マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Leave Me Alone (リーヴ・ミー・アローン)
作詞:マイケル・ジャクソン
作曲:マイケル・ジャクソン
リリース:1989年
収録:『BAD』(1987年発売)


歌詞

I Don't Care What You Talkin'
'Bout Baby
I Don't Care What You Say
Don't You Come Walkin'
Beggin' Back Mama
I Don't Care Anyway
Time After Time I Gave You All Of My Money
No Excuses To Make
Ain't No Mountain That I
Can't Climb Baby
All Is Going My Way

←クリックすると開きます

日本語訳


何を言おうがかまわないぜ、ベイビー
君の話など気にしちゃいない
泣き言はこれ以上ごめんだ
どっちにしろ気にしちゃいないのさ
何度も君に僕の金をやったじゃないか
もう言い訳なんかしないでくれ
僕に出来ないことはない、ベイビー
全ては僕の思い通りになっている

関連するマイケルの発言や行動

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

当時の時代背景

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

本などからの引用

SB:Do you think the fact that you were one of the first incredibly successful and famous black men affected your career to an extent? Some of the unfair things that people did, was that partially racism in the way that your mother experienced it?

MJ:Yes, because me you had {Harry} Belafonte , you had Sammy {Davis,JR} you had Nat King Cole. You had them as entertainers and people loved their music. but they didin't get adulation, and they didn't get {people} to cry and they didn't get, " I am in love with you , and I want to marry you." They didn't get people tearing their clothes off and all the hysteria and all the scream. They didn't get play stadium. I was the first one to break the mold, where white girls, Scottish girls, Irish girls screamed, " I am in love with you, I want to..." And a lot of the white press didn't like that. That's what has made it hard for me, because I was the pioneer and that's why they started the stories. " He's weird." " He's gay." " He sleeps in hyperbaric chamber." " He wants to buy the bones of the Elephant Man"---anything that turns people against me. they tried their hardest. And anybody else would be dead as a junkie right now, who'd been through what I've been through.
(『Michael Jackson Tapes』より引用)

SB:君は驚異的に成功した有名な黒人の一人であることが自分のキャリアを妨げるという事実について考えることがあるかい?不公平なことや、君のお母さんが経験したような人種差別とか。

MJ:あるよ。ハリー・ベラフォンテ、サミー・デイビスJR、ナット・キング・コールがいたから。彼らはエンターテイナーで、人々は彼らの音楽が好きだった。しかし、彼らは褒め称えられることはなかったし、人々を泣かせるようなことはなかったし、「あなたを愛しているわ」とか「結婚したいの」という言葉をかけられることもなかった。彼らは人々に服を引きちぎられることはなかったし、ヒステリックに叫ばれることもなかった。彼らはスタジアムで演じることはなかった。僕はその形を壊した初めての人物で、白人の女の子たち、スコティッシュやアイリッシュの女のコたちが「愛してるわ!」と僕に叫ぶんだ。そして多くの白人記者はそれが気に食わなかった。それが僕には障害だった。僕はパイオニアだった。プレスは「彼はヘンだ」「彼はゲイだ」「彼は高圧酸素器の中で寝ている」「彼はエレファントマンの骨を買おうとしている」と書き立てた。そういった記事のせいで人々の僕を見る目が変わった。酷いことをしようとした。今では、皆が(ゴシップの)ジャンキーになってしまった。

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます