作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」(作詩:尾崎喜八)

尾崎喜八の詩から オザキキハチノシカラ 指示 速度 調性 拍子 備考
1 冬野 フユノ おそく きびしく 4分音符=約54 ハ短調 4/4
2 最後の雪に サイゴノユキニ 早く 物憂い感じで 4分音符=約126 ニ短調 3/4
3 春愁 シュンシュウ 遅く しみじみと 4分音符=約66 ト長調 4/4 Tenor Solo
4 天上沢 テンジョウサワ 大らかに 叙唱的に 8分音符=約228 ト長調
5 牧場 マキバ やや早く のどかに 4分音符=約128 ト短調 4/4
6 かけす カケス やや遅く 表情豊かに 4分音符=約60 ヘ長調 4/4 Tenor Solo

作品データ

作品番号:T33:M29
作曲年月日:1974年7月21日
関西学院グリークラブによる委嘱

初演データ

初演団体:関西学院グリークラブ
初演指揮者:北村協一
初演年月日:1975年1月18日
関西学院グリークラブ第43回リサイタル(於神戸国際会館)

楽譜・音源データ

作品について

『春愁』には(ゆくりなく八木重吉の詩碑の立つ田舎を通って)との副題が付されている。八木重吉といえばもちろん、「」終曲の作詩者である。

『天上沢』の冒頭および最後のad.libの部分は歌舞伎の口上を意識して作曲された。
詩の出典
「冬野」「かけす」……『花咲ける弧獨』(三笠書房、1955年)
「最後の雪に」……『高層雲の下』(新詩壇社、1924年)
「春愁」……『尾崎喜八詩文集 3 花咲ける孤獨』(創文社、1959年):「その後の詩帖から」という章に収録。
「天上沢」……『旅と滞在(増補普及版)』(朋文堂、1938年)
「牧場」……『高原詩抄』(青木書店、1942年)

歌詩

参考文献

なまずの孫 2ひきめ 「X ふたりの詩人―「雨」と「春愁」を歌うときのために―」

リンク

動画












Wikiをはじめる

マイページ