作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱組曲「北斗の海」[改訂版](作詩:草野心平)

北斗の海ホクトノウミ指示速度調性拍子備考
1Bering-fantasyベーリング-ファンタジー中庸の速度で 激しく4分音符=約84ハ短調2/4
2マド遅く しみじみと4分音符=約69ニ長調4/4Tenor Solo
3風景フウケイ中庸の速度で 激しく4分音符=約88ホ短調3/4
4ウミ中庸の速度で おおらかに4分音符=約80ホ短調4/4
5エリモ岬エリモミサキ遅く 情感こめて4分音符=約60ヘ長調4/4

作品データ

作品番号:T27:M24nR

初演データ

初演団体:早稲田大学グリークラブ
初演指揮者:三品智
初演年月日:1977年6月25日
第26回東西四大学合唱演奏会(於東京文化会館大ホール)

楽譜・音源データ

作品について

組曲のタイトルは草野心平が本作品のために考えたものである。なおこのタイトルを貰う際に草野邸を訪問した際、多田は草野による蛙の詩の朗読を聞いている。それが後年、組曲「」「蛙・第二」の誕生につながった。作品は早稲田大学グリークラブの委嘱によるためか極めてダイナミックな表現が求められるものとなっている。改訂前版から4曲目の『海』が追加されている。
詩の出典
「Bering-fantasy」「窓」「海」……『絶景』(八雲書林、1940年)
「風景」「エリモ岬」……『天』(新潮社、1951年)

歌詩

参考文献

なまずの孫 2ひきめ 「I あやしいコーラス隊 エリモツアー―『北斗の海』を歌うために―」

関連項目

リンク

動画


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます