マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Stranger In Moscow (ストレンジャー・イン・モスクワ)
作詞:マイケル・ジャクソン
作曲:マイケル・ジャクソン
リリース:1996年(アメリカでは1997年)
収録:『HIStory』(1995年発売)



「スリラー」や「ロック・ウィズ・ユー」などを作詞・作曲したロッド・テンパートンは、これをマイケルの作った最も良い歌と評している。
この曲は主にヨーロッパで成功を収め、イタリア・スペインで1位を獲得した。イギリスでは4位を獲得し、当地での連続トップ5ヒットを維持し、さらにイギリスのダンス・チャートでは5週に渡って1位を獲得する。スイスでは5位、デンマークでは9位、ニュージーランドは6位、オーストラリアで14位を記録した。
(ウィキペディアより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3...

歌詞

I was wandering in the rain
Mask of life, feelin' insane
Swift and sudden fall from grace
Sunny days seem far away
Kremlin's shadow belittlin' me
Stalin's tomb won't let me be
On and on and on it came
Wish the rain would just let me

How does it feel (How does it feel)
How does it feel
How does it feel
When you're alone
And you're cold inside

Here abandoned in my fame
Armageddon of the brain
KGB was stalkin me
Take my name and just let me be
Then a begger boy called my name
Happy days will drown the pain
On and on and on it came
And again, and again, and again...
Take my name and just let me be

How does it feel (How does it feel)
How does it feel
How does it feel
How does it feel
How does it feel (How does it feel now)
How does it feel
How does it feel
When you're alone
And you're cold inside

How does it feel (How does it feel)
How does it feel
How does it feel
How does it feel
How does it feel (How does it feel now)
How does it feel
How does it feel
When you're alone
And you're cold inside

Like stranger in Moscow
Like stranger in Moscow
We're talkin' danger
We're talkin' danger, baby
Like stranger in Moscow
We're talkin' danger
We're talkin' danger, baby
Like stranger in Moscow
I'm livin' lonely
I'm livin' lonely, baby
Stranger in Moscow

日本語訳

僕は雨の中をさまよっていた
人生の仮面、正気でない
素早く、突然紙の恵みから落ちてきた
晴れ渡った日々を遠くに感じる
クレムリンの影が僕をけなす
スターリンの墓が僕を縛る
この雨が僕を自由にしてくれたら

どんな気持ちか(どんな気持ちか)
どんな気持ちか
どんな気持ちか
たったひとりで
自分の中の冷淡さを感じている

名声のなかに見捨てられた
脳のハルマゲドン
KGBが僕を避けていた
僕から名前を取って
あとはほっておいてくれ
すると、物請いの少年が僕の名を呼んだ
幸福な日々は痛みを消すだろう
休むことなく続いた
そしてまた、そしてまた、
そしてまた・・・
僕から名前を取って
あとはほっておいてくれ

どんな気持ちか(どんな気持ちか)
どんな気持ちか
どんな気持ちか
どんな気持ちか
どんな気持ちか(どんな気持ちか)
どんな気持ちか
どんな気持ちか
たったひとりで
自分の中の冷淡さを感じている

どんな気持ちか(どんな気持ちか)
どんな気持ちか
どんな気持ちか
どんな気持ちか
どんな気持ちか(どんな気持ちか)
どんな気持ちか
どんな気持ちか
たったひとりで
自分の中の冷淡さを感じている

モスクワに不慣れな人のように
モスクワに不慣れな人のように
危険なことを話しているんだ
危険なことを話しているんだ
モスクワに不慣れな人のように
危険なことを話しているんだ
危険なことを話しているんだ
モスクワに不慣れな人のように
ひとりぼっちで暮らしている
ひとりぼっちで暮らしているんだ
ベイビー
モスクワの見知らぬ人さ
(歌詞カードより 対訳:立原真砂)

この作品に対するマイケルの言葉

『"Stranger in Moscow "はデンジャラス ツアーでモスクワにいた時に書かれたものだ。
それは僕にとってただ奇妙で、不気味で、孤独な時間だった。
僕のホテルの外にはファンの顔、顔、顔で、彼等は歓声を上げ、叫んでいた。 でも僕は自分の部屋の中で、、まるで自分がこの地球上で最後に生き残ってしまった唯一の人間であるかのように、まったく天涯孤独のように感じていたんだ。
"How does it feel when you're alone and you're cold inside. あなたが孤独で、自分の内側が冷たい時にどう感じますか?" と僕は歌い、自分で "It's like a stranger in Moscow"  のようだと答えているが、それこそが僕がその時に感じていたことだ。 モスクワの人たちは今まで会った中でも最高に近いほど良い人たちだったし、コンサートも大変な成功だったけれど、その日、特にその日は、、、僕はこのような異質な感情を感じたんだ。 そして"Stranger in Moscow"という曲が僕のもとにやって来た。 これがその曲がどうやって書かれたかの話だよ。』
(引用:http://mjlatest.main.jp/mjquarts.html

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

<歌詞に出てくるKGBについて>

ソ連国家保安委員会(ソれんこっかほあんいいんかい)
1954年からソ連崩壊(1991年)まで存在したソビエト社会主義共和国連邦の情報機関・秘密警察。軍の監視や国境警備も担当していた。
東西冷戦時代にはアメリカ・中央情報局(CIA)と一、二を争う組織と言われていたが、ソ連崩壊と同時にロシア連邦保安庁に権限を移行した。日本での略称は КГБ を翻字した KGB(英: ケージービー、独: カーゲーベー)が使われることが多い。
(ウィキペディアより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E9%80%A3%E5...

ロシア連邦保安庁(ロシアれんぽうほあんちょう、露:Федеральная служба безопасности、略称:ФСБ、英:Federal Security Service of the Russian Federation、略称:FSB)は、ロシア連邦の防諜、犯罪対策を行う治安機関であるが、CIS諸国内において限定的に諜報活動も行っている。2003年には、連邦国境庁 (FPS) が行っていた国境警備機能全体、連邦政府通信・情報局 (FAPSI) が行っていたSIGINT機能、連邦税務警察庁 (FSNP) が行っていた金融犯罪捜査機能の一部も移管され、旧ソ連のKGBの姿に戻りつつある。
(ウィキペディアより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3...

当時の時代背景

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます