このサイトは、アドヴィックス常呂カーリングホールで行われる大会・イベントや常呂倶楽部リーグ戦の模様を伝えていきます。

2012年11月----------------------------------------------------------------
11月28日
第1回常呂俱楽部リーグ戦が終了しました。
第1回リーグ戦が終了しました。終了後のランキングはこちらです。
第2回リーグ戦は、12月4日(火)から始めます。Dリーグに新たに2チームが加わり、12チームになりましたのでDリーグは3ブロックで行います。
対戦日程は、ホームページが更新されるまでこちらのPDFをご覧ください。第2回リーグ戦対戦日程

第21回日本ジュニアカーリング選手権が始まりました。
今日から12月2日まで青森市、青森スポーツ会館において日本ジュニアが始まっています。
男子8チーム、女子8チームがそれぞれ総当りのラウンドロビンを行い、上位チームによるプレーオフで優勝が決まります。
この大会の優勝チームが1月に常呂で開催される2013パシフィック・アジアジュニアカーリング選手権へ出場します。
詳しくは、こちら日本ジュニアのページ(青森)をご覧ください。
【出場チーム】
チーム名選  手  名
男子常呂倶楽部柴谷優策・石垣龍耶・山崎智哉・小林侑司・向平拓郎
常呂ジュニア臼井槙吾・山崎智啓・竹田昌樹・田房壮太
北見CC田房駿人・向平佳大・坂本駿斗・生田駿秀
女子常呂倶楽部島田真由・松平若葉・佐々木恵・大平瑞貴

11月25日
2012パシフィック・アジアカーリング選手権(決勝)
オフィシャルページ
【男子決勝】 残念。日本男子も準優勝。
   12345678910
中  国*011010201×6
日  本000101000×2
 【女子決勝】 残念。日本女子、準優勝。 
   12345678910
日  本00201010××4
中  国*10020403××10
11月24日
2012パシフィック・アジアカーリング選手権(プレーオフ)
おめでとう!!日本男子・女子、世界選手権出場権獲得!! 
○プレーオフ2回戦の結果
 男子 ‘本(1勝) 9−4 韓国(1勝) 日本が勝ち、2勝となったので、世界選手権の出場権を得るとともにファイナル進出が決定しました。
     中国(1勝) 8−3 オーストラリア(1勝) 中国が勝ち、2勝となったので、世界選手権の出場権を得るとともにファイナル進出が決定しました。
 女子 ‘本(2勝) 7−3 韓国(1勝) 日本が勝ち、3勝となったので、世界選手権の出場権を得るとともにファイナル進出が決定しました。
 この結果、決勝は、男女ともに日本対中国の対戦となりました。 
○プレーオフ1回戦の結果
 男子 .ーストラリア(予選1勝) 3−8 中国(予選1敗)で、中国が勝ち、オーストラリア・中国が1勝1敗となったので、もう1試合を行い、勝ったほうがファイナルに進みます。
     韓国(予選1勝) 4−8 日本(予選1敗)で日本が勝ち、韓国・日本が1勝1敗となったので、もう1試合を行い、勝ったほうがファイナルに進みます。
 女子 |羚(予選2勝) 6−4 オーストラリア(予選2敗)で、中国が勝ち、予選と合わせて3勝したので世界選手権の出場権を得るとともにファイナル進出が決定しました。
     韓国(予選1勝1敗) 4−9 日本(予選1勝1敗)で、日本が2勝1敗となり、もう1勝で世界選手権とファイナルを手にすることができます。
11月23日
2012パシフィック・アジアカーリング選手権
パシフィック・アジアカーリング選手権のラウンドロビンが終了しました。
男子は、1位:中国(5勝1敗)、2位:韓国(5勝1敗)、3位:日本(4勝2敗)、4位:オーストラリア(4勝2敗)となり、プレーオフに進みました。プレーオフは、ベストオブスリーという方式で、中国vsオーストラリア、韓国vs日本が対戦し、予選と合わせて2勝すれば、世界選手権の出場権を得るとともにファイナルに進みます。
女子は、1位:中国(9勝1敗)、2位:韓国(8勝2敗)、3位:日本(6勝4敗)、4位:オーストラリア・ニュージーランド(3勝7敗)となり、4位はタイブレークによりオーストラリアが8−6でニュージーランドに勝ち、プレーオフに進みました。プレーオフは、中国vsオーストラリア、韓国vs日本の対戦でベストオブファイブとなるため、予選と合わせて先に3勝したチームが世界選手権の出場権を得るとともにファイナルに進みます。
2012パシフィック・アジアカーリング選手権予選成績(2012.11.23)
11月18日
2012パシフィック・アジアカーリング選手権が始まりました。
今日から25日までニュージーランド・ネイズビーでパシフィック・アジアカーリング選手権が行われています。
今大会からカザフスタンが参加して、男子は7チーム、女子6チームにより、世界選手権出場の2枠をめざして、予選リーグ・決勝トーナメントが行われます。
詳しくは、こちらのオフィシャルページをご覧ください。
11月11日
第33回NHK杯カーリング選手権が終了しました。
男子の部では、「チーム池田」が優勝し、池田町のチームが第3回「スベローズ」の優勝以来、30年ぶりにNHK杯を手にしました。
女子の部では、ロコ・ソラーレが3連覇を果たし、今年から正式に行われたチェアの部では、北見車椅子カーリング倶楽部が初代チャンピオンとなりました。
NHK杯カーリング選手権の結果は次のとおりです。
男子の部 優勝:チーム池田(池田)、準優勝:帯広畜産大学オホーツク支部(オホーツク)、第3位:LEGENDS(北見)
女子の部 優勝:ロコ・ソラーレ(常呂)、準優勝:T・B・C(常呂)、第3位:Pocket(常呂)
チェアの部 優勝:北見車椅子カーリング倶楽部(北見)、準優勝:北見フリーグス(北見)、第3位:旭川キュー斗(妹背牛)
第33回NHK杯決勝トーナメント最終結果
   
第33回NHK杯カーリング選手権大会決勝トーナメント出場チーム決定
11日の第1試合が終わり、決勝トーナメントの対戦が決定しました。
決勝トーナメント対戦表 決勝トーナメントその2 決勝トーナメントその3
11月10日
第33回NHK杯カーリング選手権大会開催中
第33回NHK杯カーリング選手権大会が昨日の9日午後6時から熱戦の火ぶたが切られました。
昨日は3試合が行われ、今日は8時30分から試合が始まっています。
試合の結果はこちらをご覧ください。

11月6日
第33回NHK杯カーリング選手権大会組合せ、日程決定
11月9日(金)から開催されるNHK杯カーリング選手権大会の対戦組合せ及び競技日程が決定しました。
本大会には、男子の部24チーム、女子の部8チーム、そしてチェアの部4チームの36チームの参加で行われます。
競技は、9日18:00から3試合、10日8:30から6試合のあと18:00から開会式・レセプションが行われ、そのあと1試合、11日8:00から予選リーグ最後の1試合を行い、10:00から決勝トーナメント、15:45から閉会式・表彰式を行う予定です。
誰でも参加できる大会ということで選手皆さんの職場都合などを考慮した競技日程となっていますので、ご了承願います。
詳しくは、こちらの大会日程対戦表をご覧ください。

コンテンツ

アドヴィックス
常呂カーリングホール


アドヴィックス常呂カーリングホール(北見市のホームページ)
  • 開館期間
    • 通 年
アイスメンテナンスのため使用できないシートや臨時休館する場合があります。 常呂カーリング倶楽部

2017-18シーズン

大会&イベント情報

イベントカレンダー 公式大会       7月14日〜17日       9月8日〜10日       11月3日〜5日       12月23日〜24日
    • 第11回北海道ミックスダブルスカーリング選手権大会
      2月9日〜11日
    • 第26回オホーツクブロックジュニアカーリング選手権
      2月17日〜18日


メンバーのみ編集できます