マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Gone Too Soon (ゴーン・トゥー・スーン)
作詞:バズ・ゴーハン
作曲:ラリー・グロスマン
リリース:1993年
収録:『Dangerous』(1991年発売)



Music video by Michael Jackson paying tribute to Ryan White. Ryan was a hemophiliac since he was six days old. When he was 13, it increase into AIDS, he passed away in 1990 at 18 years old.

ライアン・ホワイト(1971年12月6日 - 1990年4月8日)への追悼曲として作られた。
ライアン・ホワイトは13歳の時、血友病治療のための血液製剤からエイズに感染した。この当時は「エイズ」という病気がほとんど知られていなかったため、彼は生涯を通じて厳しい偏見や差別と戦い続けた。ホワイトは初期のエイズ患者として多くのメディアに取り上げられ、各界の著名人たちとさまざまな交友を得た。マイケル・ジャクソンはエルトン・ジョンと並び、音楽家として生前のホワイトと親しく交わった人のひとりである。(ウィキペディアより引用)

歌詞

Like a comet
Blazing cross the evening sky
Gone too soon

←クリックすると開きます

日本語訳

彗星のように
夕暮れの空で一瞬だけ煌めいて
あっという間に流れ去っていった

関連するマイケルの発言や行動

ライアン・ホワイトの葬儀に出席

1990年4月8日にホワイトが18歳の生涯を閉じた後、ジャクソンはホワイトの葬儀に出席。(上記動画より参列しているマイケルの姿が見られる)

クリントン大統領就任式でのスピーチ

1993年1月20日に行われたクリントン大統領就任式で、ジャクソンは「私の親友ライアン」への追慕とエイズ撲滅を訴えるスピーチを行い、それに続いて「ゴーン・トゥー・スーン」を歌った。<ウィキペディアより引用>


マイケルは1992年に出版したダンシング・ザ・ドリームにライアン・ホワイトのタイトルで詩を書いている。


ライアン・ホワイト/ryan WHITE

ライアンとの友情について

SB:Wasn't there was a young boy you were very close to who got AIDS from a blood transfusion?

MJ:Ryan White. The hardest time for me is...I am going to answer but I don't understand when a child dies. I really don't .I think there should be a window where there is a chance of dying but not in this window of time. When a child dies, or if the child is sick, I really don't understand it.But I listen to Ryan White, twelve years old, at my dining room table at Neverland telling his mother how to bury him. He said, " Mom when I die, don't put me in a suit and tie. I don't want to be in a suit and tie. Put me in OshKosh jeans and a T-shirt." I said, " I have to use the bathroom," and I ran to the bathroom and I cried my eyes out. Hearing this little boy telling his mother how to bury him. That hurt me. It was as if he was prepared for it and when he died he was in OshKosh jeans and a T-shirt and a watch I gave him. And I am sitting alone in this room with him and he is lying there and I felt so bad I just wanted to hold him and kiss him and say that I love him, which I did all those things when he was alive. I took care of him and he stayed at my house. But to see him just lying there...I spoke to him and I said," Ryan, I promised you that I would do something in your honor on my next album. I will create a song for you. I will sing it. I want the world to know who you are." I did GONE TOO SOON. That was for him.

SB:Do you think he heard you when you said that? Do you feel in touch with the soul of some of the people you love and have lost? Do you stil feel close to them?

MJ:Yeah. Yeah. Yeah.
(『Micael Jackson Tapes』より引用)


SB:君の仲の良い友人で血液製剤からエイズに感染した、若い男の子はいなかったかい?

MJ:ライアン・ホワイトだね。僕にとってはとても辛いけれど・・・。(質問に)答えようと思う。でも、どうして子供が死ぬのかわからない。本当に。僕は時間と言う窓ではなく、死という運命の窓があるのだと思う。どうして子供が死んだり、子供が病気になったりするのだろう。本当にわからないよ。でも、ライアン・ホワイトが、彼はそのとき12歳だったけれど、ネバーランドの僕の家のダイニングルームで母親に自分の埋葬の方法を話しているのを聞いたんだ。彼はこう言っていた。「ママ、スーツとネクタイを着せないで。スーツとネクタイはイヤなんだ。OshKoshのジーンズとTシャツを着せてね。」僕は「ちょっとバスルームに言ってくるよ」と言ってバスルームに駆け込んで、そこで泣いたよ。こんな小さな子供が母親に自分の埋葬の方法を話しているのを聞いて、本当に悲しかった。まるで彼は自分が死ぬ準備をしているかのようだった。彼が亡くなったとき、彼はOshKoshのジーンズとTシャツと僕があげた時計をしていた。そして僕はこの部屋で横たわっている彼と二人きりになった。僕はひどく落ち込んだ。僕は彼を抱きしめてキスをして、I love you と言った。彼が生きていたときにしていたことと同じことをした。僕は彼の世話をして、彼は僕の家で過ごした。でも、ちょうどそこに彼が横たわっていて・・・僕は彼にこう言った。「ライアン、次のアルバムで君の栄誉を称えるために行動をすると誓うよ。君のために歌を作ろうと思う。そしてその歌を歌うよ。僕は世界に君がいたことを知ってもらいたいんだ。」 そして、僕は「GONE TOO SOON」を作った。彼のために作った曲だよ。

SB:君は彼がその言葉を聴いていたと思うかい?君が愛し、そして喪った人々の魂に触れていると思うかい?君はまだ彼らが自分のそばにいると思うかい?

MJ:そう思っているよ。

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

<ライアン・ホワイトについて>

ライアン・ホワイト(Ryan White, 1971年12月6日 - 1990年4月8日)は、インディアナ州コーコモの人物である。HIV/AIDSの感染のために学校から追放され、その後ポスター・チャイルドとなり、エイズに関する広報活動に幅広く携わった。
医師には「他の生徒に危険はない」と言われたが、当時HIV/AIDSはほとんど理解されていない病気であったため、コーコモの多くの教師と両親は復学を認めず、生徒たちは彼に厳しい偏見の目を向け続けた。最終的に、ホワイトの家族は同じインディアナ州のシセロへ移転せざるを得なくなった。シセロの学校の教師や生徒たちはエイズに関する教育を受けていたため、彼は以前よりも良い環境で学業に専念できたという。このことは長い法廷闘争の中で大きく報道された。
この間、ホワイトは多くのメディアに登場し、エイズに関する広報活動の分野で多大な貢献をした。彼は多数のテレビ番組出演やエイズ教育のための講演会を行い、各界の多くの著名人たちと幅広い交流を得た。
ホワイトが死の直前まで書き続けた手記“Ryan White: My Own Story”は、日本語でも『エイズと闘った少年の記録』という翻訳書が出た(1992年ポプラ社刊、加藤耕一訳、ISBN 4-591-03347-3 / 現在は絶版)。<ウィキペディアより引用>

外部サイト:http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&G...(英語)
上記サイトの写真より:

「子供たちはライアンに『死ぬのは怖い?』と聞いた。ライアンは『もし死んじゃっても、僕はいい場所へ行くんだってわかってるよ』」

この作品のSFの冒頭にあるライアンへのインタビューの和訳

司会者 :偏見には厳しい意見を持っているね
ライアン:ええ とても
司会者 :それについて話してくれるかい?
ライアン:僕の場合は恐怖でした
     僕の体の中には 他の人にない
     ごく小数の人にしかない
     何かがあるんです
     人と違うというだけで
     人間が犬を飼っている
     ということが信じられません
     だって犬は人間とは違うんですから
     犬は飼えるのに
     人種や肌の色や宗教が違うから
     受け入れられないなんて信じられません

「THE LAST SONG」

エルトン・ジョンはホワイトの追悼曲として「ザ・ラスト・ソング」を作曲した。

その他関連事項・その他

AIDSについて


後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん, Acquired Immuno- Deficiency Syndrome:AIDS )は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことである。一般に英語の略称エイズ(AIDS)として知られている。

現在全世界でのヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者は5千万人に達すると言われている。その拡大のほとんどがアジア、アフリカ地域の開発途上国において見られる。サハラ以南のアフリカには全世界の60%近くのエイズ患者がいるといわれ、増加傾向にある。また一部の開発途上国では上昇していた平均寿命が低下しているという現状がある。近年では中国、インド、インドネシアにおいて急速に感染の拡大が生じて社会問題化している。2006年度、イギリスでの新規HIV感染者数は8925件、イギリス以外の西ヨーロッパでは16316件、アメリカには報告システムのない地域もあるが推計65000件である。<ウィキペディアより引用>

エイズ予防情報ネット:http://api-net.jfap.or.jp/

未確認事項及び議論すべき議題

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます