マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

タイトル:『Dancing the Dream』(ダンシング・ザ・ドリーム)
発売:1992年
著者:マイケル・ジャクソン
翻訳:湯川れい子

原文

日本語訳

(Dancing the Dreamの本より転載)
夢を踊る/dancing the dream
心の底に眠っていた意識は、作品を通じて表現される。ぼくたちの住むこの世界は、ソウクリエイターたちの舞踏会場だ。踊り手たちはまたたくまに次々と入れ代わってゆくけれど、踊りはいつまでもやむことがない。踊っている最中、ぼくは何か聖なるものに触れることがよくある。そんなとき、ぼくの魂は高く舞いあがり、この世に存在するありとあらゆるものとなる。ぼくは星となり、月となる。愛する者となり、愛される者となる。勝者となり、敗者となる。主人となり、奴隷となる。歌い手になり、歌になる。知る人となり、知られる人となる。ぼくは踊りつづける、創造というはてしない踊りを。クリエイターと作品はやがて溶けあい、ひとつの喜びになる。

ぼくは踊り、踊り・・・・・踊りつづける。そして最後に残るのは・・・・・踊りだけ。
マイケル・ジャクソン
惑星・地球/PLANET earth

←クリックすると開きます

マジカル・チャイルド/MAGICAL child

←クリックすると開きます

ぼくにない翼/WINGS without ME

生命の踊り/DANCE OF life

赤ん坊が微笑むとき/WHEN babies SMILE

それでも心はノーという/BUT THE heart SAID NO

世界の子供たち/children OF THE WORLD

だから像は歩きつづける/SO HHE elephant MARCH

少年と枕

今日はここまで/enough FOR TODAY

古代の爪痕/MARK OF THE ancients

世界の傷を癒す/HEAL THE world

子供たち/children

母/mother

魔法/magic

喉が渇いた魚/THE fish THAT WAS THIRSTY

無邪気さ/innocence

信頼/trust

勇気/courage

愛/Love

神/God

ぼくが曲を作るとき/How I MAKE Music

ライアン・ホワイト/ryan WHITE

幻の影/THE elusive SHADOW

世界の子供たちに/ON Children OF THE WORLD

二羽の鳥/Two BIRDS

最後の涙/THE last TEAR

エクスタシー/ecstasy

ベルリン1989/berlin1989

母なる地球/MOTHER earth

賢い少女/WISH little GIRL
ぼく、きみ、ぼくら/I YOU we

光の天使/angel OF LIGHT
自分の星を探して/searched FOR MY STAR
子供は歌/A child IS A SONG

無垢な子供/CHILD OF innocence

おまえはそこにいるのか?/WILL you BE THERE

魔法の子供/magical CHILD

聞いているかい?/ARE YOU listening?

破壊のない世界/BREAKING free

ぼくがそこにいたとき/ONCE WE WERE THERE

天国はここにある/heaven IS HERE

量子飛躍/QUANTUM leap

鏡のなかのあいつ/THAT one IN THE MIRROR

また会おう、アザラシくん/LOOK AGAIN,beby SEAL

関連するマイケルの発言や行動

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます