作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱組曲「落葉松と焚火」(作詩:北原白秋)

落葉松と焚火カラマツトタキビ指示速度調性拍子備考
1落葉松カラマツAndantino4分音符=80ca.ホ短調4/4
2スズメAllegro4分音符=120ca.ト長調4/4
3銀杏ギンナンAndantino付点4分音符=80ca.変ホ長調6/8
4初秋の空ショシュウノソラAndantino4分音符=80ca.ヘ長調4/4Tenor Solo
5林泉の空リンセンノソラAndante4分音符=72ca.ト短調4/4
6焚火タキビAllegro4分音符=120ca.ヘ長調3/4

作品データ

作品番号:T95:M77n
作曲年月日:2010年8月4日

初演データ

初演団体:東京クローバークラブ
初演指揮者:小林香太
初演年月日:2011年3月26日(於第一生命ホール)

楽譜・音源データ

作品について

作曲者からの申し出により東京クローバーのために書き下ろされた組曲。
詩の出典
『水墨集』(アルス、1923年)

歌詩

落葉松
   一

からまつの林を過ぎて、
からまつをしみじみと見き。
からまつはさびしかりけり。
たびゆくはさびしかりけり。

   ニ

からまつの林を出でて、
からまつの林に入りぬ。
からまつの林に入りて、
また細く道はつづけり。

   三

からまつの林の奥も、
わが通る道はありけり。
霧雨のかかる道なり。
山風のかよふ道なり。

   四

からまつの林の道は、
われのみか、ひともかよひぬ。
ほそぼそと通ふ道なり。
さびさびといそぐ道なり。

   五

からまつの林を過ぎて、
ゆゑしらず歩みひそめつ。
からまつはさびしかりけり、
からまつとささやきにけり。

   六

からまつの林を出でて、
浅間嶺にけぶり立つ見つ。
浅間嶺にけぶり立つ見つ。
からまつのまたそのうへに。

   七

からまつの林の雨は、
さびしけどいよよしづけし。
かんこ鳥鳴けるのみなる。
からまつの濡るるのみなる。

   八

世の中よ、あはれなりけり。
常なれどうれしかりけり。
山川に山がはの音
からまつにからまつのかぜ。
いや高く、
さむざむと、まだ、
揺れのこる孟宗の秀の、
あはれ、その秀に、
留まりもあへぬ雀の、
一羽雀の、
揺られては、ちち、
吹かれては、ちち、
いづれは散りゆく日あしの
今は冬――すぐに雨なり。
銀杏
銀杏は緑いろの実だ、
白い眼の形した殻、
あの稜をたたくと――
わたしは思ひ出す、小さな木の槌と台砧とを、
お河童髪さんの昔を。

銀杏は緑いろの実だ、
火に寄せると金の輝きをして
苦いほど焦げる。――
もひとつ作らう、小さな木の槌と台砧とを、
また、秋風の夜を坐るらう。

銀杏は緑いろの実だ。
ひとつひとつ叩いて、
さあ、ひとつひとつ焼かうよ、
わたしは作つた、小さな木の槌と台砧とを、
おお、我子よ、坐らう。

銀杏は緑いろの実だ。
あの白い殻をたたくと。――
初秋の空 ――二階の書斎より――
ああ、あの瑠璃の満ち満つ
空の深さ。
ああ、この緑と薄黄との
輝く孟宗を透かして。

未だに激しい残暑の日射、
つくつくほうし、
しかもいち早い秋の微風は
揺れうごく笹のしだれを越す。

あ、揚羽が来た、黒い翅を張つて、
ひらひらと潜り抜ける。
親しい、それも厳かな
吹かるる、おのづからの姿。

季節は風と光に乗る、
凡ては流るる、有りの儘に。
まかせよ、さながらの薫りを、
まかせよ、寂びと撓りと。

ああ、あの瑠璃の満ち満つ
空の深さ。
ああ、この緑と薄黄との
輝く孟宗を透かして。
林泉の空
林泉のそばに陶器の榻がある、
榻はつめたくて白い、つやつやしてゐる。
誰か来て、今にも、
腰をかけさうな、
来てくれぬ方がいいとも思へる。
昼間の竹には風が動いて、
空には薄い絮雲が見える。
あ、星がまたたいた、一つ、
おお、あれこそ、昔の
幼い私では無かつたか。
焚火
   一
落葉焚けばおもしろ、
櫟の葉はふすふす。
萱の葉はちょろちょろ、
松の枯葉はぱちぱち。

   二
ひとりで焚く落葉を
ひとりで嗅げばおもしろ、
山のにほひがする、
あの頃のにほひがする。

   三
落葉焚き焚き、
ひとり遊ぶこころの
何か果敢なくなりけり。
もひとつ強く燃そうよ。

   四
くぬぎの燃ゆるにほひは
くぬぎの枯れし香ぞする。
ただそれだけの事さへ、
うれしや、冬はさみしや。

   五
落葉焚き焚き、
ただ遠々と見てゐつ。
赤い女松のまばらに、
をりふし明る日あたり。

   六
落葉焚くかたへに
見つけてふともうれしや、
竜胆が蕾んでゐる。
二つづつふくらんでゐる。

   七
萱がよう燃えるわ、
あたたかいぞ、あたたかいぞ、
と、云うては見れぞ、やつぱりさみしい。、
黙つてばかりゐずとも、何か云へ、お前も。

リンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます