ。

わたしはわたし、
芥子は芥子、
なんのゆかりもないものを。
花火
花火があがる、
銀と緑の孔雀玉……パツとしだれてちりかかる。
紺青の夜の薄あかり、
ほんにゆかしい歌麿の舟のけしきにちりかかる。

花火が消ゆる。
薄紫の孔雀玉……紅くとろけてちりかかる。
Toron……tonton……Toron……tonton……
色とにほひがちりかかる。
両国橋の水と空とにちりかかる。

花火があがる。
薄い光と汐風に、
義理と情の孔雀玉……涙しとしとちりかかる。
涙しとしと爪弾の歌のこころにちりかかる。
団扇片手のうしろつきつんと澄ませど、あのやうに
舟のへさきにちりかかる。

花火があがる、
銀と緑の孔雀玉……パツとかなしくちりかかる。
紺青の夜に、大河に、
夏の帽子にちりかかる。
アイスクリームひえびえとふくむ手つきにちりかかる。
わかいこころの孔雀玉、
ええなんとせう、消えかかる。

リンク

コメント
日本の合唱名曲選 多田武彦作品集ブックレット
私と同志社グリークラブ〜同志社グリークラブ80年の歩み
男声合唱組曲「雪と花火」の縹色 〜東京クローバークラブ創立50周年記念演奏会プログラム
更紗模様の夕べ クローバークラブ演奏会 〜「更紗模様」初演演奏会のプログラム(「雪と花火」委嘱時のエピソードあり)
パンフ
同志社グリークラブ1957年春期演奏旅行 本来は3/10の舞鶴演奏会プログラムから全曲演奏されることになっていたようである。
福岡大学メール・ハーモニー第22回定期演奏会(PDF)
実演

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます