マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Billie Jean (ビリー・ジーン)
作詞:マイケル・ジャクソン
作曲:マイケル・ジャクソン
リリース:1983年
収録:『Thriller』(1982年発売)


歌詞

She was more like a beauty queen from a movie scene
I said don't mind,but what do you mean I am the one
Who will dance on the floor in the round
She said I am the one will dance on the floor in the round

←クリックすると開きます

日本語訳

銀幕で一番の美人女優よりも美しかった彼女
彼女に向かって僕は”君のことなんて眼中にないよ”って言ってやったけど
彼女が僕に対して”私にとって恋人と呼べるのはあなただけ”
って言ったのはいったいどういうつもりなんだろう?
大女優の彼女をダンス・フロアに誘うのはどんな男なんだろうね
そんなことを考えてる僕を見透かすように彼女は言ったのさ
”私と一緒に踊る相手はあなたしかいないじゃないの?”

関連するマイケルの発言や行動

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

当時の時代背景

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

本などからの引用

S:パフォーマンスをしたり音楽を作ったりするときは楽しいかい?

M:Yes.大好きだよ。もしそれが楽しくなかったらやってないよ。僕は本当に大好きだからやっているんだ。ダンスしたりパフォーマンスしたりすること以上の無上の喜びなんてないよそれはお祝い事みたいなものだ。君が音楽や聴衆と一体化したときにパフォーマーが達する境地に同じように達したとき、いわゆるトランス状態に達したらそこに行き着くことができるよ。パフォーマンスを始めると、その状態にたどり着く前に自分がどこへ行くかわかるんだ。ダンスやパフォーマンスはどこへ行ってどこへ返ってくるかを知っているんだ。ピンポン(卓球)のように。それは渡り鳥がどこへ行くかを知っているかのように。もしくは回遊魚のように。それらはテレパシー能力があるけれど、それと同じようなものだ。もし君がパフォーマンスをして、ミュージシャン、ダンスや音楽と一体化しトランス状態になったときにそれは起こるんだ。一人の人間である自分がそこにたどり着くんだ。それらは手の内にある。信じられないよ。君は変容するんだ。

S:そこで君はどんなエネルギーを感じるんだい?神から与えられたものかい?
M:それは神からのもので、純粋で、神からの啓示であり、スピリチュアルとか宗教的なものとは呼ばせないものだ。だけど、神から与えられたエネルギーだ。
それをスピリット、スピリットが宿ったときのようだと言う人もいる。ある人はそれを見下げたりする。宗教はたまに宗教が言うところの悪霊だとか、オカルトだとか、悪魔だとか言ってそれを見くだすことがある。そうじゃない。それは神のようなものだ。それは純粋な神のようなエネルギーだ。君は神からの光を感じるよ。

○マイケルは、王国会館の人々はだんだんかれの評判(名声)と賛美に酷評するようになってきたことを私に説明した。彼らはマイケルが神のように扱われることにひどく驚いたという。マイケルは彼らの批評を心にとめようとし、冒涜の考慮は脇に置こうと考えた。誰もそんな不自然な崇拝には耐えられないし、そんな逆境にもくじけずにやってはいけないだろう。人間は傷きやすく、周りにあわすように要求するし、友達や家族にしかられることで、道を正すものだ。しかし、神人間(god human)は完璧だ。彼らは道を訂正しようとはしない。それゆえ神人間は他人とぶつかり、火花を散らす。彼らの悲劇を止めることはほぼ避けることができない。
(以下、マイケルはシュムリが自分と同等のパフォーマーだと仮定して感じることを述べています。マイケルのいう『君』=僕(マイケル)と置き換えてもらうと読みやすいと思います)

M:モータウン25周年のときのようなパフォーマンス、観客のいるステージで初めてビリージーンとムーンウォークをやったときのようなパフォーマンスをするとき、ちょっとステップを踏んだだけで、何をしようと観客が騒いで手を「アアアアアアア」って振るわせるんだ。僕は観客とトランス状態に陥ったようになるんだ。そう感じる。だけど、僕は観客が騒いでいるのは聞こえないんだ。何も感じなくなるんだ。そしてパフォーマンスをやりきると、君は目を開いて反応を確認し、君が別世界にいたことに驚くんだ。僕はその瞬間一体化するんだ。

S:だから君は皆を夢見心地にさせるんだ。それはパフォーマーとしての君のパワーだ。人々がほしがるもの、コンディションとか、他人がほしがるものを提供するといったものはないんだね。

M:ないよ。

S:どうやって観衆をそこへと連れて行くのか教えてくれないかい?その瞬間、君の心に苦しさや憎しみといったようなものがあったり、君の言う神から降りてくるものがあるなら、君のなかにある苦しさや憎しみが空っぽになってしまうのがわかるのかい?
M:そうだね。空っぽになる。君はそれを超えていくよ。どこの誰もがいけないところに行けるから僕はそれが大好きなんだ。いきっぱなしで、折り返し地点はない。とっても素晴らしいよ。君は飛び立つんだ。君はそれをかんじることができるんだ。そこで起こっていることは君も体験するし、観客も体験するんだよ。(『Michael Jackson Tapes』より訳)

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます