マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

To Make My father Proud(トゥー・メイク・マイ・ファーザー・プラウド)
作詞:
作曲:
リリース:年
収録:『Farewell My Summer Love』(1984年発売)
    『Hello World: The Motown Solo Collection 』[Best of] [Import] [from US](2009年発売)


歌詞

To make my father proud
To make my mother smile
I need not conquer worlds, or fame,
Not set, the pace for style

If I can follow through
on, what they gave me as my tools,
I'll find a way to sail my course
Avoiding ships of fools

If I don't come up, number one
I'll stand not well apart
As one for numbered numbers
When knowing in my heart

Ive done all to be done
To always do my best
By listening to me, myself
So he can do or else
(Of without compromise,
Shall follow the feel of constant care)

In my eleventh hour
I'll be a man the way
To face whatever falls my way
Prepared that are a shame
To just be called a part of God

For which I have been named
A man and a woman's youngest son
while growing, still a child
And that will make my father proud
And make my mother smile...
(Proud)

日本語訳

父さんにとっての自慢の息子になるために
母さんに笑顔をもたらすために
僕は世界を征服したり、地位や名声を得る必要はないのさ
そんな晴れやかな舞台がなくたって、
何とかこの先も生きていければ
自分のペースをそれを叶えることはできるよ
Oh、父さんと母さんが僕に授けてくれた才能のお蔭で
僕は何とか人生の道を踏み外すことなく
この先も自分の定めた道に従って歩んで行けるのさ

もしも僕が自分が目指した道で頂点に立てなくても
その世界で何とかやっていけるだけの力を
身に着けるつもりなんだ
いつだって僕は
自分の心と相談しながら
自分なりに最善を尽くしてきたからね
あとは、運次第だと思うよ

(とことん相手を愛すれば、自然とそこから思いやりが生まれるものなんだ)

日に7時間、仕事をしながら
僕はどんな困難にも立ち向かえる男になろうと
そう思って頑張るよ
自分も神様が命を授けて下さった人間のひとりだと
そう胸を張って言えるように、
心の準備をして恥ずかしくない人間になるつもりさ
だって、僕は父さんと母さんの間に生まれた
末っ子の息子として
この名前(注:Michael=天使長ミカエル)を授けられたんだもの
大人になっても、僕は子供の頃の気持ちを忘れていないよ
それを知ったら、父さんはきっと僕のことを
自慢に思ってくれるだろうし
母さんは笑みを浮かべるだろうね

(Oooooh-ooooh…)
(父さんが僕を誇りに思ってくれるだろう)

関連するマイケルの発言や行動

マイケル周辺の動き

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

当時の時代背景

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます