マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Scream (スクリーム)
作詞:マイケル・ジャクソン
作曲:マイケル・ジャクソン
リリース:1995年
収録:『ヒストリー』(1995年発売)



『ヒストリー』からの先行シングル。
ニュージーランド、フィンランド、スペイン、ハンガリー、イタリア、ジンバブエで1位を獲得した。
「スクリーム」はマイケル・ジャクソンと妹ジャネット・ジャクソンのデュエット曲である。
当時最先端のCGを全面に駆使したショートフィルムはおよそ7,000,000ドルの費用がかけられ、その年のギネスにも「史上最も費用のかかったPV」として掲載された。
モノクロな世界の中にSF世界が描かれ、マイケルの激しい叫び(scream)が効果的に用いられている。(ウィキペディアより引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3...

歌詞

[Michael]
Tired of injustice
Tired of the schemes
The lies are disgusting
So what does it mean
Kicking me down
I got to get up
As jacked as it sounds
The whole system sucks

←クリックすると開きます

日本語訳

(マイケル)
不公平に疲れた
たくらみに疲れた
嫌気がさした
つまりどういうことか
僕は蹴り倒すんだ
僕は立ちあがらなければならない
ジャッキでおこされるように
全体のシステムが吸い込んでゆく

(ジャネット)
闇をのぞいてみる
光が差し込む
間違っているとあなたは言うけれど
それならあなたが正しいということを証明すべき
あなたは魂を売り尽くしているけど
私は自分の魂が大切なの
強くならなくては
闘いをあきらめないわ

(マイケル)
そんな混乱で、叫びたくならないのか
たくらみのバッシング、罵倒、苦しみ

(ジャネット)
彼らの調べるあらゆる嘘に負けてはならない

(2人)
情けをもってほしい、もう耐えられない
プレッシャーをかけないでくれ
プレッシャーをかけるのをやめてくれ
プレッシャーをかけないでくれ
叫びたくなるんだ
プレッシャーをかけないでくれ
プレッシャーをかけるのをやめてくれ
プレッシャーをかけないでくれ
叫びたくなる気持ちにするだけだ

(マイケル)
勝手な作り話には疲れた
混乱を招くだけだ
君はそれでいいと思っている

(ジャネット)
規則を変えている
ゲームをしている間に
これ以上耐えられない
気が変になりそうだ

(マイケル)
そんな混乱で、叫びたくなれないのか
たくらみのバッシング、罵倒、苦しみ

(ジャネット)
彼らの調べるあらゆる嘘に負けてはならない

(2人)
おお父よ、情けをもってほしい
もう耐えられない
プレッシャーをかけないでくれ
プレッシャーをかけるのをやめてくれ
プレッシャーをかけないでくれ
叫びたくなるんだ
プレッシャーをかけないでくれ
プレッシャーをかけるのをやめてくれ
プレッシャーをかけないでくれ
叫びたくなる気持ちにするだけだ

(ジャネット)
”おお神よ、
見たあのことが信じられない
今夜、テレビに映しだされた
不公平にうんざりした
あらゆる不公平”

(マイケル)
”あらゆる不公平”

(ニュースの男)
”不当に強盗犯容疑者と確認された男性が警察官に暴行を受け死亡しました。
この男性は18歳の黒人で・・・・・・”

(マイケル)
そんな共謀で、叫びたくならないのか
たくらみのバッシング、罵倒、苦しみ

(2人)
おお兄弟よ、情けをもってほしい、
もう耐えられない

この作品に対するマイケルの言葉

「時にはあなたができる唯一のことはただ、叫ぶことだけだ。そんな風に感じたことない? すべてを外に出してしまいたいという、、、。  聴衆はこの曲を聴いて、自分達で判断すべきだけれど。」
引用:http://mjlatest.main.jp/mjquarts.html

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

<ロドニー・キング事件> 


91年3月、黒人のロドニー・キングさんがロサンゼルス市警の4人の警官に暴行を受けた。その場面を住民がビデオ撮影し、全米に放映され、大問題に。92年4月、郡上級裁判所は、暴行罪などに問われた警官のうち3人を無罪、1人を保留とする評決を下した。12人の陪審員中、10人が白人だった。黒人の多いロサンゼルス市南部を中心に評決に怒った住民が建物などに放火し始め、死者53人、負傷者約2400人を出す、米史上最悪の人種暴動になった。(読売オンラインニュースより)
http://plus.yomiuri.co.jp/article/words/%E3%83%AD%...
※この映像の一部は They don't care about us のプリズンバージョンの冒頭で使われている。

当時の時代背景

1995年4月、アメリカ南西部のオクラホマ市で、連邦政府ビルが爆破される事件が起きた。
ネオナチ系の極右思想を持つティモシー・マクベイという青年による犯行とされ、マクベイは死刑に処せられた。
だが、米捜査当局は爆破テロを事前に知りながら防がず、事件当日には連邦ビルに入居していた政府の役所(アルコール・タバコ・火器局)の全職員に、出勤しないように連絡が入っていたという情報もある。

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題


本などからの引用

M:I think justice is important because there are many injustices in the world and I hate injustice. " I am tired of injustice" is the opening to one of my songs on my last album, called Scream. That's the first line I say. There a line where Janet says, "Oh my God I can't believe what I saw on the TV this evening. I was disgusted by all the injustice," because I wanted people to know about that and people get away with it and I don't believe in karma. I think that is bunch of crap, because so many mean-spirited, evil people are on top of the world and doing wall and people love them, no matter how evil they are.

M:私は、多くの不正が世界中にあるので、正義が重要であると考えます。
不正は嫌いです。Screamと言う最近出したのアルバムの中の歌の1つですが、「私は不正にうんざりしています」という言葉で始まります。
それは私の最初の台詞です。 そして、ジャネットの台詞は「なんということでしょう、私が今晩テレビで見たものを信じることができません 。もう不正にはうんざりです。」 私は、人々にそれに関して知って欲しかったし、止めてほしかったのです。私はカルマを信じません。 そんなのクソだ。私は、とても卑劣で、悪魔のような人々が世界のトップにいて、うまくやっています。どんなに悪魔のようであっても、人々は彼ら(の作り出すもの)が大好きなのです。(『Michael Jackson Tapes』より引用)

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます