作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱組曲「南国の空青けれど」(作詩:立原道造)

南国の空青けれどナンゴクノソラアオケレド指示速度調性拍子備考
1真冬のかたみにマフユノカタミニAllegro4分音符=132caニ短調4/4
2夜想楽ヤソウラクAndantino4分音符=80caハ長調3/4Tenor Solo
3憩らひヤスライLento2分音符=54caニ長調2/2
4窓下楽ソウカラクAndante4分音符=72caホ短調4/4Bass Solo
5夢のあとユメノアトAndantino4分音符=80caト短調4/4
6南国の空青けれどナンゴクノソラアオケレドAndante付点4分音符=72caニ短調6/8

作品データ

作品番号:T92:M74n
立教大学グリークラブによる委嘱

初演データ

初演団体:立教大学グリークラブ
初演指揮者:髙坂徹
初演年月日:2009年11月14日
立教大学グリークラブ第100回記念定期演奏会(於東京芸術劇場大ホール)

※「髙」=『高』の異体字(いわゆるハシゴ高)

作品について

詩の出典
「眞冬のかたみに‥‥」「憩らひ」「窓下楽」……『優しき歌』(角川書店の第三次『立原道造全集』編纂にあたって復元されたもの。1947年に角川書店から出版された同名詩集とは別)
「夜想楽」「南國の空青けれど」……未刊詩篇

歌詩

眞冬のかたみに‥‥
Heinrich Vogeler gewidmet

追ひもせずに 追はれもせずに 枯木のかげに
立つて 見つめてゐる まつ白い雲の
おもてに ながされた 私の影を――
(かなしく 青い形は 見えて来る)

私はきいてゐる さう! たしかに
私は きいてゐる その影の うたつてゐるのを……
それは涙ぐんだ鼻声に かへらない
昔の過ぎた夏花のしらべを うたふ

あれは頬白 あれは鶸 あれは 樅の樹 あれは
私……私は鶸 私は 樅の樹…… こたへもなしに
私と影とは 眺めあふ いつかもそれはさうだつたやうに

影は きいてゐる 私の心に うたふのを
ひとすぢの 古い小川のさやぎのやうに
溢れる泪の うたふのを……雪のおもてに――
夜想楽
「夏への四つのプレリユウド」から

若葉には目にしむ風がさわさわと薫つてゐたが
巡るおもひに何かひそんでゐたのだらうか?
少女は僕にうたつてきかせた
――或る真冬の夕ぐれに それは

雪つむ野路のうすあかりでした
わたしの胸からよろこびが
誰かのしらない唇に盗まれました
わたしはそれから慰さめをばかり

渇いた口に呼ぶうたをうたつて
すごしてをりますと――
真冬の夕べの雪あかりに

しのんで行つたのは誰の心か?
そうして少女のあこがれが痛い予覚に
盗まれたのは?――少女よ それを僕に語つておくれ
憩らひ
――薊のすきな子に――

風は 或るとき流れて行つた
絵のやうな うすい緑のなかを、
ひとつのたつたひとつの人の言葉を
はこんで行くと 人は誰でもうけとつた

ありがたうと ほほゑみながら。
開きかけた花のあひだに
色をかへない青い空に
鐘の歌に溢れ 風は澄んでゐた、

気づかはしげな恥らひが、
そのまはりを かろい翼で
にほひながら 羽ばたいてゐた……

何もかも あやまちはなかつた
みな 猟人も盗人もゐなかつた
ひろい風と光の万物の世界であつた。
窓下楽
昨夜は 夜更けて
歩いて 町をさまよつたが
ひとつの窓はとぢられて
あかりは僕からとほかつた

いいや! あかりは僕のそばにゐた
ひとつの窓はとぢられて
かすかな寝息が眠つてゐた
とほい やさしい唄のやう!

こつそりまねてその唄を僕はうたつた
それはたいへんまづかつた
昔の こはれた笛のやう!

僕はあわてて逃げて行つた
あれはたしかにわるかつた
あかりは消えた どこへやら?
夢のあと
≪おまへの 心は
わからなくなつた
≪私の こころは
わからなくなつた

かけた月が 空のなかばに
かかつてゐる 梢のあひだに――
いつか 風が やんでゐる
蚊の鳴く声が かすかにきこえる

それは そのまま 過ぎるだらう!
私らのまはりの この しづかな夜

きつといつかは (あれはむかしのことだつた)と
私らの こころが おもひかへすだけならば!……

≪おまへの心は わからなくなつた
≪私のこころは わからなくなつた
南國の空青けれど
南國の空青けれど
涙あふれて やまず
道なかばにして 道を失ひしとき
ふるさと とほく あらはれぬ

辿り行きしは 雲よりも
はかなくて すべては夢にまぎれぬ
老いたる母の微笑のみ
わがすべての過失を償ひぬ

花なれと ねがひしや
鳥なれと ねがひしや
ひとりのみ なになすべきか

わが渇き 海飲み干しぬ
かなたには 帆前船 たそがれて
星ひとつ 空にかかる

リンク

動画

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます