マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

尋常性白斑

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん、英: vitiligo vulgaris)は、皮膚色素をつくる部位の損失を不規則に引き起こす慢性的な皮膚疾患である。日本ではシロナマズとも呼ばれ、治りにくい皮膚病のひとつとされる。
(ウィキペディアより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8B%E5%B8%B8%E6...


尋常性白斑の少女

日を追うごとに増える皮膚のまだら模様に対する周囲の冷たい視線、心ない言動・・・。
傷ついた彼女を救ってくれたのは、あのマイケル・ジャクソンだった!同じ病を抱えていても、強く生きるマイケルの姿に感化されたダーセルは、病気に負けないと心に決めたのであった。
(ザ・世界仰天ニュース 容姿が変わっていく少女から引用:http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/100203/02.html

マイケルと尋常性白斑

マイケルの死後、20年来マイケルの担当だった皮膚科医アーノルド・クライン医師はCNNに出演し「(中略)彼は白人になりたがってなどいなかった。彼は自分が黒人だと言う事に誇りを持っていた。肌が白くなったのは白斑だったからだ。私は始めて彼を診察した時、白斑症と紅斑性狼瘡だと分かった。斑になってしまう肌の色を均一にしなければならなかった。斑をメークで隠していたんだ。そうで無ければ彼はおかしな姿を人前に晒さなければ成らなかった。彼はファンと身近で接する事を望んでいた。彼ほどファンを愛していた人はいない」等と発言した。

マイケルが患っているとされる病気は、尋常性白斑(vitiligo、vulgaris、しろなまず、白皮)という父方の病気で、皮膚の色素の一部分がぬけて、それが徐々に広がっていく(全身に広がってしまう事もある)自己免疫疾患である。

マイケル・ジャクソンの1993年の性的虐待疑惑では性器の白斑が問題となっており、警察が公式に病気であると認めている以上、間違いないと言って良い。なおこの疑惑では結果的に少年の証言と実際にマイケルの性器にある白斑は一致しなかった。また、英デイリーメール紙がマイケルの足に尋常性白斑の患者にできる特有の斑点・シミがある写真を掲載したことは、マイケルが皮膚病を患っている事実をより明らかに裏付けるものとなった。

マイケル自身が「色素を破壊する肌の病気なんだ。父によると父方の遺伝らしい。僕だって悩んでいるけど自分ではコントロール出来ない。むしろ抑えようとしている。肌の色を均一にするメークも大変なんだ。」と訴えたことも有る。

また「僕はアフリカ・アメリカンで有る事に誇りを持っている。」とも発言している。

マイケル・ジャクソン裁判の際も「彼は少なくとも1984年には尋常性白斑及び全身性エリテマトーデスを患っていると診断されていた」と正式に証明されている。
(ウィキペディアより抜粋:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3...

[Michael Jackson and Vitiligo] マイケル・ジャクソンと尋常性白斑症










×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます