作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱曲「眠りの誘ひ」(作詩:立原道造)

眠りの誘ひネムリノサソイLento付点4分音符=ca.54ヘ長調6/8

初演データ

初演団体:湘南男声合唱団
初演指揮:伊集院俊光
初演年月日:2004年5月9日
NS-4 Quattro 第10回記念演奏会(於第一生命ホール)

楽譜データ

作品について

リーダーシャッツ 21に収録された小品。後に眠りの誘ひ[組曲]として組曲化される。
詩の出典
『暁と夕の歌』(風信子詩社、1937年)

歌詩

おやすみ やさしい顏した娘たち
おやすみ やはらかな鉐を編んで
おまへらの枕もとに胡桃色にともされた燭臺のまはりには
快活な何かが宿つてゐる(世界中はさらさらと粉の雪)

私はいつまでもうたつてゐてあげよう
私はくらい窓の外に さうして窓のうちに
それから 眠りのうちに おまへらの夢のおくに
それから くりかへしくりかへして うたつてゐてあげよう

ともし火のやうに
風のやうに 星のやうに
私の聲はひとふしにあちらこちらと……
するとおまへらは 林檎の白い花が咲き
ちいさい僂燐蕕魴襪咫,修譴快い速さで赤く熟れるのを
短い間に 眠りながら 見たりするであらう

リンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます